『使い方』カテゴリーの投稿一覧

「スマホ対応」が表示されても、スマホ対応が終わったわけじゃない

スマホ対応

スマホ対応でバタバタした人も多くって、無事表示されて検索順位も下がらなくて良かったわ~と思っている人も多いでしょうね。しかし、スマホ対応ってのはGoogleさんのためだけではなくてユーザーの人たちのためにもやるべきものなので、これで終わりではありません。

Google アナリティクスを使って簡単にスマホの改善点を見つける方法を書いておきます。

■iPhoneの解像度ごとに直帰率、CVRなどをチェック

日本はiPhoneだらけですし、Androidは機種が多すぎて対応できません(する気にならない・・・)のでここを中心に見てみましょう。やり方は簡単です。

ユーザー>モバイル>デバイスからセカンダリディメンションを解像度にするだけです。これだけでiPhoneの機種ごとの直帰率やCVRなどが分かります。
iPhone_解像度
320×568:iPhone5,5s,5c
375×667:iPhone6
414×736:iPhone6 Plus
320×480:iPhone,3G,3GS,iPhone4,4S
です。

いくつかのサイトを見ていますが機種の違いで数字が大きく変わるんですよね。

よくあるのは5,5s,5cでCVRが低くて、6,6PlusでCVRが高くなるパターン。
原因としては5系ではファーストビューにアクションするボタンが表示されていなくて6系で表示されているものが多いでしょうか。

これ以外でも機種によって明らかにページの使い勝手が異なる場合がありますので、スマホからのアクセスが多くてCV数も多いのならデータをチェックして対応しておきたいですね。


スマホ対応ってこれ以外もやることはたくさんありますが、手っ取り早くて効果が出やすいのでお試しくださいませ。


※参考サイト
iOS – iPhone/iPad解像度(画面サイズ)早見表 – Qiita

Google アナリティクス初心者向けコンテンツ「ズバッと解決GA」を公開しました。

ズバッと解決!Google Analytics
お客さんなどからよく聞かれることをチマチマと書き溜めておりまして、そこそこまとまったので公開しました。

■「ズバッと解決」はもちろん快傑ズバットから

快傑ズバット – Wikipedia
「ズバッと参上、ズバッと解決」のズバットです。ご存知の方はかなり少ないと思いますが。主人公の早川健役の宮内洋さんはアオレンジャーとか仮面ライダーV3で有名な人で(ry。

■かなり初心者向けです

Googleアナリティクスは、本当に無料ですか?とかGoogleに操作方法などを質問することはできますか?など、初心者の方々は気になるけど書籍などには書かれていないことを書いています。操作方法とか機能の前に躓く人ってかなりの量がいると思いますので、そういった人たちの参考になればと思います。

■細かいネタも入れてます

レポート画面の表にあるチェックボックス(□)はなんですか?隠し機能はありますか?左側のメニューがなくなったのですがどうすれば元に戻りますか?といったところも書いています。使い慣れた人は気になりませんが初めての人は気になる部分です。触ったらおかしなことになると思って触りづらいものもあるはずなので、ここも役に立つのではないかと。

■クライアントに聞かれて困った時などにもお使いください

初心者の人の定番の質問ってありますが説明する時間がない時ってありますので、そういった時にはこのコンテンツを紹介していただけると便利だと思います。ここに書いてある、と言っていただければ終わりますので。また、載っていないものがあれば追加することも考えています。

■随時更新していきます

用語集をメインに随時更新していきます。
問題は内容が古くなることですが、これもできる限りは対応しようかと思ってます。


誤字もあるかと思いますので、お気づきの方はお問い合わせからご連絡いただけると助かります!


2014/12/09/12:45 画像のリンク切れ修正。
2014/12/09/12:30 画像がリンク切れしております。直り次第書き込みます。いきなりのリンク切れで申し訳ありません・・・。

Google アナリティクス関連キーワードに勝手に回答してみました

検索キーワードって気になるのが多いですよね。運営堂サイトで気になったGoogle アナリティクス関連(AdWordsも)キーワードに勝手に回答したいと思います。

■google analytics “ページタイトル”

確かに左にあるメニューから行くとページタイトルが表示されないですよね。プライマリディメンションを触ることも少ないですし。以下の図のところから確認できます。
ページタイトル

■google analytics “携帯端末の情報” (not set)

これは単にGoogle側で登録していない(判別できない)端末ということですね。世界中の端末を登録するのは大変なのでこうなってしまうのでしょう。
notset

■google analytics タグ 動作チェック

タグが動いているかのチェックはデータを見ないと分からないですが、それも面倒な場合はこの2つのツールが便利です。どのタグが動作しているのかが分かります。

■google analytics 日毎 キーワード レポート

これはメール機能を使うと便利ですね。ページ上部の「メール」から設定できます。
メールレポート

■google アナリティクス ビューをコピー

設定はアナリティクス設定→ビュー設定→画面右下です。フィルタや目標もコピーされるのでご注意を。
ビューをコピー

■google アナリティクス ページ別 時間別

時間別のレポートって左メニューにはないですよね。セカンダリディメンションに出てくることもありますがちょっと面倒なので時間別のレポートをを使うと便利かなと思います。
月、曜日、時間のカスタムレポート

■google タグマネージャーの書籍

残念ながら今日(2014/07/04)時点では存在しません。アユダンテさんのコラムにまとまっているのでこちらが参考になると思います。
Google Tag Managerのコラム|アユダンテ株式会社

■googleアドワーズ utm

AdWordsと連携している場合は不要です。アカウント権限の都合で連携できない場合のみ設定してください。

■google アドワーズ 設定 コピペ 疲れた

確かに疲れますよね(笑)。そんな時はこちらをどうぞ。
Google AdWords Editor


面白いキーワードが出てきたら続けるかも。

5/7(水)に直帰率を下げる方法についてのミニセミナーをやります。

アクセス解析の日 2014/05/07(19:30〜ミニセミナー開催)

毎月第1水曜に開催しているベースキャンプ名古屋さんのアクセス解析の日で、5月は直帰率を下げる方法について日比野さんと一緒にちょっとしたセミナーをやります。直帰ばかり見ても仕方がないとわかっていても気になりますし、お客さんからやたらと言われるので対応方法を知っておくに越したことはありませんよね。

■内容

1. 直帰とは?
2. 直帰率が高いページを見つける方法
3. 直帰率を下げる方法

直帰についてはこちらで予習を。
Googleアナリティクスの直帰率を正しく理解する | Googleアナリティクス | ひびの備忘録

■良い直帰と悪い直帰を見分けることから

直帰=欲しい情報がない、と短絡的に決めつけるのではなくて納得して直帰する場合もありますし、すぐにもう一回訪問してくれて今度は直帰しないことだってあります。直帰だけを見るとわかりませんので、Google アナリティクス上の数字や実際の流入経路を見て考えていきましょう。

地味ですがSEOやリスティング広告を考える際にもかかわってくる基本的な知識なので、ここを追求したことがない人はぜひご参加ください。

制作会社の人によく聞かれるGoogle アナリティクスのこと クライアントに聞かれた編

制作会社の方からGoogle アナリティクスの使い方を聞かれることが増えてきました。というわけで、よく聞かれること・よくあること私の対応を書いておこうと思いますので何かの参考になればと思います。

■クライアントにサイトの状況を聞かれた

確かに作ってもらった方はどうなっているかが気になりますよね。見られているのか?見られているのならどこから来ているのか?どのページを見られているのか?問い合わせ数はどれぐらいなのか?といったあたりです。

この時の制作会社の方はの対応はGoogle アナリティクスのレポートのPDFを提出というパターンが最も多いです。ユーザーサマリーやキーワードトップ100などですね。確かにクライアントの要望はこれなんですが、それは絶対にNGです。これを出すと次に必ずこう言われます。

で、良いの悪いの?どうすればいいの?他はどうなの?

この3つの問いに答えられる準備をしてからデータを出すようにしましょう。

■良いか悪いかの判断

集客状況であればどこかに偏っていないか・増加傾向にあるか。接客(コンテンツ)であれば直帰率やフォームなどへの到達率。成約(コンバージョン)であれば売上・問い合わせ数などの目標が達成されているか。といったところです。

アクセス数は月に100だろうが100万だろうが売上や問い合わせなどの目標に達していなかったら何の意味もありませんし、直帰率が90%でも達成していれば(今のところは)良いと言ってもいいでしょう。ですので、Google アナリティクスの数字自体で判断することに意味はほとんどありません。達成していない時に初めてどこかの数字を減らしたり増やしたりするわけです。

■どうすればいいかの対応

上記の良い悪いの判断から悪い部分を抜き出して個別に対応すればいいです。集客はSEO・リスティング広告が主な対応方法でそれぞれ検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書Googleアドワーズ & Yahoo!プロモーション広告 対応 新版 リスティング広告 成功の法則を読むなどして勉強するか外部パートナーを探してみてください。

直帰率であれば参照元(キーワード)とランディングページの相性なので実際に参照元サイト(キーワード)を見てユーザーの欲しいコンテンツを考えてみてください。アクセス解析ができるようになる2つの言葉。が参考になると思います。フォーム到達率はサイト内の導線なのでGoogle アナリティクスではなくてヒートマップが便利だと思います。ヒートマップはUser HeatClickHeatが無料なので便利だと思います。具体的な使い方はこちらの記事を参考にライフネット生命保険のサイト改善5つの鉄則に学ぶ、ネットショップのPDCAサイクル/ユーザーローカル | Web担当者Forum

問い合わせ数などはサイトの責任ではなくて商品・サービスや価格にもよるので何とも言えませんがフォームの使い勝手はチェックしておいた方がいいですね。フォーム→確認画面→完了画面ごとの離脱率を見るとかエラーページの表示回数を見るなどです。

ここが腕の見せどころではありますが制作会社さんの苦手とする部分ではあります。日頃からこういったことに詳しい人とと情報交換をしたり自分たちでもある程度はやっておくことが必要ですので、デザインやマークアップのパートナー探しとともにSEO、リスティング広告、アクセス解析などに詳しいパートナー探しもしておいてください。

■他社の状況についての対応

他社の状況はそれらしいツールはありますが正確なところは分からないので、素直にわかりませんと回答しておいても良いと思いますが、他社のサイトを見てコンテンツの作りであったりフォームの使い勝手であったりブログやメルマガやTwitterなどの活用法をチェックしておけば答えることができると思います。

上にも書きましたが他社のアクセスが月に1,000万あろうと実際に売上も問い合わせも発生していなければ意味がないので、実際の動きを把握することが大切です。可能であれば自分で体験するのが良いですが無理な場合でも誰かに聞くなどするぐらいのことはしておいてください。

■聞かれてからでは遅い

これらのことはすぐにできるものもあればできないものもたくさんありますので、サイトを作ることになった時点で競合のことを調べたり既存サイトがあればそのアクセス状況を把握するなどしておいてください。聞かれてからでは間に合わないことがほとんどです。

■ここが営業だと思うこと

アクセス解析のレポートなどはサービスだったり少額で請け負っていることが多いと思いますので売上にもならず、制作会社さんとしてはあまりやりたくない業務だとは思います。しかし、ここをきっちりやることで成果が上がってリニューアルなどの話になることもありますし、新しいクライアントを紹介してもらえることもあります。営業をしてコンペや値下げ合戦になって受注できないこともあることを考えると、既存のクライアントとしっかり向き合うことの方が後々の仕事を生むと思います。

クライアントがサイトの状況を聞くのは知りたいからではなくてビジネスを成功させたいからです。成功するために自分たちができることは何か?しっかり考えてみてください。


注意点

どう考えてもネットではそれは無理だろう、ということもあります。
例えばリアルで競合が増えたからネットで・・・というパターンですね。実際はリアルよりもネットの方が圧倒的に競合が多い場合がほとんどなので、そういったことに真正面から対応してしまうと上手くいきませんし、自分も疲れますし、クライアントとも切れてしまうことになります。

ネットを使ってできることで自分たち(のパートナーも含んで)ができることに対応するようにしてください。

Google アナリティクスで新登場キーワードを見つける方法(前月比で)

コンテンツを追加したや修正した後ってそのキーワードで来ているかどうかって気になりますよね。そんな時に前月と比較して新しく登場したキーワードを見つける方法を書いておきます。

■期間比較でちょっと工夫

やり方は簡単で普通にキーワードのデータから期間比較をするだけなんですがそこでちょっと工夫して、基準を前月にして比較する方を今月にします。あとは訪問数の昇順に並び替えればOKです(クリックで拡大します)。


こうすれば先月に0訪問かつ今月で訪問があるキーワードが分かります。更新した部分の効果だけを知りたい時は、アドバンスセグメントで該当のページを含むとかランディングページに該当のページを指定すればよいと思います。

期間比較は前月と比べて見ることが多いですが、こういった時は今月と比べてみるといいですね。

あまり使わない設定かも知れませんがたまに便利です。

Google アナリティクスの検索エンジン最適化でピボットを使うとウェブ、画像、携帯(スマホ)のデータが一括で落とせて便利です。

ウェブマスターツールの検索クエリって便利ですがすべて、ウェブ、携帯、動画のそれぞれを見ようと思うと切り替えないといけないのでちょっと面倒ですよね。そんな時はGoogle アナリティクスと連携しておくと一括で閲覧&ダウンロードができるので便利です。

■設定はこんな感じ

赤枠のところを画像のようにしておけばOKです(クリックで拡大します)。


これをこのまま見ているよりはエクセルに落とした方が間違いなく便利なのでエクポートからお好みの形式でデータを落としてください。

■ウェブと携帯の比較

エクセルに落とせば列を移動させることは簡単なので、同じキーワードでのPCと携帯比較が簡単にできてしまいます。クリック率を見てもいいですし表示回数を見てもいいですしとにかく便利です。


■合計と平均が出る

表示回数の合計、クリック数の合計、クリック率の平均が出ます。これも自分で計算しなくていいので便利ですね。


■CTR、表示回数、クリック数を比較する時はピボット指標を切り替えて落とす

3つ一度に比較したい時はピボット指標を切り替えてダウンロードしてからエクセルでコピペやカット&挿入であっさり完成。エクセル初心者でも問題なしです。


ウェブマスターツールでもデータを落とせますが何かと加工が必要になります。Google アナリティクスの場合はそこそこ加工してから落とせるので使い勝手がいいのではないのでしょうか。



Google アナリティクスでgoogle.co.jp / referralになる原因を分かる範囲で調べてみた。



googleからのアクセスってorganicになるんじゃないの?と思っているとgoogle.co.jp / referral出てきますよね。こいつの原因を分かる範囲で調べてみました。

※記事の内容がかなりあいまいです!詳細ご存知の方は教えてください!

■まずはドリルダウン


トラフィック→参照元→参照サイト、からgoogle.co.jpを見つけてクリックしましょう。すべてのトラフィックからは詳細は分からないので注意です。

■/urlの場合


/urlをクリック→セカンダリディメンションでブラウザを選択。
するとSafari (in-app)と出てきますのでアプリ内の検索からということが分かります。

※実際にアプリで検索したわけではないので未確認です。Googleの検索があるアプリがあれば検証するので教えてください。

■/の場合

わかりません!
iGoogleの場合は/igがつきますし・・・。
社内のネットワークが原因だったり、何らかの理由でsearch?などが切れてしまったのではないかと思いますが。

※分かる人いたら教えてください!

■/imgresの場合


google画像検索→画像をクリック→その横に出てくる「この画像のサイト」をクリックした場合です。この時はsearch?がURLに入っていないので検索ワードは分かりません。

■/reader/view/の場合


Googleリーダー内のリンクから訪問した時です。
feedburnerなどを使っている場合にタイトルをクリックするとここではなくてキャンペーンのところなどに出てくるので注意です。

■/searchの場合

これもわかりません!
「/」の時と同じで何らかの理由でデータの一部が切れてしまった時でしょうか・・・。

■/webhpの場合


Googleにログインしていない状態で検索→その後上図のロゴをクリックしてから検索→訪問、の場合。こんなことする人がいるのかどうかわかりませんが・・・。

もう一つは、
Googleにログインしていない状態でインスタント検索を無効にしたい時。
http://www.google.co.jp/webhp?complete=0
ここにアクセスするとインスタント検索を無効にできるのでそれをブックマークしている場合はおそらくこれになります。

両方とも「/webhp?hl=ja#hl=ja」のようにハッシュが入ってしまうのでそれ以降のデータが取れないためだと思われます。

■かなりあやふや&よほどのことがない限り無視

調べてみてもスカッとしないですし、訪問数自体も少ないはずなのでここから大量のコンバージョンが発生していない限りは無視した方が良いと思います。上司やお客さんに聞かれたときに役立つかも?といった程度ですね。



Google アナリティクスのカスタマイズもいいけど数値の定義が変わる場合は要注意というかあまりおススメできないかも

Google アナリティクスってイベントを使ってPDFのダウンロード数を計測したり、仮想ページビューで同一URLで遷移するフォームの詳細を取得したりとカスタマイズするといろんなデータが取れるんですよね。

そんな時に注意したいのが、数値の定義が変わってしまったりして今までと大幅に変わってしまうことがあるということです。

ここ最近立て続けにこのあたりのことを聞かれましたのでありがちなミスをいくつか。

■スクロール量を測るとき

Google Analyticsにフォーム入力イベントなどを機能拡張するJavaScript「GA Functions」 | murak.net
などを使うと画面のスクロール量を測定することができます。この時にイベントを使うので今までの直帰としていたものが直帰ではなくなってしまいます。

このツールを導入すると直帰率が大幅に減ります。Google Analyticsにイベントを記録すると直帰と見なさなくなるためです。直帰率の意味が変わると認識してください。今までは「ページ遷移しなければ直帰」というのが「何も操作しないでページを閉じたら直帰」という意味になると理解すればいいでしょう。

イベントが多くなりすぎないようにご注意ください。Google Analyticsの制限で1訪問あたりに記録されるイベント数は500までです。イベントが多すぎるときは入力フォームの測定をオフにするなどして調整してください。

ということですね。
これを使うとおそらく直帰率が一桁とか10%ぐらいになってしまうはずです。

ちなみに現在はイベント発生時でも直帰にできる設定がありますのでそれを使ってもいいですね。

■直帰の定義を変える時

Google Analyticsで本当の直帰率を計測する方法 | 海外SEO情報ブログ
とか
tips 直帰率を下げる、と言うより本当の直帰率を知るためのGoogle Analyticsの設定方法
を使う場合ですね。
前者は非同期コードでは使えないようになっているようです。後者はイベントなのでスクロール量の時と同じことが言えます。

これを使うと何もしなくても狙ったページの直帰率を下げることができてしまいますし、上と同じような問題が発生します。

■定義を変えたら比較ができない

これらを使うと過去との比較やこの設定をしていない他のサイトとの比較もできませんので、今までやってきたことが意味をなさなくなってしまいます。また同じGoogle アナリティクスなのに定義が違ってしまうとややこしくなります。

解析する上では「比較」はとても大切ですし、数値の定義を変えてしまうのは何かを計測するときにはよほどのことがない限りやることはありません。やってしまうとこんなことになってしまうわけですから・・・。

それよりも何よりも、お客様に説明するときにひじょ~~~~に困るわけです。途中で変更すればその意味を説明しないといけないし、新規の場合でも他と全く違うデータになるので、ある日突然「うちのサイト直帰率がやたら低いよね?」とか言われてしまって、ソースに詳しい人(何故かこういった時には必ずいる)に指摘されて終了・・・ってことになりかねません。

■カスタマイズする時はよく考えて

これらのカスタマイズが悪いわけではありません。
知らずに使ってしまって他の数値に影響を与えたり解析ができなくなってしまうのが怖いのです。それが分かっていて使うのであれば何にも問題はありません。

しかし、こういったことに詳しい人が世の中に少ないのも事実です。

取得出来たら便利そうな数値もこういったリスクがあることをお忘れなく。

知ってそうで知らないGoogle アナリティクスでの参照ページの確認方法

GA フォーラム | Googleアナリティクスの情報サイト | Q.参照元のURLはページ単位までわかりますかをご覧ください。

すべてのトラフィックだけを見ていると気付かないんですよね~。

個人的にはキーワードよりも参照サイトが増える方がうれしくて、こんな紹介のされ方をしているのか!ってのが分かるのがいいんですよね。これがわかるとどういった記事を書くとどうなるかが見えてくるので、被リンクもされやすくなるしアクセスも増えてきますから。