ズバッと解決!Google Analytics

普段使っているGoogleアカウントでGoogle アナリティクスを使っても良いですか

Googleアナリティクス用のGoogleアカウントを作りましょう。

普段使っているGoogleアカウントでもGoogle アナリティクスを使うことはできますがそれによるデメリットも大きいので、可能な限りGoogle アナリティクス用のGoogleアカウントを作りましょう。
影響を受けるのはAdWordsのようにGoogle アナリティクスと連携できる他のGoogleサービスとYoutubeのようにGoogleアカウントに紐づくサービスです。

制作に関わる場合は他のGoogleサービスの利用や退社などを想定して。

Googleアカウントを作成するとGmail、Youtube、Googleカレンダー、Googleマップなどの様々なGoogleサービスを使うことができるようになります。Webサイトを作成する時にはGoogleマップで会社周辺の地図を作成したり、イベントの予定をGoogleカレンダーで作成したりしますよね。
この時にGoogle アナリティクスやGoogleマップなどでGoogleアカウントが分かれているとその都度ログインし直さないといけませんし、どのアカウントでどのサービスを使っているのかが分かりにくくなってしまいます。
また、担当者が辞めた時にアカウントにログインできなくなったり、他人がログインしてデータを消したりなど思わぬトラブルが発生してしまう可能性が出てきますので、Google アナリティクスの利用の有無にかかわらず1つのWebサイトではできるだけ1つのGoogleアカウントを使用するようにしましょう。

Googleアカウントの管理表を作っておこう。

仕事でGoogleアカウントを使う場合は管理表を作っておくと便利です。必要に応じて作成日、作成者、管理者などの欄を付け加えてみてください。


プライベートなアカウント情報を渡すと・・・。

よくあるケースとしてはGoogle アナリティクスのデータを見てもらう時にユーザーを追加せずに自分のアカウント情報を渡してしまうことです。
ユーザーの追加方法を知らない場合にこういったことが起こり、そのアカウント情報でログインすると日ごろ使っているGmailの内容やYoutubeの履歴まで見えてしまうこととなります。
特にGmailアカウントの場合はプライベートなアカウントが多いためにGmailから個人情報が漏れてしまうことも考えられますし、Youtubeの履歴が見られてしまうとかなり恥ずかしいことになってしまうかも・・・。相手が見ないだろうと思っていても見られしまう可能性がありますので、Google アナリティクスを使う時はデータを複数人で見ることも考慮して専用のアカウントを作成してください。