『Googleタグマネージャー』カテゴリーの投稿一覧

【注意!】Googleタグマネージャーのコンテナスニペット(タグ)の設置方法が変わりました。

GTM_container-snippet

Googleタグマネージャーのコンテナスニペット(タグ)の設置方法が変わりました。
Quick Start Guide  |  Google Tag Manager for Web Tracking  |  Google Developers

head内のできるだけ上に設置するものと、今まで通りbodyの直下に設置するものの2つに分離されています。今までのようにbodyの直下だけではなくなっているのでご注意ください。

未検証ですが現状で考えられることを書いておきます。

■head内ではどこに置くのがいいのか?

運営堂のサイトではGoogleさんの言う通りにheadの真下に設置してみました。これで問題なく動作していますが、Google アナリティクスを使っている人ならこの位置に置く別のタグがあることもご存知ですよね。

そう、ウェブテストのテストコードです。

こいつが下の方にあるとページの振り分けが遅くなってしまうので、ウェブテストをする時はこれを一番上にする。つまり、Googleタグマネージャーのタグはウェブテストをする時はheadの真下で、ウェブテストをする時はテストコードの下。

計測だけを考えるのならこれで良さそうですが、Webサイトって見ることができないと意味がないので作る側の都合も考えないといけません。

そんなわけでグランフェアズの藤田さんに聞いてみました。

制作で言うと、ページによって設定を変える必要があるものと、変える必要がないものは分かりやすく分けておきたいという思いがあります(ページ数が多くなっても、設定忘れが起きにくいor プログラム化しやすい)。

headの上の方はページによって変わるもの、下の方は変わらないもの。とすることが多く、GTMタグは固定なので下の方になります。下の方は、favicon,
rss , css ,jsの読み込みなどで、サイト固有のjsは、見ため(css)に必要なものを読み込んだ後に読み込むため、結果的に一番最後になります。
この「サイト固有のjs」とGTMを別ものとして捉えるなら、faviconの上(下の方の一番上)でもいいかなと思います。が、タグの長さとjsの設置箇所を分ける気持ち悪さを考えると、やっぱり一番下になるかなと思います。

headの上の方、と言う限り、よっぽど「遅くさせない」「落ちない」「不具合は起こらない」自信があるのだろうと思います。が、作る側としては「もし万が一」を考えると、Googleに何かあっても、サイトの表示や動作に支障がない位置(つまりサイトに必要なCSSやJSを読み込んだ後)に入れたいと思うのです。

そりゃそうですよね~。
「設定忘れが起きにくい」というところまで考えるとこうだろうなと。ページが増えていくときにタグ漏れっておきやすいので、制作側が管理しやすいようにしてもらった方が良いと思うのです。

■サーチコンソールの認証は?

新しいGTMタグでも認証できることを確認しました。旧バージョンは確認しておらず・・・。

なんだかんだ言って、サーチコンソールの認証はHTMLファイルのアップが一番手堅い感じです。

■今のタグはどうなる?

新規発行は新バージョンしかないのでこれで設置するしかないです。

問題は既に設置されているタグがどうなるのか?ということですが、記事を書いている時点(16/09/29)では正常に動作しています。しかし、これもいつまで使えるかが分かりませんので、できるだけ早めに移行した方が良さそうです。

と書いておきながら、Googleさんの都合でコロコロ変わることがあるので、切り替えてくれと言われるまではこのままでいいかなと思います。何度も変更したくないですからね。

■面倒なのはWordPressのプラグインだったりASPカートなど

一番困るのはここです。

WordPressのプラグインを使う場合って設置場所とかを考えていなくて「タグだから言われた通りに置いた」って感覚でやっていることが多いんですよね。で、何も考えずに新バージョンに対応したプラグインを入れて重複したり、プラグインをバージョンアップして他のとぶつかってページが真っ白になるなどの現象が発生するかなと思います。

また、ASPのカートなどではhead内を触ることができないことも多いので、そもそも設置自体が無理ということも考えられます。

このあたりは対応待ちということになりそうです。

■タグの仕組み、計測の目的を理解した制作者に判断してもらう

結論としては「タグの仕組み、計測の目的を理解した制作者に判断してもらう」ということになります。

制作方法も日々進化していますし、AMPも出てきてSEO面も考慮しておかないといけないですし、計測方法も計測ツールも進化しています。そして、それぞれが非常に細かい部分の調整が必要になってきていますので、中途半端にやってしまうと全体がパーになることも考えられます。

設置方法が変わったからといって、何も考えずにそのまま対応するのではなくて、関わる人すべてに確認してから設置したいですね。


しかし、こういった変更は日本でもきちんと伝えてほしいものです。

Googleタグマネージャーを使ってリスティング広告の電話コンバージョンを簡単に計測する方法

スマホサイトへのアクセスが増えるにしたがって、リスティング広告での電話コンバージョン設定の問い合わせも増えてきています。簡単に設定できるのでその方法を書いておきます。

電話コンバージョンってのはスマホの電話番号タップですね。実際に電話がかかった数ではないので差がありますがある程度の目安にはなりますので、設定しておいて損はない機能です。

実際に設置しようとすると公式ヘルプにはonclickを追加して~とあるのでちょっと面倒なんですが、Googleタグマネージャーを使えばonclickなしで設定できるので覚えておきたいですね。

■電話コンバージョンタグは全ページ配信で構わない

電話コンバージョンタグと言うだけであって電話番号がタップされた時に配信しないといけないように思いますが、実際はそんなことはなくて全ページに配信してしまって構いません。このタグは関数を定義しているだけで何もしないからです。

ちなみに電話コンバージョンタグの取得はこちらをご覧ください。
モバイルサイト上での電話番号リンクのクリックをコンバージョンとしてトラッキングする – AdWords ヘルプ
コンバージョン測定の新規設定(電話発信) – スポンサードサーチ – Yahoo! JAPAN マーケティングソリューション ヘルプ

トリガーはホスト名指定で設置するといいですね。
Page Hostnameにドメイン名を入れればOKです。wwwなどは不要です。
こうすることで間違って他のサイトにGoogleタグマネージャーを設置してしまってもタグが配信されません。複数のドメインの場合はトリガーを複数作るか正規表現で設定すると良いですね。
ホスト名配下

次は、電話コンバージョンタグを上記のトリガーで配信。
こんな感じ。注意する点はAdWordsの電話コンバージョンタグであってもカスタムHTMLから配信することです。Googleタグマネージャーを使い慣れているとAdWordsのCVタグとして配信したくなりますがNGです。Yahooの場合通常のCVタグと同じでカスタムHTMLです。
電話コンバージョンタグ

■電話番号タップ時にgoog_report_conversionなどをコールする

トリガーはこんな設定で。
有効化のタイミングは上と同じようにホストを指定して、配信するタイミングにClick Elementで電話番号を入れます。含むとしてますが等しいでも構いません。ここの設定方法は他にもあると思うのでお好みの設定で構いません。
telタップ

タグはこんな感じ。
消してあるところには電話番号が入ります。
telCV

これで電話番号をタップした時にこのタグが呼び出されてCVがカウントされるということになります。PCでスマホサイトを見ることができればGoogleタグマネージャーのプレビューモードで確認をしてみると良いでしょう。

■注意点というか

PC用のページでtelリンクが設定されている時は広告経由のアクセスでクリックされるとCVが計測されてしまいます。こんな時はスマホからのアクセス時のみリンクが設定されるように制作会社さんにお願いをしてください。


やってみると意外と簡単なので皆さんも設定してみてくださいね。


※参考サイト
【完全版】電話コンバージョン計測の必要性&タグの取得と実装方法 – でぶててのWEB録

2014/08/06のアクセス解析の日にGoogleタグマネージャーミニセミナーをやります(日比野さんが)

2014/08/06のアクセス解析の日はGoogleタグマネージャーのミニセミナーを行います。

なんとなく使えそうだけどよく分からないですし、ユニバーサルアナリティクスとどう違うのかも区別がつきづらいんですが使いこなせばとても便利なので、この機会に一通り覚えておきましょう。

■詳細、申し込みなど

Googleタグマネージャとは、タグを一括管理できるシステムです。

Googleアナリティクスのタグをはじめ、Adwordのタグの管理や、これまで面倒だったクロスドメインやクリック測定ができるイベントトラッキング、仮想ページビューなどのカスタマイズもできます。

  • Googleタグマネージャとは
  • どんなタグが管理できるの?
  • 導入するメリット、デメリットは?
  • どんなサイトでもタグマネージャを使った方がいいの?
  • 設定方法
  • クロスドメインの設定
  • イベントの設定
を予定しています。
(内容が変わる場合もあります。)

タグマネージャを使ったことがない方、導入を検討している方向けの内容です。

発表者:アップルップル 日比野
—–
毎月第1水曜日は、アクセス解析に興味がある人が集まって、同じテーブルで仕事や自習ができる1日です。ちょっと誰かに相談したい、Googleアナリティクスの使い方を誰かに聞きたい、そんな時にもお越しください。

■日時
2014年8月6日(水)10:00 – 21:00

■費用
・ビジター代 1,000円
・平日月額会員 追加で費用はかかりません
・チケット会員 チケット1枚

■ミニセミナー
19:30-20:30
ミニセミナーに参加をされる方のビジター代は、2時間以内でも1,000円です。

Googleタグマネージャーと非同期タグでのクロスドメインの設定方法

ユニバーサルアナリティクスが正式リリースされたといってもまだまだ非同期タグの方が使いやすかったりしますので、Googleタグマネージャーを使ってのクロスドメインの方法を書いておきます。これを使うとonclickの記述も不要ですしjavascriptなどで自動化しなくても済みます。
この投稿の続きを読む »

【追記あり】Googleタグマネージャーとユニバーサルアナリティクスでのクロスドメインの設定方法

面倒なクロスドメインもGoogleタグマネージャーとユニバーサルアナリティクスを使えばあっさり解決しますのでその設定方法を書いておきます。Googleタグマネージャーを使えばタグの貼り換えも最初だけですし、ユニバーサルアナリティクスならGoogleタグマネージャー上の設定も簡単です(非同期だとちょっと面倒です)。

2014/06/23 追記
参照元の除外を追記しました。

2014/04/16現在の設定です
いつどうなるかわかりませんので、この方法でできない場合はコメントなどいただければ確認してみます。

■スクリーンショットでご確認ください。

GTM_UA

■設定内容

・タグ名
任意のものを入れてください。
ユニバーサルアナリティクスなのでUAと入れるとトラッキングIDと混同するのでカタカナが無難です。

・トラッキングID
ユニバーサルアナリティクスになっているプロパティのIDを入れてください。

・ディスプレイ広告向け機能を有効にする
クロスドメインとは関係ないですがチェックを入れておくとオーディエンスやリマーケなどの機能が使えます。

・トラッキングタイプ
ページビューです。

・詳細設定、クロスドメイントラッキング
自動リンクドメインに計測するドメインをカンマ区切りで入力してリンカーを許可を「true」に。
ドメインは「A.com,B.com」のような感じです。「”」、「’」などは不要です。片方だけ入れても動作しないので注意してください。

・詳細設定、設定するフィールド
フィールド名:allowLinker、値:true
です。

・配信ルール
すべてのページです。
右上にあって忘れがちなのでご注意を。

■参照元の除外も忘れずに

参照元除外
ユニバーサルアナリティクスでクロスドメインをする際は参照元除外で自ドメインを除外しないといけません。また、複数のドメインを行き来する場合は全てのドメインを除外してください。カンマで区切っても個別に追加してもOKです。

■ユニバーサルアナリティクスへの移行は慎重に

ユニバーサルアナリティクスって導入しても大丈夫なの? | ウェブ担当者通信
にも書いていますがデメリットもありますので非同期と併用するなどした方がいいですね。これだけで賄おうとするとちょっと危険です。


Googleタグマネージャーと非同期の場合は時間のある時に書きます。


GTM(Googleタグマネージャー)とYTM(Yahoo!タグマネージャー)でやらなさそうなことをやってみました。

Google タグマネージャーYahoo!タグマネージャーのどっちを使ったらいいの?ということをよく聞くようになりましたので色々と実験してみました。結論的にはやはり使う人の問題が大きくて、これらを入れたからと言って劇的に何かが変わるということはなさそうです。今までタグがごちゃごちゃしてたサイトはそのままでしょうし、かえって混乱のもとになる可能性があります。

■GTMにGoogle アナリティクスの非同期とユニバーサルアナリティクスのタグを共存させる(UAIDは別のもの)

これはそれぞれでデータを取得することができました。
ユニバーサルアナリティクスに移行する際に、クロスドメインやイベントトラッキングをしていない場合はこの方法を使うのもアリだと思います。とはいっても、非同期タグは既にHTML上に書かれていることが多いはずなので新規で作成する場合などに限られますね。

■GTMにGoogle アナリティクスの非同期とユニバーサルアナリティクスのタグを共存させる(UAIDは同じもの)

予想通り重複カウントです。
通常は同じUAIDでは非同期とユニバーサルアナリティクスのタグは発行できません。しかし、GTMではタグを作成してUAIDを設定してしまえばそれができてしまいます。この時はPVが重複でカウントされてしまいますし、Google アナリティクスの管理画面も非同期かユニバーサルアナリティクスのどちらかしか見ることができませんので全くやる意味がないです。

これに関連して同じUAIDを持つタグを複数発行できます。
GTMで新規でユニバーサルアナリティクスのタグを2つも3つも発行できるんですよね(もちろんリスティング広告のCVタグも)。そうなると当然重複カウントされますし、何が正しいのかもわからなくなるのでこれはかなり危険です。一人で管理している場合には問題ありませんが、複数人でGTMの管理者アカウントを使い回していると起こりうる可能性があります。今までのようにHTMLを触らなくて良いため簡単に変更できてしまいますし、ソース目視で発見できませんので計測に異常があった時の確認が大変になる可能性があります。

というわけでGTMの管理者権限を持つ人は慎重に選んでください

■GTMにYTMをカスタムHTMLとして追加

Yahoo!アクセス解析のデータも取れますしスポンサードサーチのコンバージョンも計測できます。
おそらくYTMにGoogle アナリティクスタグを入れても計測できると思いますが、これは実験しておりません。また、YTMにGTMを入れる実験もしておりません。

GTMを入れた後に代理店さんなどからYTMを入れてくれと言われたけどソースの修正費用がありません、という時の緊急対応する場合は使えないこともないですが、タグマネージャーにタグマネージャーを入れても意味がないと思いますので、よほどのことがない限りやらない方が良いですね。

■余談 クロスドメインやイベントトラッキング

クロスドメインやイベントトラッキングをするときはなかなか判断が難しいです。
クロスドメインは非同期ですとクロスドメインの設定をしないといけませんのでaタグの修正が必要です。しかし、ユニバーサルアナリティクスではそれが不要になるのでどちらのタグをメインにするかで判断が変わってきます。
参考URL:GA:UniversalAnalyticsでクロスドメイン(※2013/11/26修正) | アクセス解析するとかしないとか

イベントトラッキングはGTMで対応できますので、こちらはタグの種類に関係なくHTML上にonclickなどを書くのかGTMにするかの判断をすることになってきます。
参考URL:Googleタグマネージャに自動イベントトラッキング機能が登場|コラム アユダンテ株式会社

■まとめ

色々といじくってみましたが簡単にタグが発行できてしまいますので、タグのことに詳しくない人が触ってしまうと本当に危険です。また、複数のサイトのタグも管理できますがこれも混乱のもとですので可能な限り1ドメインには1つのGTMとYTMのアカウントを作成した方が良いですね。

現実的にはGoogle系のタグはGTM、それ以外はYTMと使い分けた方が良さそうです。GTMはGoogleサービスと連携していますからね。

GTMとYTMとユニバーサルアナリティクスが出てきて、その上にAdWordsやスポンサードサーチのCVタグとAdWordsとYDNのリマーケタグ、それ以外のツールの計測タグがあるとタグマネージャーを使う方が便利なのはわかりますが、導入はくれぐれも慎重に。