Webマーケティング全般のメルマガを毎日発行しています。
書いてある内容はブログと同じですが見に行かなくても届くので便利かなと思います。

ご興味のある方はこちらからご登録ください。解除も簡単です。
【毎日堂】運営堂メルマガ登録フォーム

メインコンテンツのご案内

最近のブログ記事

距離や場所じゃなくて最終的にはできるようになりたいという気持ちと行動力なのかなと。

毎週のウェブ担当者通信のコラムでこんな記事を書きました。
東京を羨むのなら東京に行けばいいだろ。 | ウェブ担当者通信

東京に行かない人の文句を言っているわけじゃなくて、頑張れる場所ってどこにでもあるんだからまずはそこで頑張らないと。って内容のつもりですが太字の部分がインパクトがあったようです。まあ、実際はいけば分かることもありますしね。


で、この記事に対しての記事を田中さんが書いてくれました。
東京を羨むのなら東京から呼んでもいいよね。|Hiroki Tanaka|note

それなら東京から呼んじゃえばイイじゃん
そんなことをしてくれる人いるの?って思われがちですが、結構受けてくれたりします。僕のまわりにもお呼ばれして日本各地でセミナーされている方は何人もいます。

ダメ元で「こっち(地方)でセミナーをやってくれませんか?」って聞いてみたらイイんじゃない?

私もそう思います。というか東京に行くよりもこっちの方が安くなりますし、自分の知りたいことをセミナーの内容として依頼できますし、時間も長めになるので良いことしかないんですよね。

過去にこんなのをやってました。
ガチ勉 | 運営堂

Webサイト運営などをテーマにした勉強会です。知る、分かる、ではなくて「できるようになる」ことを目的としています。
各分野の専門家をお招きして勉強会を行ったり、テーマを決めてのディスカッションなど、参加者同士の意見交換をベースに進めていきます。
密度の濃い内容で行いたいので少人数で行います。

自分の知りたいことややりたいことを半日かけて勉強するという内容です。しかも、終わった後に懇親会があるので実質は丸1日ぐらいは講師の方とお話をする時間があります。これを地方の人間が東京でやろうと思うといくらかかるのかわかりませんし、そもそも無理な感じがします・・・。

でも10回でやめてしまいました。

開催する準備の時間が取れなくなってきたこともありますが、やる気がなくなってしまったことが一番の原因です。

名古屋に限らず地方って「いいセミナーって東京ばかりですよね~、名古屋では開催されないですよね~」とか「名古屋で開催されれば必ず行くんですけどね~」って話は頻繁に聞くと思います。実際に私にも「アクセス解析の勉強会をしてほしい」などの話がありました。

それを真に受けて勉強会を企画すると、忙しい・高い、の理由で来ない人が多かったんですよね。

東京に行かなくていいのだから多少セミナー代が高くても良いのでは?って思うし、たっぷり話を聞けるのでメリットもあるのでは?と思ったんですがそうではないんですね。それは私が勝手に思っていただけのことで他の人はそうじゃないということ。ここに気づいていなかった。

※参加されなかった人のことをあれこれ言うつもりはありません。ここに関しては人徳のなさ、人付き合いの悪さ、企画力のなさといったあたりが原因だと思ってます。セミナーを主催すると自分の人間力のなさがよ~く分かります(苦笑)。

※※今はネットでも勉強できる場があるのでこういったことも少ないのかなと思います。


いろいろやって思うのはコレ、田中さんが書いてくれています。

結局は本気度と行動力
ビジネスだろうが情報格差だろうが、結局はその人がどこまで本気なのかなという部分だと思います。本気なら行動もついてくるでしょうし。

熱もなく行動もせずに嘆くだけは自分で機会損失を生んでるだけ。それは同情できない。やらない理由を作っちゃうみたいな。それはすごくもったいないことだよね。

距離や場所じゃなくて最終的にはできるようになりたいという気持ちと行動力なのかな~と。

何かにチャレンジしていると知らないうちに誰かが応援してくれているんですよね。どこかで見てくれていたり、気にしてくれていたり。その時は上手くいかなくても長い目で見ればプラスにしかならない。

くどいようですがこう思います。

頑張りたいのにその場がない、ってことにはなりたくないですよね。

今、目の前にあることに一生懸命になりましょう。

まあいいかと思っても10回に1回ぐらいは頑張ってみて、それを8回に1回にして、5回に1回にして・・・。

できることから少しずつ。



社会に出て役立つパソコンの知識ってどういったものだろうか?

大学の授業で初回にアンケートを取ってどんなことを学びたいですか?と聞くと多いのがこの回答。

「社会に出て役立つパソコンの知識」

です。

パソコンの授業でワードやエクセルの操作は習ったけど・・・、とか働き出すとパソコンが使えないといけないので・・・、というのが主な理由。

2年前にこんな記事を書きましたがスマホばかり使っているのでどんどんPCが使えなくなっているんですよね。
PCがあってもスマホで検索する人たち

学生さんたちは社会に出るための準備として真面目にパソコンの勉強をしようとしているけど、教える側は何を教えればいいのかと悩むわけです。日常的に使っているので何が知りたいのかが分からないからです。日本語を教えてくれと言われても難しいのと同じ。

で、授業でやっているのはこんな内容

■「アンケート結果からわかる受講生の傾向」をワード形式で報告してもらう

上に書いた初回のアンケート結果ですね。
学びたいこと以外にも受講動機や利用デバイスなどを聞いていますので報告する内容は盛りだくさん。

ここではワードで報告書を作る際の基本的な形式と見やすさと文章の内容を見ます。タイトルがないとか日付がないとか設問が書かれていないなどの基本的な部分。強調したい部分に太字や下線があるか、見出しは文字サイスが大きくなっているか、などの見やすさの部分。書いていることが感想になっていないか、見ればわかることだけを書いていないかなどの内容の部分です。

始めてこういったことをする時って基本的な形式に気づかずに内容を気にしがちですが、まずは読む人が読みやすいように書かれていることが大切ですよね。何十枚とレポートを読む立場になると見づらいというだけで減点したくなりますので(笑)。また、働き出しても意味が分からないものは読んでもらえないこともあります。

提出してもらったものを実際にいつくかを修正したり、良いものを説明してもう1回作成してもらうとなかなかそれらしいものができるようになります。

■同じ内容でパワーポイントのスライドを作ってもらう

全く同じ内容でワードではなくてパワーポイントでスライドを作ってもらいます。

これをやってもらうと最初はそのまんまコピペされたものがほとんどなんですが、パワーポイントの場合は読んでもらうものではなくて見てもらうこと場合が多いので、見てもらうことを意識しましょうと話します。元の文章は同じで見せ方が変わる時にどうするのか?を知ってほしいことと、基本的な文章がしっかり書けていればワードでもパワーポイントでも見せ方だけを変えれば問題ないことを知ってもらうためです。

PCスキルを身につけるのではなくて言いたいことを表現するための手段を学ぶことが社会に出て役立つパソコンの知識だと思いますので。

こちらもまずは作ってもらってできなかったことを挙げてもらって次回の授業で説明。操作は動画にして残しておきますので何度でも見ることができます。

パワーポイントの使い方をダラッと教えるよりは分からないことを解消してから、基本的な操作法の重要性に気づいてもらうと学習しやすいですよね。

で、いきなり見やすいものを作れと言っても難しいのでSlideShareで探す方法や活用事例を話すわけです。ちなみにパワーポイント活用事例で見てもらったのはコレ。プレゼンの内容といいスライドの内容といいとっても分かりやすいですよね。さすが社会人兼レスラー。


■相互評価&自分との差を知ってもらう

別の課題でパワーポイントのスライドを作ってもらいます。

その後、相互評価をして、良いと思った理由・もっと良くするために工夫する点・真似したい点、を書いてもらいます。他の人のやっていることを上手に真似ることと評論家にならないようにするためです。自分だけの経験ではなくて他人の経験も真似することで得られますし、自分だったらどうするのか?を考えてもらうと評論家にはならないですし良い意見が言えるようになりますので。

それだけでは終わらずに、課題として良いと思ったスライドと自分のスライド差・良いスライドを作った人と自分との差・その差を縮めるために何をするのか、を考えてもらいます。良いものを作るまでの距離と行き方を考えてもらうわけです。

そして、次の課題で差を縮めるためにやることをやったのか?できたのか?を確認します。言うだけなら誰でもできますが実行するのが難しいですからね。

こうすることでPDCAを自然と意識しながらPCのスキルが身につくかなと。

■考え方が分かれば急激に伸びる

半年の授業の前半でこういったことをやって、後半は制作をメインにしていくとこちらが想像もしなかった作品が出てくることがあります。

聞いてみると自分で作ってから家族や友達に見てもらって何度も修正したとか、○○というサイトで画像の作り方を勉強したとか、こちらが何もしなくても勝手に進んでいることが多いです。考え方が分かった時の学生(というか若い人)の速度ってものすごく早いです。こちらがやることは疑問点の解消だったり、より良くするためにちょっとアドバイスするぐらい。やっている人って疑問点が具体的なのでこちらも対応しやすいのがいいところです。


こうしてPC操作だけをできるだけ教えずに「社会に出て役立つパソコンの知識」を身につけてもらおうとしております。

毎週学生の反応が予想できないので準備が大変ではありますが(苦笑)。

集中力は高め方よりも切り方を意識している

マインドフルネスって言葉はちょっと前からよく聞くようになりましたよね。日本語で言うところの「瞑想」に近い言葉です。

仕事をしていると集中力が切れてなんとなくパソコンの前に座っていたり、打ち合わせ風の雑談をしたりしちゃいます。その後に集中力を高めようとするととっても辛くて、高まらないけど高めないといけない、って状態になったりします。「やらなきゃ」という気持ちが強くなってしまうからです。

で、瞑想っぽいことにちょっとだけチャレンジしたことがあったんですが、なんかうまくいきませんでした。できるまでやれないのがいけないんだろうけど、なんか違う気がしまして・・・。


今では意識して集中力を切るようにしています。瞑想とかじゃなくて頭を他の事に向けるというか頭を使わなくするイメージです。集中しようと思うとダラダラ続くといや~な消耗をするのでそこをスパッと切ってしまいたいからです。

これを意識するようになってから集中力がもつというか1日を通して集中している時間が増えたように思います。

こういったのを含めて瞑想かなとも思いつつ、自分の意識では「切る」ことで上手くいったのでそれでいいなと。


ちなみに切り方は移動するとか、寝るとか、手ぶら散歩するとか、遊ぶとかなのでたいしたことはやってませんが(笑)。


自分が能力を発揮するには物理的な環境だけでなく、頭の環境も影響するのでこういったことも考えながら仕事をしています。


ここ最近読んだ本(7冊)の感想など

今回はWebマーケ関連の本はありません。偏ってます(笑)。

シャーロック・ホームズの思考術

シャーロック・ホームズの思考術 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
マリア・コニコヴァ
早川書房
売り上げランキング: 2,848
推理小説ではないです。脳科学の本と言っていいでしょう。内容も軽めではないのでお気軽に読める感じではありません。シャーロック・ホームズが好きでない限りは他の脳科学の本を読んだ方が良いかも。

情報の強者 (新潮新書)

情報の強者 (新潮新書)
伊藤 洋一
新潮社
売り上げランキング: 6,683
情報収集に困っている人には是非とも読んでほしい本です。私もここに書かれていることと近いことをやっていたのでちょっと安心しました。「毎年恒例のニュースはすぐ捨てよう」「快楽情報に溺れるな」など、やった方が良さそうなことが理屈で書かれているので納得です。

人生生涯小僧のこころ

人生生涯小僧のこころ
塩沼 亮潤
致知出版社
売り上げランキング: 3,729
千日回峰行や断食、断水、不眠、不臥を9日間続ける四無行も成就した塩沼亮潤さんの本。日頃のだらけた自分がシャキッとするので心の洗濯ができました。気分転換に旅行などいけない時は読んでみると良いかも。

[新訳]兵法家伝書

[新訳]兵法家伝書
[新訳]兵法家伝書
posted with amazlet at 16.05.12
柳生 宗矩
PHP研究所
売り上げランキング: 349,378
三代将軍家光の将軍家兵法師範であった柳生宗矩が書いたもの。心の持ち方が書かれています。平常心と簡単に言うけどなかなか難しい。自分の力を100%出すためにどうするかを考える時に読んでみる本。

聞く力―心をひらく35のヒント

聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)
阿川 佐和子
文藝春秋
売り上げランキング: 3,520
新幹線の中でニコニコしながら読んでしまいました。阿川さんの文章はとっても読みやすいですし面白いのに役立つことが盛りだくさん。コンテンツ作りで悩んでいる人はこれを読んで社内の人に話を聞くと良いかも。さらっと読める良い本です。おススメ!

「リアル不動心」 メンタルトレーニング

「リアル不動心」 メンタルトレーニング (講談社+α新書)
佐山 聡
講談社
売り上げランキング: 121,488
佐山聡を師事する人には良いかも知れませんが、そうでない人にはちょっと辛いかも。タイガーマスクのファンだった人にも辛いかも。

サウスポー魂

サウスポー魂
サウスポー魂
posted with amazlet at 16.05.12
川上 健一
PHP研究所
売り上げランキング: 1,072,047
阪神や広島で活躍した江夏豊さんの本。ダルビッシュとか大谷とかすごいって言われているけど、どう考えても江夏の方がスゴイと思わせる内容。もちろん時代は違うんですがねぇ。シーズン401奪三振とかオールスターで9人連続三振なんて破られることのない記録でしょう。江夏の21球はこれも読んで書かれたのかな~って思う。江夏のコメントが全く一緒の部分がありましたので。




こんな本ばかり読んでいるが、自分の仕事は何だったのか。

自分で疑問に思うけど、まあいいか。

ここ最近読んだ本(7冊)の感想など

今回も仕事に関係ありそうななさそうな本の感想を。

その幸運は偶然ではないんです!

その幸運は偶然ではないんです!
J.D.クランボルツ A.S.レヴィン
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 12,175
これは面白かったです!
良いことがあるのはその人が行動したからということですね。行動したからといってよい結果になるとは限りませんが、何もしないと何も変わりません。どこに進もうか悩んでいる人にはおススメの1冊。

今すぐ使えるかんたん Google アナリティクス [ユニバーサル アナリティクス対応版]

今すぐ使えるかんたん Google アナリティクス [ユニバーサル アナリティクス対応版]
株式会社プラグマティック・テクノロジーズ
技術評論社
売り上げランキング: 68,544
Google アナリティクス初心者の人におススメの本です。内容は古くなった部分もありますが最新に近いですからね。クロスドメインなどの難しい部分もサラッと書いてありますので、こういったことができる・必要、というのを知るには良さそう。入門編。

上手な教え方の教科書 ~ 入門インストラクショナルデザイン

上手な教え方の教科書 ~ 入門インストラクショナルデザイン
向後 千春
技術評論社
売り上げランキング: 31,037
部下がいる人、セミナー講師などをしている人には読んでほしい本です。
私の場合は知らず知らずのうちに実践していたこともあり、体系的にまとまっていたのでとてもスッキリしました。やっていることはマーケティングと同じなので、教育と思わずに読んでみると読みやすいと思います。教え方が分かると何かと楽になりますし。

企画からプロモーション、分析、マネタイズまで 事例に学ぶスマホアプリマーケティングの鉄則87

企画からプロモーション、分析、マネタイズまで 事例に学ぶスマホアプリマーケティングの鉄則87
エキサイト株式会社 池村修
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-01-22)
売り上げランキング: 30,464
Webサイトの企画~運用までがアプリに変わった感じでした。概要は分かりやすくても実際にやってみると悩むんだろうな・・・。特別なことはほとんどないことを知って安心しました。

エディー・ウォーズ (Sports graphic Number books)

エディー・ウォーズ (Sports graphic Number books)
生島 淳
文藝春秋
売り上げランキング: 646
どこかでエディー本の最高峰って書いてあったので、またまた読んでしまいました。
新しく知ったのはメンタルコーチの荒木香織さんの存在の大きさ。この人がいなかったら空中分解していたんだろうな~って思います。また、最後は選手たちがエディーさんを超えたようにも読めたので、そこに持って行ったエディーさんはやっぱりすごい。真似ができる部分とそうでない部分がありますが、「入門インストラクショナルデザイン」と合わせて読みたいです。

静学スタイル 独創力を引き出す情熱的指導術

静学スタイル 独創力を引き出す情熱的指導術
井田勝通
カンゼン (2015-12-09)
売り上げランキング: 14,808
こちらは独特の指導法のお話し。
上っ面だけを見ると古いスタイルの指導者のように思えますが、根底にあるものはやっぱり共通。それがあった前提で自分の考え方や性格に合った指導法を見つけていかないとイカンな~と一人で納得。

みをつくし料理帖(全巻)

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
高田 郁
角川春樹事務所
売り上げランキング: 7,288
TV化されていますのでご存知の人も多いかと。
個人的にはプロフェッショナルとかプロ論とかと同じような本だと思いました。自分が何をしたいのかを見つけて進んでいく、それだけなんですがそう簡単じゃないですよね。本の中のことだと思っていても実際にこの手のことは起こるよな~と一人で納得。雲外蒼天だ。


自分がやっていることと違うジャンルの本を読んだ方が気づきが多いので、皆さんも「読書」を楽しんではいかがでしょうか?