『サッカー』カテゴリーの投稿一覧

「必ず成果を出す! サッカー名監督のすごい言葉」を読んだ。

サッカー分析に影響されたわけでもなく、昔っから名言が好きなので買った本です。

名監督として取り上げられているのは、ジョゼ・モウリーニョ、アレックス・ファーガソン、ジョゼップ・グアルディオラ、アリゴ・サッキ、フース・ヒディング、アーセン・ベンゲル、カルロ・アンチェロッティ、ヨハン・クライフ、イビチャ・オシム、の9人。2013年発行ということを考えるとこうなりますね。

記憶に残った名言をいくつか。

次の対戦相手の映像を三本分析しなければならないから

ジョゼップ・グアルディオラ とある表彰式を欠席した時に

1日24時間サッカーのことを考えているグアルディオラらしい発言。優先順位がはっきりしている。

二連覇を成し遂げた今、残念ながら多くの選手が勝利への欲望をなくしている。自身は慢心に変わってしまい、これまでのようにハードな仕事を受け入れようとしない。ならば変えるしかない。

アリゴ・サッキ 三連覇を逃してベルルスコーニに話したこと

どんな組織も変えないと停滞しますよね。意識的な変化は大切。

試合が始まる前ならば、私がしてやれることはいろいろあるが、いったんボールが転がり出したら、監督にできることは三度の選手交代しかない

フース・ヒディング ユーロ2008でロシアを率いてのスウェーデン戦の前に

人事を尽くして天命を待つ、といったところでしょうか。コントロールできないものは諦めてそうならないように準備する。

一人の監督にできるのは、自分のサッカー観やメソッドと引き受けたチームの潜在能力のすり合わせて、ベストと思われる解決策を導き出すことである

カルロ・アンチェロッティの考え方

他の会社や人材を見て嘆いても仕方がなくて、現状のベストと思われる解決策を導き出す。そこで結果を出してから。

監督に迷いがあれば、選手は敏感にそれを察知する

カルロ・アンチェロッティの経験から

上に立つ人は自分の決断に自信を持たないと。

本当に強いチームというのは夢を見るのではなくて、できることをやるものだ

イビチャ・オシム ジェフ市原に来て

こうなりたいな~と思うのではなくて、そうなるためにはどうするかを考えて行動する。結果を出している人ってみんな行動している。

君たちはプロだ。休むのはオフになってから、あるいは引退してからで十分だ。シーズン中はサッカー以外のことなど考えるな

イビチャ・オシム 休みがないことに不満を言う選手に

そう思います。できるうちにできる限りのことをやりたい。


名言を知っても自分の行動に移さなければ意味がありません。同じような場面に出くわした時や、あとから反省した時などに反芻して染みこませていくしかないですね。




必ず成果を出す! サッカー名監督のすごい言葉 (PHP文庫)
桑原 晃弥
PHP研究所 (2013-01-04)
売り上げランキング: 24,050

サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法を読んだ

ファシリテーターという言葉を耳にすることってよくありますよね。
こんな意味だそうです。

会議やミーティング、住民参加型のまちづくり会議やシンポジウム、ワークショップなどにおいて、議論に対して中立な立場を保ちながら話し合いに介入し、議論をスムーズに調整しながら合意形成や相互理解に向けて深い議論がなされるよう調整する役割を負った人。参加者やデザインによっては、意見交換だけでなく、視覚に訴える手法や、身体の動きや移動をつかった技法、感情を扱う介入をする場合もある。ファシリテーターが参加者の立場も兼ねる場合もある。

Wikipediaより引用


気づけば私も10年ぐらい前にこういったジャンルの本を何冊か読んで勉強したことがあるんですが、なんかこう上手くいかないというかモヤモヤ感がずっと残っていたんです。

ビジネスで使われる横文字の言葉ってなんとなくすごそうですが実はそうじゃない・・・に似た感じでしょうか。

■昔からあること、誰にでも分かること、を知った方が良いと思ってます

だから「サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法」を読んだんです。

相手は子供、やることはスポーツ、仕事とは全く関係ありませんがお金も付き合いも何も関係ない世界でやられていることは普遍的なことでしょうし本質的なことです。ここが理解できていないからファシリテーターの勉強をしてもしっくりこなかったんじゃないかと。

個人的にはきれいごとの並んだ事務所よりも泥臭い現場が好きだということもあるのだと思いますが。

■魔法という名前の当たり前のこと

  • 1 肯定する―「だからダメなんだよ!」抽象的な言葉で叱ってばかりいませんか?
  • 2 上達する―「悔しくないのか!」負け始めると怒っていませんか?
  • 3 楽しませる―「サッカーを最優先しろ!」子どもに押しつけてはいませんか?
  • 4 気づかせる―「ちゃんと話を聞きなさい!」いつも世話を焼いていませんか?
  • 5 考えさせる―「右へパス!」「そこでシュートだ!」試合の間中、子どもを煽っていませんか?
  • 6 進化する―「今までこうやってきたんだから」古い概念のまま立ち止まっていませんか?
  • 7 夢を持たせる―「プロになりたいんだよな?」子どもより先に自分の望みを語っていませんか?
  • 8 余裕を持たせる―「勝ちたいという気持ちが足らなかった」敗戦を精神論で片付けていませんか?
  • 9 自立させる―「失くすと困るから」電車の切符を大人が持ってあげていませんか?
  • 10 和をつくる―能力別にチーム分けするのがよいと思い込んでいませんか?
  • 11 問いかける―「何やってんだ!」大量リードされたら怒鳴ってませんか?
目次に書かれている11の魔法です。
難しいことは書かれていないですよね。
これを実行して相手がその気になって自発的に行動してくれれば「PDCAのサイクルを回せ!」なんて言わなくてもいいですし、考える習慣がつけば「何か意見はありませんか?」と聞く必要もありません。

何もしなくても上手くいく状態になっていくということです。

そして、私はここを目指したいということです。

■これが全てではないです

本の内容もとてもシンプルなことが書かれていますが実行するのは難しいことが書かれれています。
具体的な技術というよりも考え方の部分に重きが置かれています。

ですので、現場の経験場浅い人や慣れていない環境におかれている方は並行してその分野の基礎知識を学んでいくのがいいと思いますし、プレゼンテーションやファシリテーションの技術を学んでいくのが良いと思います。

この業界にいるとカタカタ本ばかり読んじゃいますがたまにはこんな本もいかがでしょうか?


サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法 (edu book)
池上 正
小学館
売り上げランキング: 5055

オランダに学ぶサッカー戦術 練習メニュー120を呼んだ

またまたサッカー関連の本を読みました。

サッカーだけが好きなのではなくてスポーツ全般が好きなのですが、本屋に売っているものがサッカー関連が多いのでこうなっています。もうちょっと他のジャンルの本も出てほしいと思いますが売れないんだろうな・・・。

ちなみにこの本は「オランダ」というキーワードにひかれてコンバージョンしてます(笑)

1994年のファン・ハール率いるアヤックスの強さが今でも忘れられないんですよね。トータルフットボールは年代的にリアルタイムではないのでやはりアヤックスです。

■サッカーの要素から考える

「すべてはサッカーを向上させるために」 、という記事から改めて思うこと。でも書きましたが、サッカーに関連することで練習をするということです。練習のための練習はしない。

だけど、練習のための練習、仕事のための仕事、アクセス解析のためのアクセス解析ってことなりがちです。こうなってしまうのやはり目標が見えていないからなんだと思います。小さくは相手より多くゴールを奪って勝つという明確な目標があって、大きくはワールドカップで優勝という目標が仕事やアクセス解析にはないことが多いんですよね。

【活動報告】特別セミナー「WebマーケティングとKPIを経営戦略に組み込む」 « アクセス解析の協議会 アクセス解析イニシアチブに書かれていることを踏まえてアクセス解析をしていかないといけないな、と改めて思いました。

■サッカーを4つ場面で分析する

守備、守→攻、攻撃、攻→守、の4つに分けて分析をすると書かれています。それはピッチ内で何が起こっているのか?を分析するからで、サッカーのピッチ内でおこるのはこれだけだからです(セットプレーもありますが)。シンプルで分かりやすいですね。

アクセス解析も、集客・接客・成約・再訪(他の言い方もあります)の4つに分けて考えますが、これもサイト上で起こることがこれだけだからなんですよね。Googleアナリティクスなどのツールの機能から理解しようとせずに、サイト上でおこること理解しようとすればやることは自然と見えてくるはずです。

■当然、練習も課題を解決するために

パスが上手くつながらないからパスの練習、ではなくて、パスが必要とされる状況を実戦に近い形で用意して選手に覚えさせるということです。実際の試合では相手はパスを通させないように動くのでパスの練習をしても仕方がないですよね。

これまたアクセス解析で言うのなら直帰率を下げる、のではなくて、このキーワードでこのページに来ている人でミスマッチが起きているのでそれをどう解消するのか?ということですね。この方が誰にでも分かりやすいですし、具体的な行動につながりやすいと思います。


と、アクセス解析のために読んだように書いていますが、実際はサッカーの分析も面白そうだな~って思いながら読んでました(笑)

サッカースカウティングレポートを読んだ

スカウティングという言葉は以前からよく聞いていましたが、主にアメフトで知っていたのでサッカーはどんなもんなのかな~と思って読んでみました。

この投稿の続きを読む »

サッカー戦術クロニクルⅠとⅡを一気に読んだ

Ⅰの「トータルフットボールとは何か?」に引かれて両方いっぺんに買ってしまいました。74年のオランダ、サッキのプレッシングサッカー、ブラジルの黄金のカルテット、ファン・ハールのアヤックス、モウリーニョの4-3-3といったサッカーの中で必ず話題になるチームの戦術を歴史から紐解いていてくれてとても分かりやすい。トータルフットボールと言えば74年のオランダなんですが、トータルフットボールの歴史やどういった戦術なのかといったあたりはよく知らなかったので、ここまで詳しく書いてあるとものすごく参考になりますね。加茂周のゾーンプレスがいかにダメだったかもよ~く分かりますが(笑)

それぞれのチームの考え方、実現するための選手の動き、必要な選手・キーになる選手などが図解を使って示されており、それを覚えておいてサッカーの試合を見ると「そうだったのか~」となります。「サルでもわかるトータルフットボール」といった感じでしょうか。

逆にⅡの方は・・・ですね。

Ⅰからほぼ1年後に出版されており、明らかに内容が薄い。Ⅰでは一つのことを詳しく説明していたのが、一つのことを違う書き方で何度も書いていて無理矢理枚数を増やしました感がありありと伝わってきます。チャプターの数もⅠでは10だったのがⅡでは12となっており一つずつの深さが断然違う。Ⅰが良かっただけにかなり残念な本になっています。

ここんとこweb系の本じゃなくてこういった本を読んでばかりだな~。いかん、いかん。