『つぶやき・・・』カテゴリーの投稿一覧

枕屋で枕の営業(枕営業ではない)をされて、失敗の必要性を感じた

ずっと使っている枕がぺったんこになったのでとある枕屋さんに行ったら、オーダーメイドの枕(25,000円!)を激しく売り込まれました。

結局、5,000円ぐらいの枕を買ったんですがその時に思ったことなど。

■体に合った枕が良いとわかっているが・・・

身長やら頭の高さなどを測ってもらって、ストレートネックなのでこんな枕にして、こんな感じで寝るといいよ~と言われて納得はしました。

なんせ、今までが安いぺったんこの枕だったので、そりゃ体に合ったものであれば随分と楽になるであろうことは想像に難くないです。仕事がら肩こりがひどいですし。

しかし、いきなり25,000円はちょっとハードルが高いのです。20年落ちの中古の軽自動車からベンツってのはちょっと無理があります。その前に、ヴィッツとかの普通車に慣れてから・・・と思うわけです。

良いものとわかっていても、あまりにも今とかけ離れたものは受け入れがたいというかイメージできないんですよね。

■ちょっと高いものを試してから・・・

良い枕がいらないわけではないので、今のよりちょっといいもので安めのものを買ってみて、それでも何ともならなかったときにオーダーメイド枕にしようと次に考えます。

最高の選択ではないけど今よりは良くなるし、最高の選択をしたつもりで失敗することが一番怖いですから。選択肢がなくなるし、なんといっても25,000円がもったいない。

安物買いの銭失い的な行動ではありますが、今のものよりちょっと高くてちょっと良いものであればそこで問題が解決すると考えちゃうんですよね。

経験をしたことがないものには「ひょっとして」という思いが必ず発生します。

ひょっとすると安くていいものがあるのでは・・・、ひょっとすると他の枕屋さんにいいものがあるのでは・・・、ひょっとするとストレッチを毎日やれば肩こりもなくなるのでは・・・、などなど。

この「ひょっとして」がなくなって、お金に余裕があれば最高の選択をしてみようとなるんでしょう。こうして失敗して、自分が解決したい問題の重要性と予算によって、ステップが上がっていくのかなと思います。

■失敗という経験がないと良い選択ができない

「わからない」ですから。

切迫したものがなく安易な選択肢があるうちはどうしても楽な方に流れてしまいます。しかし、安易な選択肢がなくなって切迫してくるとリスクを取ってでもなんとかしようとします。どうせそうなるとわかっていてもです。

こう考えると、いろんな経験をしておくと将来的に良い選択ができるようになるんじゃないかと思います。若いうちは苦労しろと言いますが、まさにその通り。


分からないのならわかるようにすることを考える。そこにどれだけの時間をお金を使ったかなんでしょうね。

スケジュールを管理するのが苦手な人ってこう言いませんか?

「予定が入りそうだから予定を入れることができない」
「そんな先の予定はわからない」
「もうちょっと日が近づいたら教えて」

予定が入りそうであれば他に空いている日を教えてくれればいいし、予定ってのは「予(あらかじめ)め定まったもの」なので先のことだし、日が近づいてきたら埋まってるってことになります。

もうちょっとだけスケジュール管理が上手くなるためのヒントというか、考えていることを。

■まずは予定を入れて動かさない

ここからだと思います。

床屋に行くとか誰かに合うとか遊びに行くとかでもいいです。タスクではなくて予定なので、1時間以上かかるものを入れておくと良いかと思います。こうして、まずは予定を入れて、入れたものは動かさずに他の予定を入れていく。こうすることで先が決まっていくので空いている日も決まってきますし、入らない予定もわかってきます。

ここで変更してしまうと自分の他の予定も、周りの人の予定にも影響が出てしまうので、変えるのはよほどのことがない限りダメです。

優先度を考えてコロコロ変えるんではなくて、先に入ったものは固定する。これだけで、スケジュール管理って楽になると思います。

■予定を入れすぎない

予定を入れることに慣れてくるとやらと埋めたくなりますが、1日の半分ぐらいが何かで埋まっていればいいかなと思います。

管理するのが面倒ですし、余白がないので急な変更や仕事に対応できなくなってしまいます。

管理しだすとスケジュールを作るのが目的になってきて、それを実行するのが億劫になってくるんですよね。試験前の勉強予定などが実行されないのはこういった理由が大きいかと思います。作った時にやり切った感が出ますしw

細かすぎる管理は管理を呼ぶので何の意味もないです。

■予定が埋まるようになってきてから管理術を

それでもどんどん埋まってくるようになったら、スケジュール管理の本などを読んでみると良いでしょう。余裕がある時は管理しなくてもどうにかなりますが、ガチガチになってくると管理手法を知らないと何ともならないです。

お金に余裕が出てこれば秘書代行などを頼むのもいいかもしれません(頼んだことはないですが)。



「こうなるかも」じゃなくて「こうする」と決めるだけでスケジュール管理って楽になると思います。

ちょっとした言葉一つで、常連になるんだな~と思った喫茶店での出来事

朝から喫茶店に行ってモーニングを食べながら仕事をすることが多いです。名古屋人だからというわけでもなく、地下鉄の中でニュースを読んでいると頭が疲れてくるので、気分転換を兼ねてスッキリさせるのが目的です。

で、喫茶店はその日の気分で決めるわけなんですが、しばらくご無沙汰していたお店がありまして、そこのおばちゃんにかけられた一言で常連になってしまいました。


その一言は「あら、久しぶり~」


たったそれだけです。

今までは注文と支払でしか会話をしたことがなかったんですが、この一言で自分のことを覚えてくれていたんだ~と感じたわけです。そうなると、あまり足が遠のくもよくないと思うし、自分のことを知ってくれている人がいれば行きやすくなるのが心情ってものです。


スタバなどでもこういったことはあると思うんですが、それとは違う。

スタバは接客感があるけど、おばちゃんは自然に口にしている。と言えばいいでしょうか。接客マニュアルだったり教育はできるけど、そこから先は個人の気持ちによるんでしょうね。

それでダメなら、自分の心掛けが悪いということなので、日ごろから善い行いをしましょうということで。


日々精進。

城好き、刀剣好き、歴史好きは徳川美術館の「天下人の城」展へ!

tenkabito 去る7/14(金)に「天下人の城」マスコミ・ブロガー向けの記者発表に参加してきました。マスコミでもブロガーでもないですがw

hara 学芸員の原さんから発表がありまして、その後、展示について簡単にお話を聞いてくるというイベント。

何故、お誘いいただいたかというと千田嘉博先生が特別登壇!第14回名古屋歴史ナイト・夏休み特別企画「天下人の城@徳川美術館ナイト」で10分ほどLTをするからですね。あまりにもガチなイベントでちょっと焦っておりますが・・・。

■「天下人の城」とは?

群雄割拠した戦国時代、諸豪族は、その勢力を保持するために城郭を築き、均衡を保ちつつ抗争を繰り返してきました。尾張国では、織田信長が天下統一を目指して勢力を拡大し本拠を清須から安土へ移す過程で、石垣を主体とし、「天守」という高層建築を擁する独特の城郭が生まれました。信長が安土城を建造して以降、築城技術は飛躍的に発展し、信長に続いて天下を統一した豊臣秀吉は、大坂城・伏見城・聚楽第をはじめとする空前の規模の巨大城郭を出現させました。築城技術の粋を結集し、城郭普請の到達点に位置づけられるのが、徳川家康によって築かれた名古屋城です。
 この展覧会では、織田信長の居城の変遷を軸に、秀吉・家康へと繋がる天下人の系譜をたどりながら、三人に関わる城や武将の遺品・史料の紹介を交えつつ、天下の名城として名高い名古屋城の歴史と構造と魅力に迫ります。特に名古屋城天守台を築いた秀吉恩顧の武将・加藤清正について、徳川美術館に遺されるゆかりの品々を通して、その生涯を垣間見ます。

徳川美術館より引用

歴史用語でいうところの織豊期のお城がメインになっている展示です。詳しくはこちらのリンク先をご覧ください。私がウダウダ書くよりもわかりやすいです。


■城好きには「鑑賞のしおり」と「天下人の城」の書籍が必須!

shiori
歴史REAL天下人の城 (洋泉社MOOK 歴史REAL)
洋泉社 (2017-07-12)
売り上げランキング: 4,445

です。
しおりは英語での説明もあるので外国人向け・・・ではなくて、英語の勉強になります。城のことについて書かれているので英語なのになぜか読もうと思う気がして、知らない単語も調べながら読んでしまいます。やはり、好きこそものの上手なれ。

ムック本はこの展示に合わせて作成された本ですので、行く前に読んでおくか言った後に復習として読むかです。事前知識があったほうが楽しめるので先に買うことをおススメします。

見ておきたいのは富永商太画伯の復元イラスト。大阪城よりも大きかった江戸城の天守など、その当時を思い起こさせるイラストが展示されています。図面などでは見たことがあっても復元イラストって少ないのでこちらは貴重ですよね。他にもたくさんありますので、この地域が好きな人は見ておくしかないですね。
天下人の城展に出てくるお城マップ

■刀剣好きには「義元左文字(宗三左文字)」と「鯰尾藤四郎」

宗三左文字(刀剣乱舞) (そうざさもんじ)とは【ピクシブ百科事典】
鯰尾藤四郎(刀剣乱舞) (なまずおとうしろう)とは【ピクシブ百科事典】
こちらですね。

刀剣乱舞は知らなくても信長の野望で宗三左文字を知っている人は多いでしょうし、小牧・長久手の戦いに詳しい人は鯰尾藤四郎をご存知かと思います。これら以外にもレアな刀剣が展示されておりますので、刀剣ファンにはたまらないものとなっております。
徳川美術館で開催される、天下人の城がすごい! | IDENTITY 名古屋

ちなみに、鯰尾藤四郎の前で原さんにちらっとお話を聞いてます。
namazu

■名古屋観光もかねて、観光ルートバス「メーグル」がおススメ

なごや観光ルートバスメーグル
1DAYなら500円で何度も乗れますのでかなり便利です。時刻表にあるように本数も多いですからね。

で、大人にはこのあたりに行ってみると良いですね。
名古屋 歴まちネット|文化のみち
名古屋人でも知らない人が多いですが白壁・主税・撞木エリアは川上貞奴邸などがあって、大正ロマンあふれるエリアとなっております。


夏休みに名古屋来ることがあればぜひとも徳川美術館に行ってみてください。徳川園でお茶を飲むのもなかなか趣があっていいですよ。


練習のための練習が意味がないのと同じように、メルマガを書くためにメルマガを書かない。

毎日メルマガを書くのって大変ですよね?どれぐらいの時間をかけているんですか?って頻繁に聞かれます。

回答は4年もやれば大変ではないし、書かないと落ち着かないぐらいで、時間は1時間ほど。です。

チェックするのは事務所に向かう途中の地下鉄の中がメインで、基本的に移動中にすることが多いです。feedlyとPocketがあればスマホの方がニュースは見やすいですからね。タイトルだけ見る記事が700件ぐらいで、SNSで流れてきたものなども含めて60記事ぐらいを飛ばし読みしてまとめます。そして、午前中のうちに20~30分ほどで書いてしまって完了です。

■メルマガを書く目的はこんなところ

  • 自分の仕事に役立ちそうな情報収集
  • 自分の趣味などに関連しそうなものの情報収集
  • お客さんに役立ちそうな情報の収集
  • 読んでくれている人がいるので役立つ情報を届けたい
  • 多少なりとも運営堂の認知度アップになれば
  • ニュースまとめ記事の元ネタ集め
メルマガを出すことはもちろん目的ではないです。そんなものを目的にしていたら続くわけがないですし。

これをやることで一気にいろんなことにちょっとずつ役立つようにしておけば、1時間で得られるものってとっても大きいですよね。効率的に仕事をしようと思えば、1つのタスクをこなすときにどれだけ複数のことに影響できるのか?ということを考えないといけないので、そう考え続けているとこうなってくるわけです。

体力をつけるためにジョギングするのもいいけど、日ごろから早足で歩きながらポッドキャストでも聞いていると効率が良いかもしれません。
食欲を満たすためにラーメンを食べるのもいいけど、ラーメンという話題で他の人と気軽に話し合えるようにしておくと知り合いも増えるかもしれません。

スポーツの練習もシーズン中は戦術とフィジカルを同時にまかなうようなメニューになっていることが多いですよね。


今持っているタスクで得られるものをラベル付けして、共通項でくくっておけばこんな発想になるかもです。

GAとプロレスと歴史。好きでやってればいろんな良いことがある。

6,7月でこの3つのイベントに登壇(?)します。

グーグルアナリティクスセミナー(初級編)
こちらは普通のGoogle アナリティクスセミナー。ここ最近大きく変わってきているので当日にどうなっているかかなり不安・・・。
Google アナリティクスに関してはで始めの頃から使っていますし、セミナーも5年以上前からやっているのでいわゆる本職でしょうか。

【金沢開催】GoogleAnalytics基礎知識セミナー(森野塾)×プロレス観戦懇親会 2017年6月25日(石川県) – こくちーずプロ(告知’sプロ)
こちらはGoogle アナリティクスやアクセス解析のセミナーの後に懇親会でプロレス観戦です。
プロレスに関しては小学生のころからTVで見て、会場に行ったのは大学生の頃なので25~35年の観戦歴があります。Google アナリティクスよりも圧倒的に長い。K-1だったり、IGF旗揚げ線(カート・アングルvsブロック・レスナーを見た)だったり、三沢-小橋のを見に何度も武道館に行ってます。

これを知った人が企画してくれて前回の鯖江、今回の金沢開催となっています。

くっつける必要もないんですが、GAを使っている人がプロレスを好きになってくれるかもしれませんし、プロレスが好きな人がGAに興味を持ってくえっるかもしれません。どこで何か起こるかわからないので、こうした企画って面白いと思います。

今後は「プロレスの正しい見方」とか「プロレスの試合を徹底的に解析する」といったセミナー(?)ができると良いなと思っておりますw

千田嘉博先生が特別登壇!第14回名古屋歴史ナイト・夏休み特別企画「天下人の城@徳川美術館ナイト」募集のお知らせ | カツイエ.com
こちらはガチガチの歴史イベント。すでに満席だそうですし、強者が多そうなのでGoogle アナリティクスセミナーよりも緊張しそう・・・。

【レポート】8人の猛者が地元を推す!歴史ナイト初の東西地元愛合戦 | カツイエ.com
このイベントに参加したということで、今回も参加となりました。
歴史に関しては信長の野望・三国志(吉川英治と光栄)がきっかけだったので中学生ぐらいからちまちまと本を読だりしています。30年ぐらいたってますね。
最近は地元の歴史ばかり追いかけていて図書館だったり資料館を回っております。


こうなると思ってやっていたものではないですが、自分の趣味がこうだよと話しているだけこうなってくるので人生は何が起こるかわからないです。これが目的ではなくて結果的にこうなっているからなんでしょうね。

メルマガ発行1000回で思うことにも書いたように何も求めてないから続いていて、何も求めていないからやってみようと思うんでしょう。ゴールにしていたらもっとガツガツ行っているはず。


こうなりたいと思うこととか、人生の目的が必要っていろんなところで語られていますが、そんなことを気にせずに自分な好きなことをやって、それをちまちまと発信(ブログ・SNS・飲み会など)していればどこかで日の目を見ることが来るかもしれません。元々期待しているものではないので日の目を見なくてもいいですし。


「楽しめることを楽しくやっているのが最高のマーケティング」なんじゃないかと思う今日この頃。

メルマガ発行1000回で思うこと

去る、4/19にメルマガの発行回数が1000回となりました。

お祝いのメールなどいただきありがとうございます!

その中でも一番の驚きがこちら。
1000
メルマガを784回続けていたらブログを1000回続けている人から反応があった
でご縁ができたECマーケティング人財育成の石田さんからのお花!

石田さんのブログは1300回を超えておりますが、こうして気にかけていただけるのはうれしい限りです。


1000回続いた理由

これは間違いなく「何も見返りを期待していないから」です。

誰かに見てほしいとか、仕事の依頼が来てほしいとか、名前を売りたいという気持ちが一切ないから続いたんだと思います。

いわゆる「費用対効果」的なことを考えてしまったら10回ぐらいで終わっていたはずです。あの手この手でタイトルや文章を変えたり、HTMLメールにしてみたり、開封率を取ったりだとか、そういったことを考えずに、自分のためにやっていたことをたまたまた公開していたのが良かったようです。

会社に属して会社から給料をもらっていたらこういったことはできないでしょうが、今の世の中あまりにも目先の効果ばかり追い求めているんじゃないかと思います。なが~い目で見て、結果的にうまくいけばいいじゃないかと。そして、そういった施策をたくさん走らせておけばちょっと先に楽になるはず。

「人事を尽くして天命を待つ」じゃないですが、まずは世の中の役に立つであろうことをして、それが評価されて自分がやったことが正解だったのかがわかる。

そんなものかと。


メルマガの読まれ方とか使われ方

読者の方からお聞きするんですがこれはなかなか面白いです。

  • 毎日全部読む
  • 要チェックの記事しか読まない
  • 運営堂よりひとこと、しか読まないorここから読む
  • 森野のコメントで読むかどうか決める
  • 掲載されているドメインで決める
  • お客様に情報提供する元ネタに使っている
  • 部署全体で義務化している
  • 記事が多すぎて挫折したけどたま~に見ている
  • 1週間分まとめて見る
などなど。

自分の知らないところでお役に立っているようですが、一番人気なのは「運営堂よりひとこと」(笑)。ここについてはメールで反応があったり、SNSでシェアされたりと、いわゆる「エンゲージメント率」が高い。

メルマガって掲載情報を気にしがちですが何気ない日常に人となりが現れるので、そういったところを見られているということですね。HTMLメルマガのクリック率とか見るよりはこっちに力を入れたほうが良いのは間違いない。


ということで、なんとか1000まで来ましたので、ゴルゴ13の連載が終わるまでは続けようと思います(笑)。

皆様、引き続きよろしくお願いいたします。

学生さんに授業でやりたいこと・やりたくないことを聞いて、テキストマイニングツールに入れたらなかなか面白い結果にw

ずっと続けている愛知大学さんの非常勤の授業(総合マルチメディア論)で、毎回初回の授業時にMoodleでアンケートを取っています。そのアンケートをテキストマイニングツールに入れてみたらなかなか面白い結果になったのでちょっとだけご紹介。

■使ったのはUser Localさんのツール

テキストマイニング 無料ツール by ユーザーローカル
無料なのにいろいろやってくれて便利なツールです。

■対象など

  • 経済学部の学生(男女)
  • 2~4年生以上
  • 35人ほど
  • 匿名
  • この授業でやってほしいこと、知りたいこと、などを書いてください。
  • この授業でやってほしくないこと、苦手なことなどを書いてください。
※上記以外にもいくつか聞いていますが選択なので割愛しています

■結果

この授業でやってほしいこと、知りたいこと、などを書いてください。

授業でやりたいこと 圧倒的に「動画編集」と「パワーポイント」で「見やすい」「役立つ」がその次ぐらいとなっています。
総合マルチメディア論という授業なので当然といえば当然ですが、趣味的な動画編集の要望と仕事で使うことが多いであろうパワーポイントが出てきたのは興味深いですね。

ゼミや就職活動でなどで使っているということもあるかもしれません。

この授業でやってほしいこと、知りたいこと、などを書いてください。

授業でやりたくないこと こちらは圧倒的に「タイピング」。
スマホに慣れていることもあってタイピングが苦手だという学生が多いようです。あとは「エクセル」「早い」「難しい」は避けてほしいとの要望。

「難しい」に関してはどうやって克服するかも授業で説明していこうかなと思っていますし、エクセルなども自然と使うようになる流れにしたいと思っています。家計簿とか作っても意味がないですが、使う目的がはっきりしていれば考えて使うようになるはずですから。


授業ではこのアンケート結果からどんな感じに進めるのかを考えて課題をやってもらい、さらにその課題のやりづらかった点を聞いたり、同じようなミスを修正していきながら徐々にレベルアップしてもらおうと思っています。ツールありきじゃなくて、働き出してからもそれ以外でも使える尽きるを身に着けてもらえればいいなと。


大学の先生たちって表やグラフにして統計的に分析したりすることが多いですが、こうして見た目にわかりやすい手法を使ってみてもいいですよね。


仕事の効率を上げる3つの方法(個人の感想です)

今となっては化石のようなタイトルですw

仕事の効率を上げる方法ってブログ記事もたくさんありますし本もたくさん出ていますが、個人的に効果のあった3つの方法を書いてみようかと。

■知らない人に教える、やってもらう

これはよくある方法ですね。

知らない人から素朴な質問が来ると「え?それって・・・」、と悩んでいるうちに不要かなと思うことがあるわけです。で、無くしてみると特に問題もない。

慣れ=麻痺(鈍化)、なので慣れてきたころに知らない人に教えたりするのは効果的です。部下でもいいですしセミナーでもいいですしこうしてブログに書いてもいいです。なんにせよ誰かに見られる前提でアウトプットするということがポイント。

■それをやらなかったらどうなるか?を考える

どんな効率化よりもやらないことが一番早いので、その仕事を0にできないか?やらなくてもいい方法はないか?を考えます。

効率化といって細かく見直しをしてちまちま改善するよりも圧倒的に早くなることがあります。

やる前提に立つとどうしてもその中身に目が行ってしまって、前工程や後工程が目に入らなくなります。前工程の負荷がなくてやってもらえることがあれば自分の仕事ってなくなりますよね。自分の仕事ではなくて全体の仕事の効率化ってやらない前提にしないと思いつきづらいです。

■仕事量を1.5~2倍に増やす

個人的に圧倒的に効果があったのはこれ。

仕事整理術とかスケジュール管理法とかを読んだところで、暇があるうちは余白があるのでそこにずれ込むだけです。ずれ込む余白がなくなった時にこれらのノウハウが役立つんですよね。

ちゃんと管理して整理しないと二度手間三度手間になりますのでそうならないように準備しますし、1発で終わるような仕事の流れを作るようになります。打ち合わせをする→決める、後から→今すぐ、悩む→判断するタイミングを決める、文句を言う→解決法を考える、など意識も変わります。ぐずぐずしている暇はないですから。

工数もそうですよね。決めてしまったらそれを縮める努力をしなくなるので、増やした仕事量を同じ工数かそれ以下でこなすことを考えないといけません。


体育会系のようなノリではありますが気になった人はお試しを。

なんとなく過ぎてしまった独立11年目

この時期になると毎年今までを振り返っておりますが、11年目はなんとなく過ぎてしまった感じです。手を抜いたというわけでもないのに、目の前のことをやり続けていてあっという間に終わってしまいました。

おかげさまで忙しい毎日を過ごしていますが、どこかで時間を取ってちょっと先やかなり先を考えていかないといけないなと・・・。

「安定」って言葉ほど怖いものはないです。

安定したと思った時点で衰退がはじまってますので。


今年は可能な限りAIというか便利なツールに分析などの作業を任せて、アクションの速度を上げていきたいなと思ってます。

データの整え方だったり、出てきたものに対しての判断だったり、人が時間をかけるべきところは何か?を考えながら試していこうかと。


そんなこんなで今年もよろしくお願いいたします。