『moodle』カテゴリーの投稿一覧

愛知大学様の情報メディアセンター紀要「COM」に「Google アナリティクスから見る愛知大学Moodleの利用状況の変化」を寄稿いたしました。

09年度から運用のお手伝いをしている愛知大学様のMoodleにGoogle アナリティクスを導入して利用状況を調べてみました。

Google アナリティクスから見る愛知大学Moodleの利用状況の変化(PDFファイル)

本文中にも書いていますが、細かい計測をするのが目的ではありませんので漏れもありますし、スマホサイトはテーマの仕様上PVが上手く取れていません。いろんな制約がありますが、傾向は見れているのではないかと思います。

やはりスマホの利用率がどんどん上がっていますし、Moodle自体もレスポンシブのテーマが出てきましたので、さらにスマホ比率が増えそうです。授業の資料もPDFでアップしておいて、スマホで学生が閲覧するという授業も増えてきています。

(5/5)News & Trend – 継続性を断ち切ってこそ教育の現場は変わる:ITpro
にはこう書かれています。

本来、私はティーチングとコーチングを分けるべきだと考えています。授業を教えるティーチングはオンライン、つまりMOOCでいいのではないでしょうか。分からない生徒に寄り添い、分かって先に行きたい生徒を引き上げてあげるコーチングにこそ先生が活躍するべきです。今後、先生はどんどん減っていきます。人がいないということは一定のレベルを持ってティーチングできる先生をそろえるのが大変になるということでもあります。

MOOCでなくてもMoodleのようなLMSを使えば可能ですので、私もこういった流れが良いのではないか?と思います。知識的なものは自宅などで勉強して、そこでわからないことなどを授業で説明する。これですらチャットやTV会議みたいなものでもいいですよね。

いろいろ考えさせられるデータでした。


今年度はさらにスマホ化が進むと思われるので、引き続きGoogle アナリティクスで状況を見ていきます。

Moodle1.9と2.4.xの違いを愛知大学様の情報メディアセンター紀要「COM」に寄稿いたしました。

09年度から運用のお手伝いをしている愛知大学様のMoodleが13年度よりバージョンアップをして2.4.xを使うこととなりました。

使っている側からすれば1.9の方が慣れているのでバージョンアップするリスクが高いかも知れませんが、メリットもあるので今年度からとなっています。

Moodle2.4 における機能改善について(PDFファイル)

■分かりやすいメリットはこの5つ

  • ドラッグ&ドロップでのファイルアップロード
  • 課題モジュールで複数ファイルの提出,ファイルでのフィードバック
  • フォーラムで複数ファイルのアップロード
  • コース内で活動とリソースの複製(コース間のコピー不可)
  • スマートフォン対応
ドラッグ&ドロップはIE8(おそらく6,7も)では使えないというなんともアレな感じがしますがそれ以外のブラウザはで複数ファイルも簡単にアップできるのでかなり便利です。

課題とフォーラムはファイルのやり取りができるようになりましたのでゼミや卒論などで活躍しそうです。

リソースの複製はあまり使わないと思いますがグループごとの課題などを作成する時には役立つかと。

スマホ対応は閲覧時に効果を発揮しますがファイルのアップなどができないので、そういった場合はスマホ対応せずにPCサイトを出すこととなります。


今後は移行に際しての問題やそれの対応などをまとめてみようと思います。


※愛知大学情報メディアセンターのHPにも掲載されています

12/8(土)、Moodle Nagoya Cafe Vol.1をベースキャンプ名古屋さんで開催します!

Moodle Nagoya Cafe #1を開催します!

【Moodle Nagoya Cafeとは?】
話題にはなるけど分からないことが多いMoodleをみんなで集まって勉強しようという集まりです。
Moodle Tokyo Cafeに行きたかったけど遠い・・・。
という人向けに名古屋での開催です!

アカデミックなイメージがあるかも知れませんが私も含めて民間(?)の参加者もいますので、Moodleにご興味のある方はお気軽にお越しください。

※内容は現在調整中です

■日時

2012年12月8日(土)、13~17時

■場所

ベースキャンプ名古屋

■会費

会場使用料8,000円を参加人数割

■人数

最大14名 ※参加者多数の場合は会場変更をするかもしれません

■会場の設備など

無線LAN、電源あり
貸出モニター有
飲食物持込可

■参加方法

Facebookのイベントに参加をしてください
Moodle Nagoya Cafe #1
Fcebookをお使いでない場合はinfo@uneidou.com
までご連絡ください。

■参加の締切

2012/12/4(火)、12:00

皆様のご参加をお待ちしております!

Moodleで課題を受け付ける時に注意すること

【Moodle】課題を出す時に注意していること | カグア!Googleアナリティクス活用塾

カグアさんが書かれていたので私が注意していることを補足的に。

■締切は自分の時間が空いている時に

00時00分を締切にすると、23時55分ごろに学生からメールが来る時があります(笑)

提出の方法が分からないとか、課題の内容が分からないとか、色々です。

ですので、平日の16時とか自分が比較的対応しやすい時間をおススメします。学生に連絡していても50人以上になってくると徹底できないですからね。

■オンラインテキストはメモ帳で原稿作成を

オンラインテキストの場合ブラウザ(webkit系のChromeとSafariで)によっては提出できない場合があります

また、Wordからコピペすると書式まで持ってきてしまうのでこの場合もうまく提出できないことがあります。

メモ帳で書かせてからコピペするかIEやFirefoxを使うようにしてもらってください。

課題画面で提出されているのに内容が空っぽの場合は課題の一括ダウンロードで課題をダウンロードし、該当の学生のファイルの拡張子を.htmlにすることで見ることができます。

■教師へのメール通知はできるだけ使わない

すぐに見たい場合はともかくそれ以外の場合は、教師へのメール通知をオフにしてください。締切近くに一気にメールが来ることとなります。

■その他

・課題文の工夫
オンラインテキストの場合は「他の人に説明する感じで」とか「誰が読んでもわかるように」といった文章を課題の中に入れておくと分かりやすい回答が出てきます。

・IEの改行はshift+enter
通常IEでenterキーを押すと段落改行(pタグ)が入るんですが、shift+enterなら改行(br)です。
これを学生に教えておくと見やすくなります。


Moodleの小ネタも書こうと思いつつ書けてないな・・・。

愛知大学様でのMoodle普及過程に関する報告を、情報メディアセンター紀要「COM」に寄稿いたしました。

09年度から愛知大学様のMoodle運用のお手伝いをさせているのですが、その際に力を入れたのはシステム構築ではなくて「普及」です。

文系大学ということもあり、告知活動をしなければ利用していただけない=システム的な課題もわからない、ということになってしまいます。多くの教員・学生に使ってもらいフィードバックを得ることでブラッシュアップしながら運用した2年間を短期大学部の龍先生と一緒にまとめています。

本学におけるMoodleの学内普及過程と今後の課題(PDF)


ここには詳しく書かれていませんが講師控室でのチラシ配り、見かけた先生への声掛け、など他の大学ではなさそうな地道な普及(営業?)活動もしております。このあたりは実際に営業してる経験が活かされています。

Moodleに限らずシステムは構築することではなくて運用することが目的ですので、運用で悩まれている方のヒントになればいいなと思います。

Moodle Moot(1日目)に行ってきました。

Moodle Moot2012の1日目に参加しました。

Moodle MootとはMoodleの教育者と開発者による研修会のことで日本でのMoodleに関する最新情報が発表される場所です。今回は三重大学という近場で開催されるので初めて参加しました。

■使う人(学生、教師、管理者)のことを考えること

内容を詳しく書いて良いのか分かりませんので書くのは控えますが、Moodleはオープンソースですしモジュールもたくさんありますので本当にいろいろな使われ方をしているなと実感しました。

その中でもアドビシステムズと横浜市消防局の事例はとても興味深かったです。

社内でのグループウェアといった感じで活用されているのですが、どちらも機能追加などはほとんどなくデフォルトの機能で運用されており、バージョンアップが頻繁に行われるオープンソースのデメリットを克服していました。

また、「使って」ではなくて「使ってもらえるように動く」というのも共通していました。どんな便利なツールでも使ってもらえないと意味がないのでそのために動くのは自然ですし、利用者の声を聞きながら悩み事を解決していくことで徐々に使ってもらえるようになります。ここはアクセス解析を理解してもらうこととも似ていますね。

基本的に社内での利用なのでコストをかけたくないところですが、カスタマイズしなければ無料なのもいいところです。ネックは使いこなすまでに時間がかかるので、担当者の粘り強さと複数の担当者を育成することでしょうか。

詳しくはこちらをご覧ください。
Twitter / 検索 – #mootjp12 – 全ツイート


余談
横浜市消防局の発表者の藤田さんが月刊消防の「消防式Moodle活用術」を読んだ。橋下知事と乙武さんの教育に関するツイートもからめて。の記事を読んでくれていて、「まさに言いたかったことが書かれていました!」とお褒めの言葉をいただきました。

ブログというメディアってすごいなと改めて感じた瞬間でした。

第36回 教育情報システム学会(JSiSE)全国大会でMoodleの運営事例を発表しました。

「文系大学におけるMoodleの学内普及過程」として、愛知大学様での運営事例を第36回 教育システム情報学会 全国大会で発表しました。

愛知大学様ではMoodleを一人でも多くのユーザーに使ってもらうことを目的として09年から活動を始めており、私もその運営のお手伝いをさせていただいております。

やってみて思うことは、どんなシステムでもサポートがないと使ってもらいにくいということです。マニュアルがあればいいと思われるかもしれませんが、些細なことでつまづいている時にタイムリーかつ気楽に問い合わせができる環境があるかないかで利用者のモチベーションが変わってきます。

ログインができない、マニュアルに書いてある通りにやったけどできない、こういったことがしたいけどどうしたらいいのか、こういった質問に対して可能な限り早く正確に答えることで安心して利用者も使えますし、サポート側もシステム的な問題が分かってきます。こうやってサポートしているうちに大学にあったMoodleのカスタマイズもわかってきますので、効率的でコストを抑えた運営をすることができます。

Moodleのサポートでお悩みの方に役立つ発表になったかどうかは分かりませんが、いくつか質問をいただいたので皆さん関心のあるところなのかなと思います。

詳細は別途まとめる予定ですので、まとまり次第ここでも紹介する予定です。

※バス停で会った広島市立大の学生さん!バスの案内と会場まで案内してくれてありがとう!

Moodle活用法-語学の授業に活かす-を読んだ

Moodle1.9系を使った授業設計と実際の授業についての方法が語学の授業をベースとして書かれています。インストールや管理の方法も書かれていますが、さほど深くは書かれていませんので、教員向けの本だと思います。

■基本的には機能の紹介

Moodleを使った授業をしようと思ったときに最も悩むのはMoodleの機能です。できることがありすぎて何やったらいいのかが分からなくなります。そうならないためにはMoodleを使うのではなくて、授業で解決したい悩みがMoodleで解決できるかどうか?という視点で見ないといけないのですが、実際にログインをするとそうも言っていられません。

そういったときにこの本に書かれているような流れで授業を設定して見たり、自分のスタイルに合った部分だけを抜き出してみると、スムーズにスタートできるのではないかと思います。ただし、既にMoodleが導入されている場合はカスタマイズされていてここに書かれている機能が使えない場合があるので注意が必要です。特にHot Potatoesやマルチメディアプラグインです。

■実際のところは本だけでは厳しい・・・

PCに慣れている教員なら何となると思いますが、そうではない教員の場合は読んだだけではなかなか難しいと思います。何人かの教員で集まって使い方を勉強したり、詳しい教員がサポートするなどの体制が必要ですので、運用と合わせた仕組み作りが必要です。

Moodleに限らずシステムを導入する場合は運用を前提で進めるのがいいですね。

中身の詳細は発行元サイトをご確認ください。

Moodle活用法

Moodle活用法―語学の授業に生かす
宮添 輝美
海文堂出版
売り上げランキング: 87387

Moodle紹介動画が分かりやすい!WordPress教育版といった感じかな?

Moodleの紹介動画(2.0版)の日本語版がありました。Moodleを説明するのはなかなか大変なのですが、こういった動画をセミナー開始前などに流しておけば効果的ですね。

インストールは簡単なので、教育機関の方や企業で教員担当の方はとりあえずインストールして、いじってみてください。いろんなアイデアが浮かんでくると思います。

7/6にチェックしたニュース、気になる記事など。新商品や新サービスを出す時に必要なことの記事がありました。出せばいいってものじゃないですよね。

新サービスや新商品を世に出す時に考えるべき12のポイント|WEB戦略戦術ラウンドナップ

新しい商品やサービスを思いついた時や、燃え上がって作っている最中は、どうしても、作っていることや思いついたことを大事にしてしまって、本来必要である客観的な観点がかけてしまうことが少なくありませんよね。

この記事によると大体10%が成功すれば良い方だそうです。

まさにその通りだと思います。冷静かつ客観的な視点で見ないといけないですよね。

オリジナル商品は売れなくて普通だと自覚する | 売れるネットショップの法則61 | Web担当者Forum

「売れなくて普通」この感覚は持っておきたいものです。

イベントはやりすぎると集中力が途切れる: 学生募集の宝箱

こちらも同じような記事です。やればいいってものではないですよね。

この投稿の続きを読む »