『google analytics』カテゴリーの投稿一覧

Google アナリティクスのAssistant機能は「今のところは見るだけ」という判断でいいと思ってます。

【速報】Google アナリティクスが知見を導く! Assistant機能を使ってみた | 株式会社プリンシプル
Google Analyticsの本気。AIによる無料アドバイス機能『Analytics Assistant』の衝撃 – BITA デジマラボ

これらの記事は衝撃を与えてますね~。アドバイスツールを提供している会社だったりレポートや分析業務を行うアナリストの仕事がなくなってしまうという話題もちらほら。

私も「この機能ってどう?」と聞かれることがありますが「今のところは見るだけ」という判断でいいと思うと回答しています。その理由などを。

現状は英語限定

日本語しかわからない私のような人間には使えません(笑)。

問題とアクションはセットじゃないと意味がない

例えば「Aという参照元からBというランディングページに来た時のパフォーマンスが落ちている」という問題が出てきたとします。データを詳しく見てみてその通りとなったとすると、次は対策を考えないといけないんですがそこまでは教えてくれません。これって「現状報告だけで何をすればいいのかわからない分厚いレポートは不要」という話と同じですよね。

何をすればいいのかを教えてくれるようになるまでは、参考程度に見ているだけでいいと思います。

なんでそうなるの?と聞かれるはず

レポートを作成して提案した人なら経験があると思いますが、「なんでそうなるの?」「本当にそうなの?」って必ず聞かれますよね。その時にGoogle アナリティクスさんがですね・・・と話しても現状では納得してもらいづらいはずです。AIが浸透してAIが言うことが確かっぽいという認識が世の中(企業)に浸透するまでは説明しないといけなくて、結局やることは今までと変わりません。

根拠を示すデータをたくさん出すことになる→分厚いレポートはいらん→減らすとなんで?と言われる・・・の繰り返しです(笑)。

今と変わらないのでレポートのネタに困った時に見る程度で良いでしょう。

でも、進化の過程は見ておかないといけない

「今」は参考程度で良いでしょうがこの先はどうなるか分かりませんよね。膨大なデータがGoogleに集まっているわけですから、それをAIに学習させたときにはとんでもないものが出てくるかもしれません。

多少なりともGoogle アナリティクスを使っていて分析的な業務をやっているのであれば、様々なサイトでAssistant機能を使ってどのようなところを指摘してくるのかを知っておかないといけないですし、機能のアップデートをも追っかけておかないといけないです。ボケっとしていたら抜き去られていたでは恥ずかしいです。

中国の三国時代に呉で活躍した呂蒙もこう言ってます。「士別れて三日なれば、即ち更に刮目して相待すべし」。


10年ほど前にリリースされたGoogle アナリティクスはバグも多く機能も少なくてツールとしては不完全でしたが、逆に言えば10年でここまで来てしまったわけです。その進化を体感している人であれば、何をすればいいのかわかりますよね。

Google アナリティクスの定番マイレポート、カスタムレポート、セグメント(合計70個)がインポートできます

ここ最近、Google アナリティクスでどれを見ればいい?このデータって出ないの?セグメント作るのが面倒、といった声が増えてきたので、今までにつくった定番のマイレポート、カスタムレポート、セグメントのインポートサイト(ソリューションギャラリーです)を改めて書いておきます。

こちらです。
Google Analytics Solutions Gallery

Google アナリティクスにログイン状態でこちらのサイトにアクセスし、欲しいもののImportボタンをクリックするだけで完了です。

定番レポート(マイレポート)、01_01_月、曜日、時間(カスタムレポート)の2つは必須かと思います。どこを見たらいいのかわからない人は定番レポートを見ていただければよいですし、デフォルトで見ることができない月、曜日、時間のカスタムレポートは重宝します。


■違っている、欲しいものがある場合はご連絡ください

  • 2年前に作ったのでおかしなものがあれば修正しますので教えて下さい
  • こんなのが欲しいなどあればできる範囲で対応します


TwitterのDMでもお問い合わせページからでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。


Google アナリティクスの直帰についてよく聞かれることのまとめ

Google アナリティクスの直帰って分かりやすいようで分かりづらいのでよく聞かれることをまとめておきます。直帰ついては「直帰率」とは何ですか?に詳しくまとめていますので先にこちらをご覧ください。

■直帰とはなんですか?

直帰とは1ページだけ閲覧して離脱したセッション

のことです。
これは知っている人が多いと思います。

■直帰率が急に下がった(上がったのですが)?

これはイベントが発生していることが考えられます。
イベントとはファイルのダウンロードなどのクリックを取得した際に発生するもので初期設定のままでは発生しません。イベントが発生するとユーザーが操作をした(インタラクション)ということで、1ページだけ閲覧して離脱をしても直帰にはなりません。このためタイマーでイベントが発生するような設定をしていたり、画像のクリックを取得するイベントが設定されると直帰率は下がりますし、逆に設定を外すと直帰率が上がることとなります。

直帰率が急激に変化した時はイベントを疑ってみると良いでしょう。

■イベントを無視することはできますか?

イベントも取得したいけど過去のデータと比較したいので直帰率に影響を与えたくないという時は「opt_noninteraction」の設定を使ってください。

上に書いてあるようにユーザーが操作をした=インタラクションですので、操作をしない=ノンインタラクションということになります。ここがtrueであれば操作をしていないことにしてください、となってイベントが発生しても無視されて直帰とカウントされます。falseならば操作をしていないことにしないでください、つまり操作をしたことにしてくださいと言う意味なので直帰にはなりません。設定しない場合はfalseとなっていますので注意してください。

■opt_noninteractionのtrueは設定した方が良いの?

イベントを設定して何かしら反応をしてくれたんだから直帰しなくても良いという判断でもいいですし、今まで通りの設定が良いので直帰としたいでも構いません。ここは各自で判断すれば良いと思います。ちなみに私はイベントが発生すれば直帰としなくて良いと思っています。


分かっているようで分かっていない部分だと思いますので正しく理解しておきましょうね。


「Googleアナリティクス活用術 ~売上アップに貢献するBtoBマーケティング~」を読んだ。

こちらの本はBtoBに特化したGoogle アナリティクスの本です。注意点としてはGoogle アナリティクスのことが半分ぐらいで、残りの半分はどこどこJPとの連携について書かれていることです。どこどこJPを導入していないと分からないことが多いので気を付けてください。

※サイバーエリアリサーチ様から本をいただきました。ありがとうございます。

■BtoBの特徴を知っておく

BtoBのマーケティングって製造業などを経験していないと分かりづらいも知れません。BtoCであれば自分が買う側の立場になれますがそうもいきませんからね。

ここに関しては冒頭に書かれている文章がとても参考になりますので引用します。

BtoBでは、欲望を喚起するのではなく、「企業の課題解決に、製品・サービスがいかに貢献できるか」をアピールすることが大切になります。個人の「消費」を呼び起こすのではなく、企業の課題解決のため「投資」を促すことに重点が置かれているのです。

BtoBの場合はどうしても比較検討・稟議の流れになりますし、問い合わせや資料ダウンロードの先に本当の目的がありますので、そこを考えたマーケティングが求められます。

発注する側にしてみれば上司の「なんでそこに発注するの?」に対する根拠が欲しいんですよね。

ですから、自社の良いところばかりアピールするのではなくて、導入事例であったりサポート情報であったり導入までの流れと費用といったコンテンツが必要になってきます。この大前提を忘れないようにしたいです。

■どこどこJPの紹介もしておきます

どこどこJPとGoogle アナリティクスの連携で以下のようなことが分かります。
  • 特定の業種が興味を持っている製品を把握
  • 競合他社からのアクセスを把握
  • 御社の製品名で検索をしてサイトに来ている企業を特定
  • 頻繁にアクセスはあるが、お問い合せがない企業を特定
  • これら企業に対して御社が効率的に情報を訴求できる
  • 業種別LPOを実施
  • Adwordsのリマーケティングリストへの応用
自分の得意先だと思っていたところからのアクセスがなくて別の業種からのアクセスが多ければやることも変わってきますよね。どこの業種が興味を持っているのかが分かればネットに広告を出すのではなくて展示会であったり、DMを出すことができるのがBtoBno特徴なのでこういった活動のために活用していきたいですよね。

このあたりのことが第5章に事例として書かれていますので、どこどこJPに興味を持った人はここを読んでみてください。

これ以外にも実際の導入方法や専用のカスタムレポートも用意されていますので、Google アナリティクスを使っている人には便利だと思います。

ただし、カスタムディメンションを12個使ってしまうのには注意です。プロパティごとに20個までしか使えませんので計測用のタグとどこどこJP用のタグを入れた方が良いかも知れません。

■Google アナリティクスの説明は少なめ

本文中はどこどこJPとの連携について触れられていますので、Google アナリティクスについて知りたい人は途中にあるコラムを読んでおくと良いと思います。ここだけのために本を購入するのはもったいないかも知れませんが・・・。


どこどこJPは初期費用が10万円かかりますが、アクセスが少なければ毎月の費用は1万円で済みますので、受注金が大きい場合は検討してみてもいいですね。


以下、目次。
第1章:見込み客を可視化するGoogleアナリティクスの使い方
第2章:GoogleアナリティクスとどこどこJPの連携
第3章:Googleアナリティクスの基本を知る
第4章:企業を特定し、ピンポイントで攻める見込み客「可視化」テクニック
第5章:事例に学ぶ顧客獲得に直結させる解析データの読み方・使い方
第6章:Googleアナリティクスの便利な機能
第7章:どこどこJPの管理画面でできること

Googleアナリティクス活用術 ~売上アップに貢献するBtoBマーケティング~
小針 将史 山田 祐司
幻冬舎
売り上げランキング: 124,372

Google アナリティクスでプロパティごとのヒット数が分かるようになっています。

プロパティのヒット数 Google アナリティクス設定→プロパティ設定の中ほどにプロパティのヒット数が表示されるようになりました。昨日、過去7日間、過去30日間でわかるようになっています。データ収集の上限に引っかかるかどうかの確認用でしょうかね。ちょっと前に話題になりましたので。

データ収集の上限はこちら。
Google アナリティクスのデータ収集上限  |  ユニバーサル アナリティクス ウェブ トラッキング(analytics.js)  |  Google Developers

ヒット数はコレ。

プロパティあたり 1 か月 1,000 万ヒット
ヒット数がこの上限を超えると、Google アナリティクス チームからお客様にご連絡を差し上げ、プレミアムへのアップグレードや Google アナリティクスに送信するデータ量を減らすためのクライアント サンプリングの設定といったご提案をさせていただく場合があります。

1 か月あたりのプレミアム アカウントでの上限については、アカウント マネージャーかサービス担当者にお問い合わせください。

・ga.js または従来のライブラリ
以下の制限事項は ga.js、モバイル スニペット、その他の従来のトラッキング ライブラリに適用されます。
セッションあたり 500 ヒット。ただし e コマース(アイテムとトランザクションのヒットタイプ)を除く
ヒット数がこの上限を超えると、以降のヒットは該当のセッション中は処理されなくなります。この制限はプレミアムをご利用の場合も同じように適用されます。

・ユニバーサル アナリティクスを利用している場合
以下の制限事項は analytics.js、Android iOS SDK、Measurement Protocol に適用されます。
ユーザーあたり 1 日 20 万ヒット
セッションあたり 500 ヒット。ただし e コマース(アイテムとトランザクションのヒットタイプ)を除く
ヒット数がこのいずれかの上限を超えると、以降のヒットはそれぞれ該当の日付中、セッション中は処理されなくなります。これらの制限はプレミアムをご利用の場合も同じように適用されます。


巨大サイト以外は大丈夫だと思いますが、タイマーでイベントを取っている時に全ページで計測をしていると引っかかるかも知れません。念のため1度はここを確認しておくと良いですね。

【小ネタ】Google アナリティクスの目標値設定がほんのちょっとだけ進化

目標値
今までGoogle アナリティクスの目標値は数値を入力することしかできなかったんですが、マウスで数値を設定できるようになりました!

なんでこんなところが変わるのかが分かりませんが、こうした変更を見つけるのもGoogle アナリティクスを使う楽しみの一つ。

Google アナリティクス ヘルプ フォーラムで50個のベストアンサーを獲得しました

ベストアンサー50
突然こんなメールが来て驚き。今まではなかったような・・・。ここを目指しているわけではないですが、モチベーションにはなるのでこれからも頑張らねば。

木田さんとか吉田さんはもっと数があるだろうな~。

Google アナリティクスでMicrosoft Edgeが表示されてますね。

edge
まだまだ数は少ないとはいえじわじわと増えてきておりますね。皆さんのGoogle アナリティクスでも確認できると思います。

こうしてOSのバージョンが上がったときに付随して起きる現象は、早めに傾向を確認しておくことをおススメします。つい最近ではこれ。
iOSでリンクを2回タップしないと画面遷移しない問題 | 経験知

iOS8.4の比率がどれぐらいかなと思って確認するとほとんどのサイトでこれが一番多かったです。皆さんすぐにアップデートするんですね。そうなると、こういった不具合は早めに確認&解消が必要となります。

制作者が気づくことは少ないので、Google アナリティクスを見ている人がOSやブラウザの傾向は毎月チェックするようにしましょう。



「スマホ対応」が表示されても、スマホ対応が終わったわけじゃない

スマホ対応

スマホ対応でバタバタした人も多くって、無事表示されて検索順位も下がらなくて良かったわ~と思っている人も多いでしょうね。しかし、スマホ対応ってのはGoogleさんのためだけではなくてユーザーの人たちのためにもやるべきものなので、これで終わりではありません。

Google アナリティクスを使って簡単にスマホの改善点を見つける方法を書いておきます。

■iPhoneの解像度ごとに直帰率、CVRなどをチェック

日本はiPhoneだらけですし、Androidは機種が多すぎて対応できません(する気にならない・・・)のでここを中心に見てみましょう。やり方は簡単です。

ユーザー>モバイル>デバイスからセカンダリディメンションを解像度にするだけです。これだけでiPhoneの機種ごとの直帰率やCVRなどが分かります。
iPhone_解像度
320×568:iPhone5,5s,5c
375×667:iPhone6
414×736:iPhone6 Plus
320×480:iPhone,3G,3GS,iPhone4,4S
です。

いくつかのサイトを見ていますが機種の違いで数字が大きく変わるんですよね。

よくあるのは5,5s,5cでCVRが低くて、6,6PlusでCVRが高くなるパターン。
原因としては5系ではファーストビューにアクションするボタンが表示されていなくて6系で表示されているものが多いでしょうか。

これ以外でも機種によって明らかにページの使い勝手が異なる場合がありますので、スマホからのアクセスが多くてCV数も多いのならデータをチェックして対応しておきたいですね。


スマホ対応ってこれ以外もやることはたくさんありますが、手っ取り早くて効果が出やすいのでお試しくださいませ。


※参考サイト
iOS – iPhone/iPad解像度(画面サイズ)早見表 – Qiita

ECサイトをGoogle アナリティクスで解析する時に読んでほしい記事(自分が書いたんですが)。

ECサイトの売上が良くないので見てほしい、データが上手く取れていない、というお問い合わせがここ最近多くなっています。こんな時はある程度進め方が決まっていますので、過去に私が書いた記事を紹介しながら説明していきます。

費用対効果を考える

今の売上と解析にかかる費用とその費用でできることを考えましょう。解決策は数字を見ることだけじゃないですからね。

詳細はこちらの記事をお読みください。
ECサイトでアクセス解析はやる意味ナシ!? Google アナリティクス導入前に知っておきたいこと|ECzine(イーシージン)

記事中にこう書いています。
冗談のように思えるかもしれませんが、実際に効果が出たことなので解析なんて面倒なことをする前に試してみてください。

  • ページを作成しているパソコンが古いなら、買い換えれば作業効率が1.5倍ぐらいになるかも
  • スタッフのおやつ代を増額して豪華にすれば、やる気が1.2倍ぐらいになるかも
  • リスティング広告を増額すれば、同じ手間で売上が1.1倍ぐらいになるかも
  • 使わずに積み立てておけば、突発的なWebサイトの修正にすぐ対応できるかも


クロスドメイン・eコマース・カスタムキャンペーンをちゃんと設定する

超定番のクロスドメイン設定は覚えておきたいところです。
ここで詰まっている人はとっても多くて、購入につながった参照元が分からないのは痛いですからね。
ASPのカートでGoogle アナリティクスを使うなら覚えておきたいクロスドメイン設定|ECzine(イーシージン)

ECサイトなのでeコマース設定を。
目標では1回のセッションで複数回の購入があると計測されませんし、売上も出ませんからね。
面倒だけどなんとしても設定しておきたい Google アナリティクスのeコマース機能|ECzine(イーシージン)

メルマガなどの効果も押さえておく。
これもやっていないところが多いですね。なんとなく惰性で出していることも多いのですが・・・。ちゃんと考えて配信して計測をすればじわじわ効果が出るのがメルマガです。
「効果ないね」と言う前にそもそも計測していますか? Google アナリティクスでリスティング広告やメルマガの効果を計測する方法|ECzine(イーシージン)

これら以外にもGoogle Search Consoleを見ると重複タイトルだらけとか、エラーだらけとか、httpとhttpsが混在しているなどすぐに改善てきそうな点も出てきますので、こちらもあわせて確認してみると良いですね。

効果測定は集客サマリーをメインに

どこを見ればいいのか?と思った時には集客サマリーを起点に見てみてください。
期間比較やデバイスごとの比較方法も書いていますので、ほとんどの場合これでどうにかなってしまうはずです。
毎日3分見るだけで改善点までわかってしまう!? Google アナリティクスの「集客サマリー」は超便利レポート!|ECzine(イーシージン)

まとめ

とにかくECサイトの場合はやることがたくさんありますので、できそうなところから潰していきましょう。計測環境を整備するのに時間がかかりそうなら、その間にメルマガを書き直すこともできますから。




※読んでも難しいから問い合わせが来るのは分かってますが、その前に知っておいてほしいと思いまして。