『制作会社のためのGoogle アナリティクス設定術』カテゴリーの投稿一覧

タグを設置する人は制作側の都合も知っておかないとサイトを壊す時がありますのでご注意を。

ショップサーブにリスティング広告関連タグ、Googleタグマネージャータグを設置しよう|ECzine(イーシージン)

CVタグ、リターゲティング、Googleタグマネージャーを設置した後は、管理画面の「お店ページを更新する」ボタンから更新しないといけないのですが、この際に何も考えずに更新してしまうと、ショップの表示が崩れたりする場合があります。制作担当者さんが書いていた記述を上書きして消してしまったりするんですよね。

 タグの設置ができたどうかはすぐに確認したくなりますが、焦らず騒がず、実際に制作をしている人に連絡をして更新してもらってください。テスト中なら問題ないですが、公開しているショップだと売り上げを落とすことにもなりかねませんので……。

ってことを最後に書いてます。

タグ設置の作業自体は簡単でも関係者に確認を取りましょうね。

Google アナリティクスの設置方法ってたくさんあって本当に難しい

制作する人、制作する会社、使うASP、使うCMS、などによってGoogle アナリティクスの設置方法って全く違うんですよね。設置はできるけどそれだけでは意味がなくて、カスタマイズや削除のしやすさなども考えないといけないのでけっこう頭を使います。

ASPのカートはどこにどのタグが設置されて、どんなソースになっているかを確認するのが一苦労。

そんなことで苦労している人のための記事です。
お手軽に使いたい人にはオススメ 「ショップサーブ」での拡張eコマースも含めたGA設定方法|ECzine(イーシージン)

ショップサーブさんは設置がお手軽でデフォルトでクロスドメインや広告向け機能などに対応していて初心者向けではありますが、ゴリゴリカスタマイズしたい人にはちょっと難しいのでそこには注意ですね。



ASPのショッピングカートはGoogleタグマネージャーにGoogle アナリティクスを入れてはいけない(ことが多い)。

Googleタグマネージャーを入れる=Google アナリティクスをここから配信する、と思っている人は多いはず。私もそうでした。

しかし、ASPのショッピングカートではこれは当てはまらないことが多いです。

何故かというと初めからGoogle アナリティクスタグを配信する機能があるがあるからです。しかもeコマース対応なのでかなり楽です。Googleタグマネージャーでやろうと思うと完了画面をいじる必要がありますが、ほとんどの場合ここは触れませんしね。

これ以外でもリスティング広告のCVタグ、リターゲタグなども同じです。


じゃあ、Googleタグマネージャーは何に使うのか?と聞かれれば、イベントの取得となるわけです。クリックやダウンロードやスクロールなどですね。

この使い方が一番スムーズで関わる人たちの負荷が減ります。



サイトによっては何でもかんでもタグマネを入れてタグ突っ込めばいいってもんじゃないってことを覚えておきましょう。

制作会社が意外と知らない、Googleタグマネ・リスティング関連タグの正しい設置方法[FutureShop2編]|ECzine(イーシージン)




制作者はタグの設置をちゃんとやっておくだけで仕事が入ってくると思うのです。

Google アナリティクスやリスティング広告でコンバージョンが分かる、リスティング広告でリマーケが自由にできるようになる、サイトの効果が計測できる、などなど、タグをちゃんと設置すれば運用周りの人の仕事がものすごくスムーズに進みます。しかも、テストツールなども普及していますので設置するタグもどんどん増えています。

運用周りの人たちがスムーズに動くことができればサイトの効果も出しやすくなるので、追加のコンテンツの仕事だったりシステム改修の仕事が出てくるわけです。

上手くいっているサイトはどんどん成長しますからね。

そうすれば新規で仕事を取って月末に納品して翌月は仕事なしって状況にもなりづらいです。そこそこ安定して仕事が入ってくるはず。

忙しいからタグは適当に貼るんじゃなくて、タグを適当に貼っているから忙しくなる。と思います。


そんなわけでこんな記事を書いてます。
ASPカートにGoogle アナリティクスタグを設定しよう 「FutureShop2」でやってみた|ECzine(イーシージン)

今回はサラッと書いていますので悩むことなく設置できると思います。次回はリスティング広告関連とGoogleタグマネージャータグなので、これを覚えておくとスムーズに仕事が進むはず。



というか、データを見る前にここでつまづくことが多いので知っておいてほしいです(切実)。

「制作会社のためのGoogle アナリティクス設定術」の連載が始まりました!

ASPのショッピングカートでネットショップを構築している人はとても多いと思います。しかし、ASPのカートってGoogle アナリティクスのタグの設置がとっても分かりづらいんですよね。制作会社さんは作ることは知っていてもタグの設置には詳しくないし、アクセス解析をする人はASPのカートには詳しくないからです。

かくいう私も毎回悩んでおりますので、そんな皆さんのために役立つ記事にできればと思っております。


初回は必ず発生してしまうクロスドメインについてです。
ASPのカートでGoogle アナリティクスを使うなら覚えておきたいクロスドメイン設定|ECzine(イーシージン)

この対応は基本的にどこでも同じですので覚えておきたいところです。


次回以降はGoogle アナリティクスの設置、Googleタグマネージャーの設置、リスティング広告のCVタグ・リターゲティングタグ、の設置を中心に書いていきます。連載が「制作会社のためのGoogle アナリティクス設定術」なんですが、このあたりのタグは定番ですので知っておくといろんな人に喜ばれると思います。

お楽しみに!