『森野コラム』カテゴリーの投稿一覧

Googlebotさんとは仲良くしたいですね。

Webサイトで何かしようと思うとこの人が来てくれないと何にも始まらないですよね。SEOだけかと思ったらAdWordsにもかかわってきますので。

自分では何もしていないつもりでもレンタルサーバなどが影響する場合もありますので、あまりにも安いサーバーを借りる時は注意したいところです。

ドメインとサーバーって何気なく決めて、何気なく借りてしまいがちなんですが、後々困ることもありますので詳しい人に確認しておきましょう。多少お金がかかったとしてもその影響を比べれば安いものですから。

Googlebotのご機嫌を損ねてないですか? | ウェブ担当者通信

世の中には考える力を奪うものがたくさんあります。考えなくていいことやるときはやる意味を考えないと危険。

テンプレートとかフォーマットで便利ですよね。その通りにやっていけばなんとなくできてしまいますから。業務も効率化できるし新人さんもあっという間に一人前になるので便利です。

しかし、こればかりになっちゃうと考える力が奪われていくように思います。何も考えずにそれにあてはめていけばいいんですからね。

これはとても危険。


テンプレ化された業務ほど常にやる意味を考えて日頃から改善する意識を持っていないといけないです。

この意識があればどんどん成長しますし、社内の効率もどんどん上がっていきます。


テンプレとかフォーマットは守るためにあるんじゃなくて変えるためにある。

この意識を持ってみてください。


セオリーは全ての場合に当てはまるわけじゃないから、たまには忘れることも大切 | ウェブ担当者通信

続けるには習慣化しないといけないけど、習慣化したら続かなくなる。

今月から森野コラムが月に1回となります | ウェブ担当者通信

毎週毎週同じようなオチで良ければ今のままで続いたのかも知れません。くどいと言われようが同じようなオチをあと3年ぐらい続ければ認知されるでしょうから、そこまで我慢する方法もあったけど私はダメでした。

自分にも読んでいる人にも何らかの新しいことがないと納得できないという感覚です。まあ、読んでいる人たちは知っていることも多かったかもしれませんけどね・・・。


と書いておきながらアレですが、これってウェブ担当者通信さんのメルマガの初期に戻っただけなんですよね。良くいえば原点回帰。昔は数行のコメントだけで、それがいつの間にかコラムになって・・・という流れ。

プロレスで例えるなら超世代軍が弱いながらもジャンボ鶴田に立ち向かって、四天王プロレスに進化して、ノアで爆発して、三沢と小橋のピークが終わるとともにしぼんでいった感じでしょうか。なんか違うか(笑)。


いずれにせよちょっと気分を変えてコラムを書いていこうと思ってます。


ブログ(というかアウトプット)を続けるにはこっそり始めることから

いきなり華やかなスタートってできませんので、水面下と言ってもいいほど地味なとこからスタートしましょう。誰も見ていないのなら自由ですよね。

とはいっても実名や会社のブログで書くとなると自由すぎてもいけないのである体の質はキープしないといけません。

そのためにも日頃から軽めの記事を書く習慣を身につけておきましょう。どうでもいいことを自分の個人ブログで書いおくと「書く」ことが苦になりませんので、仕事のブログも簡単に書けるはず。

そして、見られることを期待するようで期待しないことも大切。

お天道様は見ていますので、良い記事を書いていると良いことがあるはずです。

あなたが思うほどあなたは他人に気にされていませんのでご安心ください | ウェブ担当者通信

SSL対応ってやっぱり大変そうだ

SSLの証明書を取ってサーバー会社に連絡して完成!って人がたまにおりますが、見かけ上のことであって実際は404がでまくってたりIEでエラーまみれになったりと大変なことになっているだろうと思います。

簡単そうに見えることほど難しいわけで、ちゃんと調べてから対応しましょうね。

SEOに良いからという理由で決して動かないように。



SSLは使用上の注意をよく読み、用法・用量を守って正しくお使いください | ウェブ担当者通信

真面目に効率化に取り組むと、どんどん作業が遅くなるという謎。

効率化に取り組むと「やらなくていいこと」を見ずに、「早くやること」だけに目が行ってしまいます。だから根本的に解決しなくて、作業自体は早くなるけど増えていく一方なんですよね。

そもそもやるべきかやらざるべきかを常に頭の中に入れて効率化に取り組みましょう。

何もしなくてお金が入ってこればそれが一番の効率化なのですから。


臨機応変に清濁併せ呑む | ウェブ担当者通信

流れには逆らうんじゃなくて乗らないとダメ。どこから流れてくるのか知らないとダメ。

何をするにしても流れがあります。点ではなくて線。というかベクトルなので向きと大きさがあります。

これを意識せずに仕事をしてしまうので上手くいかなかったりストレスが溜まるわけです。

流れには逆らえないのでそこは流されていけばいいし、悪い流れには乗らないようにすればいいし、良い流れを作るようにすればいいです。


一番大切なのは良い流れを作ること。

良い流れ(環境)は自分で行動しないと与えられないので、悪い流れの中でぶつぶつ言うなら良い流れを自分で作るしかない。

これが分かるだけで毎日の行動がガラッと変わると思います。

自分は歴史という川の上流にいるのか下流にいるのかを意識してみる | ウェブ担当者通信

事例は聞きに行くものじゃなくて見つけるものだと思う。

事例が好きな人って多いですよね。セミナーをすると必ず事例が知りたかったというご意見が出てきますし。

事例ってそこの企業などの工夫された結果なのでそのまんま持ってきても役に立たないし、何だそんなもんかと思って軽視しているととっても考えられていたりすることがあります。

しかし、真っ白な状態ではどこで何をすれば分からないからヒントぐらいは欲しいわけです。

そんな時は外に出る。

これしかないです。

外に出ればこういったことに気づくはず。
OKBって日経金融機関ランキング調査で4位だったのか | ウェブ担当者通信


いつも見ているもの使っているものが良い事例なんですよね。

「気になるから買う」という理由があるからレビューって価値があるんだろうな。

TVショッピングの商品って気になりますよね。で、ネットで探したり実際に商品を見に行ったりして結局買わないことが多いですが(笑)。

高価格帯ならこうなって低価格帯ならこうはなりません。

売れる理由を考える暇があったら面白いものを作った方がいい | ウェブ担当者通信
で取り上げた蚊取りは私も買ってしまいそうですが、
とろ~りすぎる「バルミューダ ザ・トースター」の絶妙なチーズトーストを動画で見る (ITmedia LifeStyle) – Yahoo!ニュース
こっちはしばらく待ちかなと。

こうして気になる商品には気になる理由があるわけなので、売れる理由よりも気になる理由を考えてみてもいいですね。



人間の脳のデータ容量や分析力ってスゴイ。

人間の脳に記録されることって動画・音声・テキストなど様々なデータがあって、しかも24時間365日記録し続けているんだからとんでもない容量ですよね。しかもそこから適切なデータを組み合わせて新しいことを作り出したり、引っぱり出したりするんですから手が付けられない。

勘と経験と度胸って言いますが実はそれって最強なのではないかと。コンピュータには「度胸」なんてもんはないですから。

よくワカランデータをこねくり回して偉そうな理屈(言い訳)をするんだったら、度胸でやってしまった方がよっぽど結果が出るような気がしないでもない。

このへんが上手く融合しているのがスポーツなので、こんな記事を書いてみました。
佐藤寿人に学ぶ思考の整理学 | ウェブ担当者通信