『マーケティング』カテゴリーの投稿一覧

「新世代ビジネス、知っておきたい四賢人版マーケティングの心得」を読んだ


元マイクロソフト(日本)の社長の成毛眞さんが4人の方とマーケティングについて対談する本です。成毛さんよりも対談した中の一人の松村劭の著書が好きなので買ったんですけどね。

■2004年の本だけど今読んでも新しい

8年前の本ですが今読んでも新しく感じることがたくさんあります。

日本の企業って○○なんですよね、といったところは今でもそうだし、外資と比較すると○○ですよね、といったところも今と同じです(笑)

日本企業というか構造自体が変わらないのかどうのかは分かりませんが、なんだかちょっとさみしいですよね。

■日本とアメリカの違いで面白かったこと

この作戦を実行しろ!という場合

・アメリカ
指揮官:これとこれをこれだけやるからやれ
将校など:いや、これをやるにはこれはいりません、これがもっと必要です
指揮官:よし、分かった!
といった感じで取引というかリソースの配分がある。
やる方も自分の要望を言っているので行動に責任があるしやりがいがあるんですね。

・日本の場合
指揮官:これしかないからこれでやれ
将校など:はい、分かりました
といった感じで限られたものでやらないといけない。
やる方は仕方なくやるので言い訳し放題。

この差って大きいですよね。

日本企業のすべてがこうだとは言いませんが、こういったことが多いように思います。下が言わないのも問題でしょうけど・・・。



こういった話以外でもマーケティングについて心理学や政治の面から見て対談しているので、堅苦しくなく読めますし身近に感じるのではないかと思います。

コトラーとかの本を読むのが大変だと感じる場合にはこういったものから読んでみるといいですね。



以下目次
0 prologue いまなぜマーケティングなのか~(成毛真)
1 marketing strategy―なぜ、日本のマーケティングは戦略的でないのか~(松村劭×成毛真)
2 product marketing―日本のプロダクト・マーケティングはこのままで大丈夫か~(唐津一×成毛真)
3 marketing psychology―もっとマーケティングに役立つ心理学はないのか~(和田秀樹×成毛真)
4 political marketing―どうして日本の政治家はマーケティングが下手なのか~(安延申×成毛真)

Webマーケティング基礎講座を読んだ

Webマーケティングってどこからどこまでどうすればいいの?と思う時があるので、体系的にまとめらている本を読みたくて購入してみました。

■網羅的に書かれていて、図も豊富なので便利です。

この目的で書かれているので当然なのですが、Webマーケティングの概要が広く浅く書かれているので全体を把握するにはもってこいの本ですね。それぞれの分野をマスターする前にとりあえず読んでおけばいいですし、Web担当者になった人や制作現場の方に読んでもらうといいかも知れません。

左側が文章、右側が図の見やすい構成なので、図を見て分からない時だけ文章を読んでいけばあっという間に読み終えることができます。

網羅的な本でボリュームがあると完読することができないことが多いですが、この本に限ってはそんなことはまずないでしょう。

また、各章の終わりに関連する書籍も紹介されているので、気になったらそれも読んでみると知識が深まりますね。

■アクセス解析をする人は

KPIを設定するときにこの本を読んでおくと全体像が分かるので便利です。サイトだけの最適化をしても前後の工程が分かっていないと意味がないので、より効果的に、より効率的に管理するためにどうするか?を考えながら読んでみるといいですね。

■毎年アップグレード版が出るといいな

Webマーケティングってすぐに新しいものが出てくるので、内容を更新して毎年発行しても良いかなと思います。こういったときに電子書籍にしておいて購入者は格安でアップグレードってできると助かるんですけどね~。

以下目次
1. BtoCのWebマーケティング戦略
2. BtoBのWebマーケティング戦略
3. 集客プランニング
4. Web分析とPDCA
5. リスクマネジメント
6. インターネット技術の基礎
7. Webサイト構築の基礎
8. モバイルマーケティング
9. メールマーケティング
10. ソーシャルメディア

Webマーケティング基礎講座
村上 知紀 渥美 英紀 松田 昭穂 野口 竜司 阪田 裕里子 北村 伊弘 高見 俊介 石井 陽子
翔泳社
売り上げランキング: 4149

明日のコミュニケーションを読んだ

明日の広告の続編(?)です。あの頃はWebが出てきて既存の広告が役に立たなくなったと言われいた時ですね。今回はソーシャルメディアを中心に書かれています。明日というか現在進行形の感じがしますが、やはり書かれていることはとても参考になります。

■明日の広告では「情報自体が喜ばれるものではなくなった」といったあたりが

情報爆発の時代というやつでしたね。確かに平成18 年度情報流通センサスの発表はまさに爆発といった感じでしたし、自分たちも情報の渦に巻き込まれていました(ちなみに今は「情報流通インデックス」と名前を変えて算出方法も変わっています)。この届かない時代どうしようかというのが、明日の広告の話。このあたりが1章。

■ハイパークチコミは起きるのか?

さとなおさんが書かれているハイパークチコミというのはRTやいいねであっという間に情報が伝達することで、ソーシャルメディアの特徴ともいえるものですが、本当にそんなこと起きるの?と感じる方も多いかも知れません。普通にやっていればなかなかそうはならないのですが、条件が整えば確かにハイパークチコミは起きます。

大仏ツイートは624RT、240,872インプレッションだった! | 運営堂
まさにこれがそう。
この時は2日間にわたってRTがRTを呼んで自分でも怖いぐらいでした。

自分が思うにこういったハイパークチコミは、
・多くの人が興味・関心を持っていること
・多くの人が知っている知識や話題
で発生して
・面白いキーワード
を中心に連鎖します。

大仏ツイートの場合は「地震という日本国民すべての話題が大仏という誰もが歴史で習うことが重なった」ためにハイパークチコミが起きました。これが本の中で書かれている「共感を纏った情報」というやつですね。このあたりが2章。

■ソーシャルメディアを活用するには自分が使わないといけない

こりゃその通りで、地元のコミュニティに参加していないのに地元の情報なんて入ってきませんよね。それと同じでまずはソーシャルメディアを使ってみて、そこに存在する明確なくくりのないコミュニティに参加する(または見る)ことでようやく分かってくるものだと思います。使ったことがない人はこの明確なくくりのないコミュニティになじめないし、それがよく分からない恐怖感につながるんだと思いますが、引越しをしたばかりだと思ってまずはなじむことから始めれば良いと思います。

本の中では「ソーシャルメディアの勘所」として11の項目を上げていますので、そちらも読んでみて体感しながらソーシャルメディアを使っていくと思います。ここが3章。

■既存のモデルはもう役に立たないのか?

AIDMAとかAISASといったモデルですね。さとなおさんはSIPSといった言葉でソーシャルメディア時代のモデルを説明されていますが、AIDMAもAISASもSIPSも単独であったり、複数が組み合わさって成り立っていると書かれています。これは考えれば当然で折込チラシを見てお店に行く時もあれば、TVで見た商品を検索してみたら友人がいいねしていたから買うことだってありますよね。

ですから、今まで広告をやってきた人たちはSIPSモデルを理解すれば色々なアイデアが出てくるんじゃないかと思います。いきなり取って代わるわけではないですし、時が経てばAIDMAが見直される時が来るかもしれませんので、今の流れを見ながら過去のものを組み合わせる温故知新作戦がよいのでは(笑)。ここが4章。

■じゃあどうやるの?

ここは5章をお読みください。具体的な事例が紹介されています。

■個人的には、「愛される」じゃなくて「応援される」かな

最近、愛される○○といったものをよく目にしますが、個人的にはそこまでじゃなくて、応援されるとか応援したくなる関係なんじゃないかと思います。地道に頑張っている人(企業)、利他の精神で人に尽くしている人(企業)、などなど愛するわけじゃないんですがなんとなく応援したい人たちっていますよね。

以前はこういった人たちに接する機会はなかなかなかったのですが、ソーシャルメディアではそれが向こうから自然と近づいてきます。「お天道様は見ている」といった感じでしょうか。

無理矢理ソーシャルメディアを使う必要はないのですが、自然に使っているうちにいつの間にか広がっていきますので、まずはぼちぼち始めてみましょう。広告やマーケッターだけじゃなくて学生さんもデザイナーさんもおじいちゃんも皆さんに読んでもらいたい本です。

明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法 (アスキー新書)
佐藤尚之
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 144

Twitterアクティブサポート入門を読んだ

smashmediaの河野さんと献本ランチでお会いした。でも少し触れましたが、もうちょっと細かく本の感想を書きたいと思います。

■アクティブサポートってこんな感じ



のように受け身ではなくて積極的にカスタマーサポートをすることです。これだけではありませんが、このようなイメージです。こういったサポートを受けた経験のある人って多いんじゃないかと思います。

■導入、運用、効果測定まで書かれているので実践しやすい

上の画像のようにアクティブサポートの考え方やTwitterの使い方も何となくわかるんですが、じゃあどうやって企業内で実行していくの?となると思いますし、我々のような立場の人間でも中途半端に知っているだけに、端折って説明してしまいがちだと思います。

※参考:キャッチコピーに「こだわり」って書いたら負けかなと思っている : Eコマースバカ一代

みんな(私も)、聞くときには「具体的な話(事例とか)」を聞きたがるくせに、人に何か説明するときは細かい話をはしょるんですよねーーー

話を聞くときの本音 「よくわかんないし、考えるの面倒だから、具体的に言えよ」

話をするときの本音 「細かいところまで言うのは面倒だから、自分で考えろよ」

よくありますよね(笑)

こんな時のために「Twitterアクティブサポート入門」では概念的な話は第1章だけで、第2~8章までは実際の導入、トレーニング、運用、効果測定等、実際にTwitterを用いたアクティブサポートをどのように実行していくかが詳しく書かれていて、まさにトレーニングマニュアルといった内容です。

■目次をみるとよく分かります

第1章 アクティブサポートのススメ

アクティブサポートの考え方や事例です。

第2章 アクティブサポートをはじめよう

早速アカウントを作って・・・、ではなくて上層部への提案方法や目標設定などの方法がかかれています。この部分は提案する際にとても参考になると思います。

第3章 担当者を選ぼう

じゃあ、Twitterを使ったことのある人に・・・、ではなくてカスタマーサポートの経験がある人が適任だと書かれています。Twitterは使えばすぐに慣れると思いますが、サポートはかなりの経験が必要ですから、考えれば当然のことですよね。そういった部署がなければ接客担当や品質担当の人がいいかなと思います。

第4章 ツイッターアカウントを準備しよう

ここで重要なのはアカウント名ではなくて運用ポリシーを決めるということです。これもイチから決めると大変ですが、決めるべきことがかかれているのでこれベースに考えればスムーズですね。

第5章 担当者をトレーニングしよう

明日からツイートチェックして・・・、ではなくてTwitterの世界に慣れないといけませんし、イメージトレーニングをしながら実際にどう対応するかを決めていかないといけません。かなり具体的に書かれていますし、担当者の引き継ぎについても触れています。

第6章 運用を開始しよう

日々の運用方法が書かれています。どのツイートに反応するのか?ピックアップしたツイートはどう整理するのか?どのように会話するのかなどなどです。

第7章 アクティブサポートのケーススタディ

最初の画像のようにケースに分けた対応方法を考え方が書かれています。ここはマニュアル的に使うのではなくて考え方を参考にすると良いと思います。

第8章 アクティブサポートの効果指標

アクティブサポートが社内外に及ぼす影響を測定する方法です。直接的に影響を測ることは難しいですが、リピート率、対応件数の他に社内コミュニケーションの活性度などもあってともて参考になります。

付録1 ソフトバンクモバイル株式会社インタビュー

実際に現場で出てくる疑問に関してインタビューされているので、これも実運用の際に参考になるかと。

付録2 ツイッターツール一覧

Twitter関連ツールってたくさんありますが、目的別に整理されているのでとても便利です。

■これを読みながら提案や実践を

くどいようですが実際の運用を主眼にしているので、これを読みながら導入していき、適宜工夫していけばスムーズに進んでいくと思います。

お客様の声は集めなくてもこうしてネット上にたくさん存在します。これを積極的に活用しサポートしていくことで自社のファンも増えますし、他社との差別化力になっていくはずです。規模の大小を問わずできることなので、導入を検討してみましょう!

「マンガでわかるWebマーケティング」を読んだ

Web業界にいる方であれば多くの方がご存知のWebマーケッター瞳の書籍版です。マンガではないのでご注意を。

感想としては「とにかく読みやすい、分かりやすい」ということに尽きます。マーケティングにしろWebにしろとにかく難しいことが書かれていることが多いんですが、学生にも読んでほしいという著者の気持ちが表れていて、気軽にスッと読めますし何度でも繰り返して読むこともできます。デザイナーの人も、プログラマーの人も、Webに関わる人(それ以外でも)は必読ですね。

この投稿の続きを読む »

Web来訪者を顧客に育てる リードナーチャリングを読んだ

アクセス解析だけをやっているとサイトのことだけに目が行きがちですが、webサイトはマーケティングなどの企業活動の一部でしかないので、その全体を知っておかないといけないと思って読んでみました。

この投稿の続きを読む »