運営堂ブログ

Winmail.datを開く方法

送ったはずの添付ファイルが届いていない!とかWinmail.datが添付されたメールが来た!という経験はないでしょうか?Winmail.datは見た目はウィルスがくっついてそうなファイルだし、ダブルクリックでも開けないし、テキストエディタでも開けない厄介な添付ファイルですよね。

※2011.05.12 追記

 ダウンロード先とインストール方法を変更

※2011.04.27 追記

 Winmail Openerのダウンロード先とインストール方法を追加

【開き方】

これを開くのは意外と簡単で、Winmail Openerなるフリーソフトで開くだけです。



ソフトをダウンロードしてインストールしたのちに、Winmail Openerを起動させ、Winmail.datをドラッグ&ドロップすればOK。

【インストールなど】

これをダブルクリック

Nextをクリック

I Agreeをクリック

保存先はそのままでInstallをクリック

チェックを入れたままFinishをクリック

Winmail.datをデスクトップなどに保存して、起動したWinmail Openerに重ねればOKです。

2008-04-24_172453.jpg

これでWinmail.datが来ても怖くありません。

【Winmail.datについて】

Outlook 2003/2007 でメールを送信した場合によく発生する現象です。

Outlook(Expressは違います)でメールを送信するときはTransport Neutral Encapsulation Format (TNEF) というフォーマットによりメールを送信します。この際にOutlookで開くのに必要なデータをWinmail.datというものにカプセル化して送っているのですが、なぜかマイクロソフトが出しているOutlook ExpressやWindowsメールではこのデータを無かったものにしてしまいますし、他のメーラーではWinmail.datというものがそのまんま送られてきてしまいます。

【Outlook 2003/2007 で送る場合の対策】

1:オプション・メール形式・文字設定オプション・エンコードオプションで送信メッセージのエンコード方式を自動選択するのチェックをはずす。

2:オプション・メール形式・インターネットメール形式・Outlookリッチテキスト形式オプションでHTML形式に変換に設定

3:オプション・メール形式・メッセージ形式・このメッセージ形式で作成するでテキスト形式に設定

これでも無理な場合はレジストリを書き換える方法もあるようですが、分からないままやると危険なので分かる方にやってもらった方が良いと思います。

【受け手側の対策】

上に書いたようにOutlook ExpressやWindowsメールの場合は添付があったことすら分かりません。携帯に転送したりWebメールで受信できるようにして再送してもらえればwinmail.datが受け取れますので、あとはWinmail Openerで開けばOKです。

VistaではデフォルトのメーラーがOutlook2007で、XPはOutlook Expressなのでこの問題が頻発しそうですね。

※参考サイト

Outlook 2010/2007/2003 でメールを送信すると添付ファイルが消えたり、WINMAIL.DAT というファイルになる問題

http://www.momo-express.com/winmail.htm

コメント / トラックバック 25 件

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。