『目標設定』カテゴリーの投稿一覧

Google アナリティクスの目標設定で滞在時間とPVが上回るだけしか設定できなくなっていた。

上回る

タイトルの通りです。
確か以前は「超える」「等しい」「未満」だったと思うのですが、「上回る」だけになっています。新規で設定する場合にもちょっと困りますし、既存の目標でも変わってしまっているので、設定している人は確認した方がいいですね。

なんとなく元に戻りそうな気がしますが・・・。

Google アナリティクスの目標設定に出てくる「過去7日間のコンバージョン数」は今日を含まないことにご注意を。

目標
Google アナリティクスの小ネタです。
目標を設定するときに「過去7日間のコンバージョン数」を確認できるのですが、これはその日を含まないことにご注意ください。

■こんな時が危ない

  • 新しくビューを作った時
  • 新しくタグを設置したとき
この二つの場合は前日以前のデータがありませんので設定があっていたとしても0件と出てしまいます。このせいで何度も設定を確認する羽目にならないようにご注意ください。というか、ついさっき自分がはまりました・・・。

■URLの確認は行動→サイトコンテンツ→すべてのページのアドバンスフィルタで

アドバンスフィルタ
目標としたいページにアクセスしておけば数時間でデータが出てきますのでここで確認してみてください。特に正規表現を使っているときは不安だと思いますので必ずこの方法で確認しましょう。

細かいですがつまずきやすいですね。

4/2(水)にGoogle アナリティクスの目標設定についてのミニセミナーをやります。

アクセス解析の日 2014/04/02(19:30〜ミニセミナー開催)

毎月第1水曜に開催しているベースキャンプ名古屋さんのアクセス解析の日で、4月はGoogle アナリティクスの目標設定について日比野さんと一緒にちょっとしたセミナーをやります。目標=サンクスページだと思っている人も多いと思いますが、実はそうではなくてイベントなども設定できてとても便利な機能です。

■内容

  • Googleアナリティクスでどんな目標設定ができるか
  • なにを目標にするか
  • レポートの見方
  • サイト改善にどう活かすか
といった内容をGoogle アナリティクスの設定画面で説明して、実際のサイトを見ながらどのようの活用するかをお話しします。

■目標の確認は集客サマリーとすべてのトラフィックが便利

当日も話しますが、目標の確認はコンバージョン→目標からではなくて集客→サマリーとすべてのトラフィックで見ると確認しやすいです。

集客サマリー
集客サマリー
赤枠の部分をクリックすることでチャネルから参照元 / メディアに切り替えたり目標を切り替えることができますので、どこから来た人がどうなったかが一発でわかります。ここでは数と率しかわかりませんので詳細はチャネルなどをクリックです。日々の確認はここだけで済んでしまうことも多いはずです。

すべてのトラフィック
目標セット
こちらでは複数の目標の効果を1画面で確認します。赤枠の目標セットをクリックすると複数の目標が表示されます。任意のものを比べたいときはカスタムレポートを作成してください。

当日はさらに詳しくお話ししますので、ご興味のある方はぜひご参加ください!


Google アナリティクスのページの価値が目標値以上になる理由

Google アナリティクスで目標値を設定するとページの価値というものが見られるようになりますよね。目標に至ったユーザーが見たページがどれなのか?を調べるときに有効な指標で必ず見ておきたいものでもあります。

そのページの価値が目標値を上回ってしまうという現象があったので調べたところちょっと意外な原因が分かりましたのでまとめておきます。

■ページの価値の算出方法

以前は$インデックスという名前だったのでその時の記事も入っていますが算出方法は変わっていません。詳しくは説明しませんがこれを読むとページの価値は目標値以上にはならないことが分かります。

※ヘルプってちょっと前までページの価値だったのに$インデックスに戻っているような・・・。

■こんな現象が出てませんか?

下図は目標値を100で設定している時のものなのですが、ページ別訪問数が1なのにページ価値がそれ以上になってしまっていますよね。この現象が気にならない人も多いと思いますが見てみるとこうなっていることってあると思います。


■原因は「ページ別訪問はURL+ページタイトル」で個別性を認識しているため

URLだけではなかったんですね。
では「URL+ページタイトル」で個別性を認識しているとどうなるのか?を説明していきます。

URLが同じでページタイトルが異なる場合

例として住宅系のサイトでの「物件検索」でありがちな流れで説明します。下図の流れだと01.htmlのページ別訪問数は1なのでページの価値は100になるはず。でも実際はそうなりません。


「URL+ページタイトル」で個別性を認識しているのでページ別訪問数をURLとページタイトルを表にするとこうなります。


この場合のページの価値は下の図ようになっているように思えます。


しかし、URLが同じために実際はこのように合算されてしまうんです。


■まとめ

ページの価値は実際は「URL+ページタイトル」でページ別訪問数を計算するため、裏の集計上は下記のようになっていますが、
01.html+検索結果1 100円
01.html+検索結果2 100円
01.html+検索結果3 100円
02.html      100円

最終的に表示するレポート画面では、上の3つがURLでまとめられてしまうため、合算される処理が加わり、
01.html 300円
02.html 100円
と「ページ」レポートでは表示されるようです。

こういったことや住宅、人材、通販などの検索をさせるサイトで発生すると思いますのでページの価値でコンテンツを評価する時には注意が必要ですね。

Googleアナリティクスの目標到達プロセスではマッチタイプにご注意を。

Googleアナリティクスで目標ページを設定する場合には目標到達プロセスを設定することが多いと思います。

その際に目標数は取得できているのにプロセスが取得できない!という現象に出くわす時があります。そんな時の対処法です。

■マッチタイプは到達プロセスにも適用される


目標をURLにする際は目標のマッチタイプを選ぶわけですが、ここで選択したマッチタイプは目標到達プロセスにも適用されるんですよね。
これを知らずに設定してしまうとおかしことになるわけです。

■こんな場合に注意

・目標ページ:/contact/thanks.html
を完全一致で設定

・お問い合わせフォームページ:/contact
・確認ページ:/contact/confirm.html
 をプロセスで設定。

「/contact」と「/contact/index.html」でお問い合わせページが表示される

この場合で、なおかつサイト内でのリンク指定が「/contact/index.html」となっていると目標到達プロセスにカウントされません。「/contact」と「/contact/index.html」は違うURLですからね。

■解決方法

一番楽なのは301リダイレクトでURLを正規化してしまうことです。こうしておけばURLが1つになりますし、Googleアナリティクスでデフォルトのページを指定する必要もありません。

それが無理な場合は、サイト上でリンク先の指定を「/contact」と「/contact/index.html」のどちらかで統一し、プロセスにもそれを指定する方がいいですね。index.htmlにする場合はプロファイルの設定でデフォルトのページの指定もお忘れなく。



ちなみにSEOではlink rel=”canonical”でこういったURLをまとめてしまう場合もありますが、解析的には正規化した方がものすごく楽です。


参考URL
アナリティクス 日本版 公式ブログ: 目標到達プロセスと正規表現