『Google オプティマイズ』カテゴリーの投稿一覧

Google オプティマイズを使ってGoogle アナリティクスのウェブテストっぽいことをやってみる

Google オプティマイズの無償版の提供が開始されてしばらく経ちました。Google アナリティクスにもテスト(旧ウェブテスト)がありますが、オプティマイズはテスト専用ツールなのでこちらを使ってテストをしてみようと思います。

やりたいことは「2つの異なるURLを均等に表示してどちらのページがコンバージョンに貢献するか」ということです。

Google オプティマイズの無償版についてはこちらの記事をご覧ください。
Google オプティマイズの無償版が発表されました│株式会社イー・エージェンシー

■GA、GTM、GOの3つのツールを使います

テストをするにはGoogle アナリティクス(GA)、Google タグマネージャー(GTM)、Google オプティマイズ(GO)の3つのツールを使う必要があります。ですので、1つのGoogleアカウントにこれらのツールの管理権限を持たせることが必要です。この時点でハードルが高い場合もあるかもしれないですね。

事前にやっておきたいことを書いておきます。

・Google アナリティクス
ユニバーサルアナリティクスを使っていて、1つ以上の目標が設定されていること

・Google タグマネージャー
新しいタグでhead内の上の方にタグ(コンテナスニペット)があること
こちらの記事を参照ください。
【注意!】Googleタグマネージャーのコンテナスニペット(タグ)の設置方法が変わりました。 | 運営堂

・Google オプティマイズ
特になし

■Google オプティマイズの設定

ログインまでのプロセスは割愛します。

Google アナリティクスと連携
右側にある「Link to Google Analytics」からGoogle アナリティクスと連携します。出てこない場合は「i」のアイコンをクリックしてください。
Link to Google Analytics

ログインしているGoogleアカウントに紐づいているものが出てきますので、上に書いてあるように管理権は先に付与しておいてください。

CREATE EXPERIMENTを選択
CREATE EXPERIMENT

テスト名・オリジナルページを入力してRedirect testを選択
Create experiment_2

NEW VARIANTを選択してテストページを設定
NEW VARIANT
Add variant

Primary objectiveから目標を選択
Primary objective

こんな画面になれば完了
GO設定


続いてGoogle タグマネージャーの設定に移りますが、その前にオプティマイズのコンテナIDを取得します。
ここからです。
Optimize snippet
Optimize ID

「GTM-○○」がコンテナIDなのでこれをどこかにメモ。
Google タグマネージャーのコンテナIDもGTMから始まるので関連性があるように思えますが、全く関係ないです。ややこしい。


■Google タグマネージャーの設定

すべてのページにGoogle タグマネージャータグが入っていることが多いと思いますので、テスト対象ページだけにタグを配信するようにします。その時のページのURLに応じて変更してください。
例としてはこんな感じです。
トリガー

タグも設定
タグ

プレビューモードで対象のページのコンテナが配信されていること、対象外のページに配信されていないこと、を確認後に公開。


■Google オプティマイズに戻ってテスト開始

START EXPERIMENTをクリックして開始。
START

オリジナルページにアクセスして「?utm_expid」といったパラメータがついていればテストは正常に動作しています。

結果はこちらから確認を。
オプティマイズのREPORTINGか右側のGoogle アナリティクスへのリンクです。
report


テストをやめる時はEND EXPERIMENTから
END


途中の説明を端折っている部分がありますので、細かい部分は以下のサイトをご覧ください。
速報!Google Optimize(グーグル・オプティマイズ)使用感レポート | 株式会社プリンシプル
Googleオプティマイズを使えたのでざっくり解説!時代はGGOP
「Google Optimize (BETA)」で無料かつ楽にA/Bテストを設定しよう (準備編) | Googleアナリティクスを一から学べる情報サイト|アナリティクスガイド


Google タグマネージャーを導入していると任意のページですぐにテストができるので便利ですよね。テストコードを入れるのが面倒だった人はこの方法でテストをしてみてください。