Webマーケティング全般のメルマガを毎日発行しています。
書いてある内容はブログと同じですが見に行かなくても届くので便利かなと思います。

ご興味のある方はこちらからご登録ください。解除も簡単です。
【毎日堂】運営堂メルマガ登録フォーム

メインコンテンツのご案内

最近のブログ記事

仕事の効率を上げる3つの方法(個人の感想です)

今となっては化石のようなタイトルですw

仕事の効率を上げる方法ってブログ記事もたくさんありますし本もたくさん出ていますが、個人的に効果のあった3つの方法を書いてみようかと。

■知らない人に教える、やってもらう

これはよくある方法ですね。

知らない人から素朴な質問が来ると「え?それって・・・」、と悩んでいるうちに不要かなと思うことがあるわけです。で、無くしてみると特に問題もない。

慣れ=麻痺(鈍化)、なので慣れてきたころに知らない人に教えたりするのは効果的です。部下でもいいですしセミナーでもいいですしこうしてブログに書いてもいいです。なんにせよ誰かに見られる前提でアウトプットするということがポイント。

■それをやらなかったらどうなるか?を考える

どんな効率化よりもやらないことが一番早いので、その仕事を0にできないか?やらなくてもいい方法はないか?を考えます。

効率化といって細かく見直しをしてちまちま改善するよりも圧倒的に早くなることがあります。

やる前提に立つとどうしてもその中身に目が行ってしまって、前工程や後工程が目に入らなくなります。前工程の負荷がなくてやってもらえることがあれば自分の仕事ってなくなりますよね。自分の仕事ではなくて全体の仕事の効率化ってやらない前提にしないと思いつきづらいです。

■仕事量を1.5~2倍に増やす

個人的に圧倒的に効果があったのはこれ。

仕事整理術とかスケジュール管理法とかを読んだところで、暇があるうちは余白があるのでそこにずれ込むだけです。ずれ込む余白がなくなった時にこれらのノウハウが役立つんですよね。

ちゃんと管理して整理しないと二度手間三度手間になりますのでそうならないように準備しますし、1発で終わるような仕事の流れを作るようになります。打ち合わせをする→決める、後から→今すぐ、悩む→判断するタイミングを決める、文句を言う→解決法を考える、など意識も変わります。ぐずぐずしている暇はないですから。

工数もそうですよね。決めてしまったらそれを縮める努力をしなくなるので、増やした仕事量を同じ工数かそれ以下でこなすことを考えないといけません。


体育会系のようなノリではありますが気になった人はお試しを。

なんとなく過ぎてしまった独立11年目

この時期になると毎年今までを振り返っておりますが、11年目はなんとなく過ぎてしまった感じです。手を抜いたというわけでもないのに、目の前のことをやり続けていてあっという間に終わってしまいました。

おかげさまで忙しい毎日を過ごしていますが、どこかで時間を取ってちょっと先やかなり先を考えていかないといけないなと・・・。

「安定」って言葉ほど怖いものはないです。

安定したと思った時点で衰退がはじまってますので。


今年は可能な限りAIというか便利なツールに分析などの作業を任せて、アクションの速度を上げていきたいなと思ってます。

データの整え方だったり、出てきたものに対しての判断だったり、人が時間をかけるべきところは何か?を考えながら試していこうかと。


そんなこんなで今年もよろしくお願いいたします。

Google オプティマイズを使ってGoogle アナリティクスのウェブテストっぽいことをやってみる

Google オプティマイズの無償版の提供が開始されてしばらく経ちました。Google アナリティクスにもテスト(旧ウェブテスト)がありますが、オプティマイズはテスト専用ツールなのでこちらを使ってテストをしてみようと思います。

やりたいことは「2つの異なるURLを均等に表示してどちらのページがコンバージョンに貢献するか」ということです。

Google オプティマイズの無償版についてはこちらの記事をご覧ください。
Google オプティマイズの無償版が発表されました│株式会社イー・エージェンシー

■GA、GTM、GOの3つのツールを使います

テストをするにはGoogle アナリティクス(GA)、Google タグマネージャー(GTM)、Google オプティマイズ(GO)の3つのツールを使う必要があります。ですので、1つのGoogleアカウントにこれらのツールの管理権限を持たせることが必要です。この時点でハードルが高い場合もあるかもしれないですね。

事前にやっておきたいことを書いておきます。

・Google アナリティクス
ユニバーサルアナリティクスを使っていて、1つ以上の目標が設定されていること

・Google タグマネージャー
新しいタグでhead内の上の方にタグ(コンテナスニペット)があること
こちらの記事を参照ください。
【注意!】Googleタグマネージャーのコンテナスニペット(タグ)の設置方法が変わりました。 | 運営堂

・Google オプティマイズ
特になし

■Google オプティマイズの設定

ログインまでのプロセスは割愛します。

Google アナリティクスと連携
右側にある「Link to Google Analytics」からGoogle アナリティクスと連携します。出てこない場合は「i」のアイコンをクリックしてください。
Link to Google Analytics

ログインしているGoogleアカウントに紐づいているものが出てきますので、上に書いてあるように管理権は先に付与しておいてください。

CREATE EXPERIMENTを選択
CREATE EXPERIMENT

テスト名・オリジナルページを入力してRedirect testを選択
Create experiment_2

NEW VARIANTを選択してテストページを設定
NEW VARIANT
Add variant

Primary objectiveから目標を選択
Primary objective

こんな画面になれば完了
GO設定


続いてGoogle タグマネージャーの設定に移りますが、その前にオプティマイズのコンテナIDを取得します。
ここからです。
Optimize snippet
Optimize ID

「GTM-○○」がコンテナIDなのでこれをどこかにメモ。
Google タグマネージャーのコンテナIDもGTMから始まるので関連性があるように思えますが、全く関係ないです。ややこしい。


■Google タグマネージャーの設定

すべてのページにGoogle タグマネージャータグが入っていることが多いと思いますので、テスト対象ページだけにタグを配信するようにします。その時のページのURLに応じて変更してください。
例としてはこんな感じです。
トリガー

タグも設定
タグ

プレビューモードで対象のページのコンテナが配信されていること、対象外のページに配信されていないこと、を確認後に公開。


■Google オプティマイズに戻ってテスト開始

START EXPERIMENTをクリックして開始。
START

オリジナルページにアクセスして「?utm_expid」といったパラメータがついていればテストは正常に動作しています。

結果はこちらから確認を。
オプティマイズのREPORTINGか右側のGoogle アナリティクスへのリンクです。
report


テストをやめる時はEND EXPERIMENTから
END


途中の説明を端折っている部分がありますので、細かい部分は以下のサイトをご覧ください。
速報!Google Optimize(グーグル・オプティマイズ)使用感レポート | 株式会社プリンシプル
Googleオプティマイズを使えたのでざっくり解説!時代はGGOP
「Google Optimize (BETA)」で無料かつ楽にA/Bテストを設定しよう (準備編) | Googleアナリティクスを一から学べる情報サイト|アナリティクスガイド


Google タグマネージャーを導入していると任意のページですぐにテストができるので便利ですよね。テストコードを入れるのが面倒だった人はこの方法でテストをしてみてください。


4/2(日) 鯖江 おそらく日本初!懇親会がプロレス観戦のセミナー!「新UI対応!Google アナリティクスの基本的な操作とWebサイト改善の基礎知識」

お前のサイトはそれでいいのか!
新UI対応!Google アナリティクスの基本的な操作とWebサイト改善の基礎知識

4/2(日)におそらく日本初であろう、懇親会がプロレス観戦(ドラゴンゲート)のGoogle アナリティクスセミナーを行います!

Google アナリティクスセミナーはいたってまじめでこんな内容です。
■概要

Google アナリティクスは無料なのに高機能すぎるのがネックですが、基本的なことさえ覚えてしまえば見るべきところはそんなに多くありません。新UIになったGoogle アナリティクスの基本的な操作方法・設定・用語について説明をし、Webサイト改善時に見るべきポイントも簡単なワークをしながらお話しします。


■対象

  • 自分が管理しているWebサイトを持っている人
  • ログインできるGoogle アナリティクスがあること

■持ち物
パソコン(WIFIと電源は用意します)

■参加費(当日集金します)

  • セミナーのみの参加の方 5,000円
  • プロレス観戦懇親会も参加の方 プロレスチケット代 + 4,000円
※参考 特別リングサイト席 7,560円・指定席A 5,400円
※ドラゴンゲート福井大会は産業会館にて 16時開場 17時スタート
※プロレスのチケット手配もこちらで行います。
(プロレス観戦後にプロレス打上げも予定しています。割り勘の実費です)

■定員
20名(セミナーです)

新UIになったGoogle アナリティクスの勉強をしたい人も、ドラゴンゲートのYAMATO選手などに会いたい人も、是非ご参加ください!


なんとなく思っていること。Google アナリティクスとTableauとAIアナリストをどうするか。

なんとなく自分が思っていることをうだうだと書いてみます。

昔というか今もやっていることですが、Google アナリティクスを見てカスタムレポートやセグメントやらを設定して改善点を見つけてレポートにして提案するという作業がとっても煩わしいというか、スピード感がないように思っています。

設定に関しては肝の部分なので必須。ここに時間をかけるのは何の問題もないです。

問題はその先。

ここが気になるな~と思ったことを掘り下げていくときに、Google アナリティクスではどうしても遅い。思ったデータを見るのにいちいちセグメントしたりしていると動いていた頭が止まってしまうし、数が多くなると設定が面倒だし、その設定も毎回使うかといわれるとそうでもない。これがものすごくストレス。

Google アナリティクスはデータを取ってトレンド見るというか定点観測をするためのツールで、問題を発見して掘り下げていくのには向いてない。なので、定点観測用の比較的安価なレポート作成ツールがあると助かるわけです。

掘り下げるにはTableauが良いよねって思うわけです。問題と改善点の発見が早くなりますので。それを見つけるにはTableauを使い慣れないといけないわけで、時間をかければ解決することです。

この次には提案というか誰かに伝える作業が発生しますがその場合にTableauは向いていない。あくまで数字を使いやすくして、見やすくするツールなので。

そうなるとAIアナリストのように提案までしてくれるものが欲しくなる。文章で説明してくれますからね。

提案されたときに慣れるまではAIがどう考えているかを知りたくなるので、確認するにはGoogle アナリティクスよりもTableauがあると早いかもしれないし、そもそものGoogle アナリティクスの設定も直さないといけないかもしれない。


で、何を思っているかというとTableauの部分をすっ飛ばしてAIアナリストだけに依存できないか?ということです。

中途半端にGoogle アナリティクスが使えたりするので、どうしてもAIが出した答えの根拠が知りたくなるんですが、そもそもそんなこと知らんでもいいのでは?って思うんです。

これって二つの考えがあって1つ目は、AIを使う時代においては当たり前なことで、人間が考えているよりもすごいことを見つけてくれているんだから、根拠なんてどうでもいいと思う考え。2つ目はAIとうまく付き合うためにAIを理解するという観点からTableauを使うという考え。

人間なら相手の考えを理解しないとイカンけどAIの理解って必要なんでしょうかね?
理解の速度よりも早く進化しちゃったら不要では?
AIにもっとうまく動いてほしいから伝えるべきことを人間が見つけてあげる?

などなど。

Webサイトの改善を人間がちまちまやっているのは、とっても非効率だというこということがわかっていても、小規模のサイトでデータが少ないところでは人がやるしかないようにも思う。


時間がたてば答えが出ていると思いますが、AIが出始めの今ではもやもやというかなんというか、いろんなことを考えるわけです。


※TableauとAIアナリストに関しては自分が使ってみて良さそうだったので書いただけで、書いてくれといわているわけではないです。他に良いツールがあるかもしれません。