運営堂ブログ

検索結果でユーザーと会話するとクリック率が上がるというお話し

自然検索結果でのクリック率を上げる3つの方法 – SEO村の徒然blog
を読んで、まさにそうだよな~という事例がうちのサイトにありましたので記事として残しておきます。

■このキーワードはスゴイのです・・・

それは「winmail.dat」です。Googleで検索してみてください。こんな結果になると思います。


このキーワードのクリック率がなかなかすごいのです(AdWordsが出てないのでビジネスにつながらないこともあるんでしょうけどね)。

みなさんは何%だと思いますか?

■43.59%


こんな結果なのです。

この高クリック率の原因はおそらくこの2つ

  • 端的で分かりやすいタイトル
  • 送ったはずの添付ファイルが届いていない!とかWinmail.datが添付されたメールが来た!という経験はないでしょうか?という呼びかけ

村山さんも、

外注でSEOを依頼すると「対象のキーワードをタイトルに2コ…、ディスクリプションに3コ…」など指定することをよく耳にしますが、大事なことはサイトでのサービスをユーザーに届けることです。

と書かれているように検索結果を見るのは人ですしクリックするのも人です。まずは順位が上がらないといけないという前提はありますが、検索結果を見ているユーザーのことを考えた説明文にするということも大切だと思います。

SEOは自分のサイトに誘導して問い合わせなどのアクションを起こしてもらうのが目的です。順位だけにこだわらずにクリック率、直帰率、コンバージョン率などの指標も合わせて確認するようにしたいですよね。

そういった視点で考えれば説明文も改善できるところはたくさんあるのではないのでしょうか?


コメント / トラックバック 3 件

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。