『ネットショップ担当者』カテゴリーの投稿一覧

見ているものは同じなのに、できる人はやれる方法を探して、できない人はやれない理由を探す。

何か新しいことに取り組む時ってやったことないことだらけですよね。やったことがないことに直面した時の対応で、できる人とできない人の差が出るんじゃないかと思います。

例えば新しくブログを書くとなったとしましょう。

無料ブログとWordPressなどのCMSとどっちがいいのか?
何を書けばいいのか?
ランチ記事は書いてはいけないのか?
SNSに発信してもいいのか?
炎上するのではないのか?

などなどいろんなことが出てくるわけですが、できる人はこれらをどう解消すればいいのかを考えて書くし、できない人はこれらを理由にして書かない。

同じものを見ているんだからチャンスは平等。違うのは行動だけ。能力も関係ない。


だからいつもこう言ってしまいます。

「やればいいじゃん」

やる、ということは問題を明らかにして解決していくこと。その先にやりたいことがあって気づけばできるようになっている。

一足飛びにゴールをイメージしてしまうから「やればいいじゃん」と言うと冷たい人だと思われる(笑)。


こんなことを思いながらネットショップ関連のニュースをまとめていた先週末でした。
売上が2倍、3倍、10倍!? 越境ECの魅力はどこまで売れるか分からないドキドキ感【5分でわかる先週のネットショップ関連ニュースまとめ】 | ネットショップ担当者フォーラム

屋号とかショップ名は検索するだけじゃなくて声に出してから決める。

こだわり過ぎても覚えてもらえなかったり検索に出てこないと今の世の中ではちょっと難しいですよね。

「運営堂」という屋号はそのまんまですねとよく言われますので、どんなことをするのかはすぐに伝わるようです。とはいっても電話では伝わりづらく「文明堂」さんと言われることはよくあります。読むだけではなくて声に出すこともとっても大切です。

これ以外にもショッピングモールでは制限もありますので、このあたりもちゃんと確認してから名前を付けましょう。
キラキラネームはNG?売れるショップ名の共通点とは。【5分でわかる先週のネットショップ関連ニュースまとめ】 | ネットショップ担当者フォーラム

楽天のショップ分析ツールって意外と多いんだな

楽天のショップについてくる分析ツールは今一つのせいか専用の分析ツールが出ているようですね。

独自ショップでGoogle アナリティクスなどを入れていると物足りなく感じるので、こうしたツールを入れたくなるのは分かります。

ただ、楽天さんは売れるたびにお金を取られますし、オプションで細かく1万円ぐらいの金額が積み重なっていきますので、こういったツールを使うことができるのはそこそこの規模かなと思います。費用対効果を見たくて使うものなので広告費なども使っているでしょうし。


で、記事で紹介したツールはなかなかすごいです。競合のデータまで分かってしまいますので。
競合の出稿状況が分かっちゃう!楽天市場の広告分析ツール「ad Nint」【5分でわかる先週のネットショップ関連ニュースまとめ】 | ネットショップ担当者フォーラム

他が気になる人は使ってみてはどうでしょうか?

ネットで売ろうと思うとこの考え方しかないんじゃないかと

ネットで何か売ろうとすると検索で競合は出てくるし、Amazonや楽天にも競合がいますよね。その中で何とか頑張る・・・という方法もアリですが、それはそれでとっても大変なわけです。とにかく疲れます。

じゃあどうするか?という話がメガネスーパーの川添隆さんとファクトリエの山田敏夫さんの対談で書かれています。例えばここ。

仮にオリジナルブランドECのアッパーが「80億円」だとしたら、これからどういう方向に向かっていくべきなんでしょう。以前は、ZOZOTOWNはじめ、あちこちのショッピングモールに出店して、それぞれの売上がいくらだから、ここに多く在庫を置くというやりかたが主流でしたけど、それって卸業みたいじゃないですか。今後もそれを続けていくべきなのか、それとも自分たちで踏ん張って、ブランド名で検索されるように頑張っていくのか。

でも、ECで、自分たちのブランド名で検索されるって大変ですよね。たとえば「レディースファッション」だと、競合のSEOが強すぎる。僕らは偶然、「メイドインジャパン」「工場直販」というくくりのなかで生まれ育ったので、「ファクトリエ」で検索されるしかないんですよね。つまり、僕らのように道無き道を行くのも大変だし、多くのブランドのように道はあっても他から頭1つ抜け出るのも大変なこと。

そこで「80億円の壁」の話に戻ると、売上のために何かを捨てるとして、それが「柔軟性」とかだったらまだいいんですが、コアな部分を捨て始めたら、適正規模を超えたんだろうと気づかなければいけないですよね。にもかかわらず、コアな部分を捨てて、ブランドの濃度を薄める方向に行く企業が多い気がします。たとえば僕らが、「秋冬だから、早くコートもそろえなきゃ」という発想で商品数を増やしたら、ファクトリエの良さが薄まるでしょう。

コアな部分が何かはっきりしていてそれを捨てないこと。これってとっても大切です。それをやめたら存在意義がなくなるようなものですからね。コアがなければそれを見つける、見つけたら徹底的に磨く。


その他にもヒントが満載なので、ぜひ読んでみてください!

メガネスーパーとファクトリエってなんで売れてるの? 中の人に聞いてみた。【5分でわかる先週のネットショップ関連ニュースまとめ】 | ネットショップ担当者フォーラム


楽天の楽フェスって地方物産展みたいにならないかな

70歳代が月間35,000円をネットショッピングに使ってる? 総務省統計局調査【5分でわかる先週のネットショップ関連ニュースまとめ】 | ネットショップ担当者フォーラム

これを書いてて思ったわけです。

年齢が高くても使う人は使いますし、リアルの人はとことんリアルでしか買わないので、両方もクリアできるな~と。

大北海道展と楽天さんが一緒に何かすれば面白いことになるんじゃないかと。

出店している企業の他の商品も欲しい時もありますし、無くなった時にネットで買うこともできますし。


地方もまわりつつそこの出展者さんたちと協力してイベントをやっていけばかなり強いと思います。地元のお店は知っている人が多いかも知れませんので、他の地域のお店だけ出すのも良さそう。

なんにせよやり方はたくさんありそうですね。



ECってどんどんやることが増えていきますな・・・。

GoogleがECに乗り込んできた! ショッピング広告の新たな展開とは?【5分でわかる先週のネットショップ関連ニュースまとめ】 | ネットショップ担当者フォーラム

これに対応しないといけないし、何でもかんでも売ってくるAmazonから逃げないといけないし、安売りのライバルと差別化しないといけないし、配送業者も決済方法もどんどん変わるし、あれやこれややることが多すぎますね。

今は良くてもあっという間に落ちていくので動き続けないといけませんし。

他を見てそれに対抗するのか、他は気にせず独自路線でいくのか、新しいことをどんどん取り入れるのか、全部やるのかも考えないといけません。



趣味の延長線上でやるならいいけど、本格的にやろうと思うと覚悟がいる。


まとめていて、なんだか遠くを見てしまった週でした。



なにかとAmazonと比較するのはやめたいけど

何故か比較してしまいますよね。Amazonって他社をあんまり意識していないように見えるのに。

トップを走る企業だから標的にされるということもあるし、使っている人も多いだろうからなんとなく比べちゃう。

比べられないようにならないといけないんでしょうね。


個人的にはポンパレモールが意外とよかったり。

ヨドバシ・楽天・ヤマト・Yahoo!がAmazon包囲網を形成中!?【5分でわかる先週のネットショップ関連ニュースまとめ】 | ネットショップ担当者フォーラム

楽天とBASEがリアルで頑張って、Amazonがガテン系で頑張ってた

オムニチャネルということでネット専業だったのがリアルに出てきているところが増えていますよね。

ショップだけではなくてモールやASPのカートもそう。

実際に使っているユーザー、ショップから購入しているユーザー、興味を持っている人たちなどと接点を持ってより密な関係を築く。先週は楽天の楽フェスとBASEのWEEKEND BASEがそんな発表をしました。

そんな中でAmazonはどんどんネットを強化してリフォームやホームセンターで扱っている商品を取り扱うなど、リアルで強いものをネットに取り込んでいます。


この動きを見ながら自分たちの動きを決めないといけないので、独自ショップはますます大変になってきたと思います。その一方で他社の色がはっきりしてきたので、自社の色も出しやすくなってきたと思います。色自体の濃淡もあるけど対比した時の濃淡もありますので。

毎週ネットショップ関連の記事をまとめていてこんなことを思ったのでした。



「こんなん188(いやや)〜!」と思ったら消費者ホットラインに連絡を【5分でわかる先週のネットショップ関連ニュースまとめ】 | ネットショップ担当者フォーラム

ニトリの件って他人事ではないと思うんですよね。

売上があるネットショップのリニューアルってかなり大変ですよね。見栄えじゃなくて裏側のシステムが変わる時は特に。

URLがたくさんあるけど変更したくないし、かといって旧システムのヘンテコなURLだったら変えてしまいたいし、リダイレクトも面倒だし、スマホ対応もあるけどレスポンシブも工数かかるし、商品登録がCSVで全部移動できなかったり、受注管理がちょっと変わったり、どんどん商品が追加されたり・・・。

とにかく大変です。


対策として多店舗展開してリスクを分散する手もあるでしょうが、それはそれでメンテのコストなどもかかります。


その時になって考えないように、1,2年先を見て準備していきたいですね。

特にネットショップの売上が高いところは要注意です。
ニトリのリニューアル失敗から我々は何を学ぶべきか【5分でわかる先週のネットショップ関連ニュースまとめ】 | ネットショップ担当者フォーラム

法律を作る人たちは何を見て、どう考えて、法律を作っているんだろう。

そもそも自分たちとは住んでいる世界が違うし、メリットと感じることも違うから、理解できない考え方をしているのかも知れない。このへんが分からないと法律が改悪される可能性があっても、なんでそうなったかが分からないんだろうな。

特商法・消契法の見直しで真っ当なEC事業者が苦しむことになるかも【5分でわかる先週のネットショップ関連ニュースまとめ】 | ネットショップ担当者フォーラム

この手のっていわゆる「民間人」にヒアリングしたりするけど、それは「儀式」なので遂行することに意味があるわけだし。


そんなことを思いながらまとめておりました。