『カスタムレポート』カテゴリーの投稿一覧

Google アナリティクスの定番マイレポート、カスタムレポート、セグメント(合計70個)がインポートできます

ここ最近、Google アナリティクスでどれを見ればいい?このデータって出ないの?セグメント作るのが面倒、といった声が増えてきたので、今までにつくった定番のマイレポート、カスタムレポート、セグメントのインポートサイト(ソリューションギャラリーです)を改めて書いておきます。

こちらです。
Google Analytics Solutions Gallery

Google アナリティクスにログイン状態でこちらのサイトにアクセスし、欲しいもののImportボタンをクリックするだけで完了です。

定番レポート(マイレポート)、01_01_月、曜日、時間(カスタムレポート)の2つは必須かと思います。どこを見たらいいのかわからない人は定番レポートを見ていただければよいですし、デフォルトで見ることができない月、曜日、時間のカスタムレポートは重宝します。


■違っている、欲しいものがある場合はご連絡ください

  • 2年前に作ったのでおかしなものがあれば修正しますので教えて下さい
  • こんなのが欲しいなどあればできる範囲で対応します


TwitterのDMでもお問い合わせページからでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。


Google アナリティクスのカスタムレポートで「ユーザー(廃止済み)」の指標がありました。

Google アナリティクスのカスタムレポートに出てくる二つのユーザー数の違い
で紹介した二つのユーザー数ですが、そのうちの「サイトを訪問したユーザーの数です」(ユニークユーザーを月単位で合算するもの)が廃止となっています。

カスタムレポートでも確認しました。
廃止済み

■廃止済みというのは初めて見ます

カスタムレポートではまだ設定できるのに廃止済み・・・。
ユーザー(廃止済み)

■廃止済みの指標を使うとピボットテーブルなどでディメンション少なくなります

この指標を使ったカスタムレポートを使っているとピボットテーブルなどで表示されるディメンションが少なくなります。例えば参照元です。

あまりないとは思いますがカスタムレポートで出てこないディメンションがあるな~と思ったら編集画面からユーザー数を確認してみてください。

Google アナリティクスの定番のマイレポートとリアルタイムレポートをソリューションギャラリーにアップしました。

今更感はありますが定番のマイレポートとリアルタイムレポートをソリューションギャラリーにアップしました。マイレポートはサイトの概況を、リアルタイムはサイトの今が分かるようになっていますので、目的に応じて使い分けてください。
定番レポート

レポートの共有URL
https://www.google.com/analytics/gallery/#posts/search/%3F_.term%3Duneidou%26_.start%3D0%26_.sort%3DDATE/

■定番レポート

  • 訪問数とページビュー数
  • 新規訪問の割合
  • 訪問時の平均滞在時間
  • OS別の訪問数
  • 参照元/メディア別の訪問数とページビュー数
  • キーワード別の訪問数とページビュー数
  • ページタイトル別のページビュー数
  • ランディングページ別の訪問数と直帰率
  • ページ別のページビュー数と離脱率
  • 第1階層のページビュー数
の10項目が入っています。
項目の追加は可能ですので必要に応じて追加してみてください。

■定番リアルタイムレポート

  • アクティブユーザー数
  • PV数
  • OSとバージョン
  • ページタイトル
  • 参照元とURL
  • 参照元とキーワード
の6項目が入っています。
コンバージョンが入らないのでちょっともどかしいですが、サイトの今が分かるので大きめのモニターに出しっぱなしにしてもいいですね。

Google アナリティクスのカスタムレポートに出てくる二つのユーザー数の違い

ユーザー数
Google アナリティクスのカスタムレポートを作っていると指標に二つの「ユーザー数」が出てきますよね。一つは「サイトを訪問したユーザーの数です」と書かれていてもう一つは「指定した期間内にサイトにアクセスしたユーザーの数です(同じユーザーは 1 回だけカウントされます)」と書かれています。何のことかよく分からない人が多いと思いますので説明を。多分あっているはずです・・・。

■月ごとの合算と指定した期間のユニークユーザー数の違い

こんなカスタムレポートを作ります。
ユーザー数レポ

そして期間を201312~201401に指定してみます。
違い
これで分かるようにサイトを訪問したユーザーの合計は月単位の合算で、指定した期間の方は指定した期間のユニークユーザー数となっています。単月ではユニークユーザー数は同じですが合算した時に違いが出るので注意が必要ですね。

細かいネタですが基準が違うのでご注意を。

※違っていたらご指摘ください

Google アナリティクスで参照元とURLを見るレポートをソリューションギャラリーにアップしました。

Google アナリティクスでABC分析ができるようになって参照元とURLを見ることができなくなっていたので、カスタムレポートを作ってソリューションギャラリーにアップしました。

Google Analytics Gallery(参照元とURL)


こちらのimportをクリックすると任意のビューにインポートできます。

以前はトラフィック→すべてのトラフック→参照元からたどれたました。

変更後は集客→チャネル→Referral→URLを見たいドメイン、からたどれるように見えますがこちらには無料ブログなどが入っていません。そして、無料ブログなどは集客→チャネル→Socialに入っていますがページのURLまではたどれません。集客→すべてのトラフィック→プライマリディメンションを参照元にしてもダメ。う~ん、困る。

今までデフォルトで見られていたものがカスタムレポートだけになってしまうと不便ですね。

ご意見を送信からフィードバックしておきます。


新Googleアナリティクス(v5)で時間ごとのアクセス数を把握する

■やりたいのはこれ!


現バージョン(v4)でできた時間ごとのアクセス数の把握です。

■新バージョンでは・・・

これが新バージョンでは同じ場所では違うデータになるのです。

年月日時の単位で推移が分かります。
急にこうなると違和感がありますが、これは考えると当然ですよね。大きい方から小さい方へ、小さい方から大きい方への塊で見ることができるわけですから。

しかし、そうは思っても今までは使えたのでやはり見たいわけです。

■新バージョンではカスタムレポートで


名前や指標は任意のものでOKです。
ポイントはディメンションで「時」を選ぶこと。
時間帯ですと年月日時の単位での推移となります(これはこれで使える)。

するとこんな表を出すことができます。

時の昇順で並べ替えて、表示件数を25にすればOKです。

■グラフはエクセルで

表示されるグラフは時間ごとにならないので、そこから先はエクセルで作りましょう。エクスポートよりもコピー&ペースト(値貼り付けで)した方が早いと思います。

上にも書きましたがこれが正しい姿だと思いますので、ちょっと面倒ですがカスタムレポートで作りましょう。



Google Analyticsで参照元別に日次推移を把握するカスタムレポート

セッション数や直帰率の推移を毎日見ているとちょっとだけ変化したり、じわじわ変化したりすることに出くわすことが多いと思います。SEOの施策をしたりリスティングを始めたなど原因がはっきりしていればいいのですが、そうではない時は参照元ごとにチマチマと追っていかないといけません。そんな時はカスタムレポート&ピボットで解決です。

この投稿の続きを読む »

Google Analyticsで都道府県別のアクセスを見る方法

ものすごくいまさら感がありますが御存じでない方もいるかも知れませんので書いておきます。Google Analyticsのユーザー→地図上のデータ表示から選んでいくと地域と都市がごっちゃになってできます。

地図上のデータ表示

この投稿の続きを読む »