『ユニバーサルアナリティクス』カテゴリーの投稿一覧

【リスティング広告運用者の人へ】ユニバーサルアナリティクスに変えたら「ga(‘require’, ‘displayfeatures’);」をお忘れなく!

ユニバーサルアナリティクスが正式リリースになってからタグを貼り換えた人も多いと思いますし、知らないうちに貼り替わっていた人も多いと思います。そんな時に最も注意すべき人はウェブ担当者でもなくて解析担当者でもなくてリスティング広告運用者なのです。

タグが変わることによてGoogle アナリティクスのリマーケティングやウェブテストが使えなくなってしまう恐れがありますので、クライアントのサイトがユニバーサルアナリティクスに変わっていたら必ず確認しておきましょう。

■いわゆるdc.jsが「ga(‘require’, ‘displayfeatures’);」です

非同期タグの時は、~dc.jsというタグに変更しておけばリマーケティングなどが使えましたがユニバーサルアナリティクスの場合は「ga(‘require’, ‘displayfeatures’);」を追記しないといけません。

アナリティクス トラッキング コードを更新してディスプレイ広告に対応する – アナリティクス ヘjsルプ
display

■Googleタグマネージャーの場合は非同期と同じ

Googleタグマネージャーの場合は非同期タグの設定と同じで「ディスプレイ広告向け機能を有効にする」にチェックが入っていれば問題ありません。
GTM


かなりの確率で漏れていると思われますので、身に覚えのある人はソースのチェックをしておきましょう。

ユニバーサルアナリティクスについてのよくある質問をまとめました

ユニバーサルアナリティクスが正式にリリースされてからユニバーサルアナリティクスについて質問が増えてきましたので一通りまとめておきます。私自身も不明点が多いので、間違っている点や漏れがありましたらご指摘ください。また、ここに書いてあるもの以外でもご不明な点がありましたらご連絡ください。

※2014/04/28時点の内容です。

■いつの間に正式リリースになったの?

2014/04/03に正式リリースにリリースになりました。
アナリティクス 日本版 公式ブログ: ユニバーサル アナリティクスが正式リリースされました
何をもって正式なのかというと、

ユニバーサル アナリティクスをベータ版として発表した当初、多くのベータ利用者の方々から Google アナリティクスのすべての機能とツールをユニバーサル アナリティクスでも利用したいとのご要望をいただいてきました。 今回の正式リリースによって、リマーケティングやユーザー属性レポートなどを含む、すべての機能、レポートやツールがユニバーサル アナリティクスでご利用できるようになりました。

です。
一通りの機能が使えるようになったということですね。

■ユニバーサルアナリティクスのタグ(トラッキングコード)しか発行できないのですが?

はい、新規の場合はユニバーサルアナリティクスしか発行できなくなっています。
今までの非同期タグは発行できませんのでご注意ください。

■ユニバーサルアナリティクスのタグはどこにはるの?

ウェブ トラッキング コードを設定する – アナリティクス ヘルプ

トラッキングするすべてのウェブページに、コピーしたスニペットを貼り付けます(一切変更を加えず、スニペット全体をそのまま貼り付けます)。貼り付ける場所は、終了タグ /head の直前です。

ということで/headの上です。これは今まで通りですね。

■ユニバーサルアナリティクスのタグで問題ないの?

今までユニバーサルアナリティクスではできないことが多かったのでこの質問が多いのですが、単純にセッション数などを見る分には影響ないのでユニバーサルアナリティクスを導入しても問題ありません。ウェブテストもリマーケティングも可能です。というか他に選択肢がありません・・・。

■ユニバーサルアナリティクスの注意点は?

ユニバーサルアナリティクスって導入しても大丈夫なの? | ウェブ担当者通信
にもまとめましたが以下の3つ場合は注意してください。

  • Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチなどに出稿している
  • イベントやクロスドメインでonclickの記述をHTMLに書いている
  • 書き換えるファイル数が大量にある
リスティング広告に関わっている人は一番上の問題が大きいかと思います。ユニバーサルアナリティクスにしてしまうとutmパラメータをつけている場合はキーワードが全て(not set)になってしまいます。utm_termをつけてくださいというのがGoogleさんの方針らしいのですが、実際の検索クエリも取れませんし全てにつける手間を考えると現実的でありませんので諦めるしかありません・・・。utmパラメータをつけなければキーワードはわかりますが、今度はオーガニック検索と一緒になってしまいまうのでこれまた意味がありません。方策としてはYahoo!アクセス解析を使うかスポンサードサーチの管理画面の反映待ちとなりますが、かなりダメージであることには変わりはありません。

制作に関わる人は下の二つの影響が大きいでしょう。イベントトラッキングやクロスドメインなどに使っていたonclickの記述が変わってしまいますし、既存の非同期と入れ替える場合は貼り換えの工数がかかってしまいます。非同期タグでイベントトラッキングやクロスドメインを行っていた場合は、ユニバーサルアナリティクスの記述に書き換えるよりもGoogleタグマネージャーでデータを取得した方が楽ですが、現状ではGoogleタグマネージャーでも変更が入るためにしばらくは静観した方が良さそうです。

■ユニバーサルアナリティクス関連の参考サイトを教えてください


タグマネージャー関連。

Google アナリティクスのヘビーユーザーほどダメージが大きい今回のユニバーサルアナリティクスの正式リリースですが、無料で提供されていることやここまで高性能であることを考えると文句も言えないかな~と。Googleの検索結果だって無料だから勝手に変わるわけですしね。

そう思わないとやっていられない(笑)。

【追記あり】Googleタグマネージャーとユニバーサルアナリティクスでのクロスドメインの設定方法

面倒なクロスドメインもGoogleタグマネージャーとユニバーサルアナリティクスを使えばあっさり解決しますのでその設定方法を書いておきます。Googleタグマネージャーを使えばタグの貼り換えも最初だけですし、ユニバーサルアナリティクスならGoogleタグマネージャー上の設定も簡単です(非同期だとちょっと面倒です)。

2014/06/23 追記
参照元の除外を追記しました。

2014/04/16現在の設定です
いつどうなるかわかりませんので、この方法でできない場合はコメントなどいただければ確認してみます。

■スクリーンショットでご確認ください。

GTM_UA

■設定内容

・タグ名
任意のものを入れてください。
ユニバーサルアナリティクスなのでUAと入れるとトラッキングIDと混同するのでカタカナが無難です。

・トラッキングID
ユニバーサルアナリティクスになっているプロパティのIDを入れてください。

・ディスプレイ広告向け機能を有効にする
クロスドメインとは関係ないですがチェックを入れておくとオーディエンスやリマーケなどの機能が使えます。

・トラッキングタイプ
ページビューです。

・詳細設定、クロスドメイントラッキング
自動リンクドメインに計測するドメインをカンマ区切りで入力してリンカーを許可を「true」に。
ドメインは「A.com,B.com」のような感じです。「”」、「’」などは不要です。片方だけ入れても動作しないので注意してください。

・詳細設定、設定するフィールド
フィールド名:allowLinker、値:true
です。

・配信ルール
すべてのページです。
右上にあって忘れがちなのでご注意を。

■参照元の除外も忘れずに

参照元除外
ユニバーサルアナリティクスでクロスドメインをする際は参照元除外で自ドメインを除外しないといけません。また、複数のドメインを行き来する場合は全てのドメインを除外してください。カンマで区切っても個別に追加してもOKです。

■ユニバーサルアナリティクスへの移行は慎重に

ユニバーサルアナリティクスって導入しても大丈夫なの? | ウェブ担当者通信
にも書いていますがデメリットもありますので非同期と併用するなどした方がいいですね。これだけで賄おうとするとちょっと危険です。


Googleタグマネージャーと非同期の場合は時間のある時に書きます。


ユニバーサルアナリティクスでバーチャルページビューを設定する方法

ユニバーサルアナリティクス(Universal analytics)でのバーチャルページビューの設定方法です。同一URLで遷移するフォームなどで重宝するので覚えておきたい方法です。

■通常のタグはこんな感じ

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXXXXX-YY', 'example.com');
  ga('send', 'pageview');

</script>



■変更後はこう

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXXXXX-YY', 'example.com');
  ga('send', 'pageview', {'page': '/title1.html', 'title': 'タイトル1'});

</script>


pageviewの後にpageで指定したいURLを入れて、titleでページタイトルを入れます。ちなみにページタイトルは任意ですが入れておいた方が後から便利ですよね。

非同期では単純に/title1を入れれば良かったのですがちょっと変わっていますので注意が必要です。