運営堂ブログ

Google アナリティクスのgtag.jsでイベントトラッキングを設定する方法

Google アナリティクスのgtag.jsでイベントトラッキングを設定する方法

gtag.jsに変わってからイベントトラッキングなどの方法も変わってしまったので、メモ的に書いておきます。クリックイベントの時はこんな感じ。

<a href="https://www.yahoo.co.jp/" onclick="gtag('event', 'action_name', {'event_category': 'category_name', 'event_label': 'label_name', 'value': '0'});">Yahoo!へのリンク</a>

action_name、category_name、label_nameを任意のものに変えてください。半角英数字が良いですね。valueは整数しか入りません。

注意点としては、今までのようにカテゴリ・アクション・ラベルの順ではなくて、アクション・カテゴリ・ラベルの順であることです。

こうして書き換えるのが面倒なので、できる限りGoogle タグマネージャーでイベントトラッキングは対応しておきたいところですね。

ここからは詳しい人向け

イベントについてはanalytics.jsとちょっと考え方が変わっています。

Event tracking with gtag.js | Analytics for Web (gtag.js) | Google Developers
に書かれているように基本的なイベントトラッキングの記述はこうなっています。

gtag.jsでのイベントトラッキングの記述


今までのカテゴリ・アクション・ラベルではなくて、かなり自由度が高くなっています。また、event_nameによってデフォルトのカテゴリとラベルも決まっています。例えばevent_nameにloginと書くと、イベントカテゴリはengagementであり、イベントアクションはloginであり、イベントラベルは(not set)になります。以下の表をご覧ください。

デフォルトのイベント


ここは今までの設定に慣れていると理解しづらいので、別物になったと思わないといけないですね。将来的にはこのデータを使って・・・とも書かれているので、今のうちに細かく設定しておくと良さそうです。

Sending data to Google Analytics with gtag.js  |  Analytics for Web (gtag.js)  |  Google Developers
を読むとさらにややこしく・・・。

詳しい人が説明してくれるまで待ちましょう(笑)。

 

参考サイト
Web制作者がgtag.jsで知っておきたいGoogleアナリティクスの今