ズバッと解決!Google Analytics

Google アナリティクスとAdWordsで数字が違うのはなぜですか?

Google アナリティクスのセッション数とAdWordsのクリック数が違うことって多いと思います。同じになるはず!と考えるからこうなっちゃうんですよね。全く別物だと考えればすんなり理解できます。

■Google アナリティクスは閲覧の行動を、AdWordsはクリックを測っている

Google アナリティクスはサイトに来てから離脱するまでの一連の行動を計測するためのツールです。そのためセッションという概念が導入されています。

「セッション(数)」とは何ですか?

これによって差が出るわけですね。

AdWordsはクリック課金型の広告なのでクリックは正確に計測しないといけません。そのためセッションという考えはありません。

以下のような動きがあった場合はどうなるでしょうか?

広告をクリック→サイトに来る→検索結果などに戻る→他を見る→30分以内にもう一度クリックして自社サイトに来る

この場合はGoogle アナリティクスでは1セッションで、AdWordsでは2クリックとなります。

詳しくはこちらをご覧ください。
アナリティクスの AdWords クリック数、セッション数、ユーザー数、閲覧開始数、ページビュー数、ページ別訪問数の違い – アナリティクス ヘルプ

■さらにGoogle アナリティクスは参照元に関する仕様が影響

さらに面倒なのはGoogle アナリティクスの仕様です。

Googleアナリティクスの「参照元」は、どこが特殊なのか?[第25回] | Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座 | Web担当者Forum

AdWordsの広告をクリック→お気に入りに追加→お気に入りから訪問

この場合はAdWordsから訪問が2回となります。ややこしいですよね。コンバージョンしていればマルチチャネルから調べることもできますが、そうでない場合はどうなっているのかが分かりません。


大切なのは仕様を理解することです。数字が違う理由が分かっていれば何が起こっているかもわかりますので、おかしいな?と思うことがあれば調べる習慣を付けましょうね。