『タグ設置』カテゴリーの投稿一覧

追記アリ【主に制作会社、代理店の方へ】Google アナリティクスで新規タグ発行時はできるだけ「標準のアナリティクス」を選択してください。

2013/06/14 公開
2014/02/21 追記
2014/08/20 追記

2014/08/20時点ではAdSense連携、ウェブテスト、リマーケティングが使えるようになっています。AdWords以外のリスティング広告のキーワードも取得できるようになっていますので、ユニバーサルアナリティクスに移行しても問題ありません。


現在、Google アナリティクスで新規にアカウントを作成したりプロパティを作成した時には「Universal Analytics」がデフォルトで選択されていますが、特別に使う理由がない限り「標準のアナリティクスを使用してください。ユニバーサルアナリティクスではAdSense連携、ウェブテスト、リマーケティングが使えなくなってしまいます。また、AdWords以外のリスティング広告のキーワードも取得できなくなっています。
Universal Analytics の使用ガイドライン – アナリティクス ヘルプ


■標準のアナリティクスはここ


新規にアカウントを作成したりプロパティを作成した時にはできるだけ赤枠の部分のタグを使用してください。非同期コードと言われるもので現状では一番情報が出回っていますし、私達も使い慣れているタグです。

■一度選択するとこの画面に戻れない!

どちらかを選択してしまうとこの画面に戻れなくなってしまいますので要注意です。
やっぱり非同期にしようと思ってもタグが出てきません。

恐ろしいです。
この投稿の続きを読む »

Google アナリティクスのタグ漏れをなんとかしてチェックする方法

Google アナリティクスを使う時の最大の敵は何と言ってもタグ漏れです。それ以外にもすぐに変わるとか、正しい情報が分からんとか、どこを見たらいいのか分からんとかありますが、タグが貼ってないと何もできませんからね。

そのタグ漏れをチェックする方法をいくつか。

■Analytics HelperもしくはGhosteryで確認

この二つはChrome、Firefoxの拡張機能でタグが入っているかどうかをページ単位で確認できます。

Analytics Helper
アドレスバーに「緑のAH」が表示されたらそのページにはタグが入っています。

Ghostery
こちらも同じような感じですがGoogle アナリティクス以外のタグもチェックできます。
Google アナリティクスのタグを外部化しているとチェックできないので注意です。

■Google アナリティクスのリアルタイム解析で

これは定番ですよね。
Google アナリティクスのリアルタイム検索に出てくるかどうかで判断します。
この場合の注意点をいくつか。

  • IPなどで自分のアクセスを除外していないか?
  • Chromeのオプトアウトアドオンを使っていないか?
  • プロファイルにかけたフィルタをチェックしていないか?
専門的にやっている人ほど上の二つに引っかかりやすいです。これに気付かないと相当焦ることになります。また、リアルタイム解析はフィルタに対応していないのでこっちも注意です。

■ローカルファイルをテキスト置換ツールでチェック

テキスト置換ツールによるアクセス解析タグの設置チェック方法 | The Office Ryusaido Blog
ここに書かれている方法を使うと簡単にチェックできますね。静的にサイトを作っている場合はこれ。

■ダウンロードツールとテキスト置換ツールでチェック

WordPressなどで作られたサイトはHTMLファイルがないのでダウンロードツールで無理矢理落としてからチェックします。

Website Explorer
こちらも有名なツールですよね。
これで自社サイトのデータをローカルに落として上記のテキスト置換ツールでチェックします。ページ数が多いとダウンロードに時間がかかりますがちゃんとチェックできます。データの取得が終わったらツール→フォルダダウンローで保存します。

SCRAPBOOK :: Firefox Extension
こちらはFirefoxのアドオンでこれを使ってもデータを落とせます。

■実際には全体→部分の流れで

まずはサイト全体のチェックをしてそこから変更した部分をブラウザの拡張機能でチェックするのが良いかと思います。ページ数が膨大になるとこの方法は使えませんので、その場合は重点的なコンテンツからチェックするといった流れになりますね。

■最終的には漏れてても気にしない

ここが重要。
データが100%取れているに越したことはないですが、なければないでなんとか判断していかないといけません。サンクスページのタグが落ちているのであれば実際に届いたメールの数で代用できますし、LPやキャンペーンページが落ちた場合は生ログでURLを検索していけばそれなりの数字を取ることができます(大規模サイトでは難しいかも知れませんが)。

タグ型の場合はタグ漏れがあることを想定して、その場合は最低限どこが分かっていればいいのか、それはどこを見るとわかるのか、を事前に把握しておかないといけないです。データがないからと言って何もしないのは単なる手抜きですよね。

やりたいことはデータの取得ではなくて、そこから先が目的だと頭では分かっていても実際はツール依存になりがちなので、ツールがないならどうするのか?を日頃から考えておくといいと思います。

Google AnalyticsのタグがはってあるかをチェックしてくれるSiteScan



2011/12/13現在、この記事のリンク先は閉鎖されています。
以下の記事はそれ以前に書かれたものですのでご注意ください。





Google Analyticsのように計測タグをはってアクセスデータを収集するもので一番恐ろしいのはタグのはり忘れなんですが、それをチェックしてくれるサイトがありました。→SiteScan

この投稿の続きを読む »