Webマーケティング全般のメルマガを毎日発行しています。
書いてある内容はブログと同じですが見に行かなくても届くので便利かなと思います。

ご興味のある方はこちらからご登録ください。解除も簡単です。
【毎日堂】運営堂メルマガ登録フォーム

メインコンテンツのご案内

最近のブログ記事

【注意!】Googleタグマネージャーのコンテナスニペット(タグ)の設置方法が変わりました。

GTM_container-snippet

Googleタグマネージャーのコンテナスニペット(タグ)の設置方法が変わりました。
Quick Start Guide  |  Google Tag Manager for Web Tracking  |  Google Developers

head内のできるだけ上に設置するものと、今まで通りbodyの直下に設置するものの2つに分離されています。今までのようにbodyの直下だけではなくなっているのでご注意ください。

未検証ですが現状で考えられることを書いておきます。

■head内ではどこに置くのがいいのか?

運営堂のサイトではGoogleさんの言う通りにheadの真下に設置してみました。これで問題なく動作していますが、Google アナリティクスを使っている人ならこの位置に置く別のタグがあることもご存知ですよね。

そう、ウェブテストのテストコードです。

こいつが下の方にあるとページの振り分けが遅くなってしまうので、ウェブテストをする時はこれを一番上にする。つまり、Googleタグマネージャーのタグはウェブテストをする時はheadの真下で、ウェブテストをする時はテストコードの下。

計測だけを考えるのならこれで良さそうですが、Webサイトって見ることができないと意味がないので作る側の都合も考えないといけません。

そんなわけでグランフェアズの藤田さんに聞いてみました。

制作で言うと、ページによって設定を変える必要があるものと、変える必要がないものは分かりやすく分けておきたいという思いがあります(ページ数が多くなっても、設定忘れが起きにくいor プログラム化しやすい)。

headの上の方はページによって変わるもの、下の方は変わらないもの。とすることが多く、GTMタグは固定なので下の方になります。下の方は、favicon,
rss , css ,jsの読み込みなどで、サイト固有のjsは、見ため(css)に必要なものを読み込んだ後に読み込むため、結果的に一番最後になります。
この「サイト固有のjs」とGTMを別ものとして捉えるなら、faviconの上(下の方の一番上)でもいいかなと思います。が、タグの長さとjsの設置箇所を分ける気持ち悪さを考えると、やっぱり一番下になるかなと思います。

headの上の方、と言う限り、よっぽど「遅くさせない」「落ちない」「不具合は起こらない」自信があるのだろうと思います。が、作る側としては「もし万が一」を考えると、Googleに何かあっても、サイトの表示や動作に支障がない位置(つまりサイトに必要なCSSやJSを読み込んだ後)に入れたいと思うのです。

そりゃそうですよね~。
「設定忘れが起きにくい」というところまで考えるとこうだろうなと。ページが増えていくときにタグ漏れっておきやすいので、制作側が管理しやすいようにしてもらった方が良いと思うのです。

■サーチコンソールの認証は?

新しいGTMタグでも認証できることを確認しました。旧バージョンは確認しておらず・・・。

なんだかんだ言って、サーチコンソールの認証はHTMLファイルのアップが一番手堅い感じです。

■今のタグはどうなる?

新規発行は新バージョンしかないのでこれで設置するしかないです。

問題は既に設置されているタグがどうなるのか?ということですが、記事を書いている時点(16/09/29)では正常に動作しています。しかし、これもいつまで使えるかが分かりませんので、できるだけ早めに移行した方が良さそうです。

と書いておきながら、Googleさんの都合でコロコロ変わることがあるので、切り替えてくれと言われるまではこのままでいいかなと思います。何度も変更したくないですからね。

■面倒なのはWordPressのプラグインだったりASPカートなど

一番困るのはここです。

WordPressのプラグインを使う場合って設置場所とかを考えていなくて「タグだから言われた通りに置いた」って感覚でやっていることが多いんですよね。で、何も考えずに新バージョンに対応したプラグインを入れて重複したり、プラグインをバージョンアップして他のとぶつかってページが真っ白になるなどの現象が発生するかなと思います。

また、ASPのカートなどではhead内を触ることができないことも多いので、そもそも設置自体が無理ということも考えられます。

このあたりは対応待ちということになりそうです。

■タグの仕組み、計測の目的を理解した制作者に判断してもらう

結論としては「タグの仕組み、計測の目的を理解した制作者に判断してもらう」ということになります。

制作方法も日々進化していますし、AMPも出てきてSEO面も考慮しておかないといけないですし、計測方法も計測ツールも進化しています。そして、それぞれが非常に細かい部分の調整が必要になってきていますので、中途半端にやってしまうと全体がパーになることも考えられます。

設置方法が変わったからといって、何も考えずにそのまま対応するのではなくて、関わる人すべてに確認してから設置したいですね。


しかし、こういった変更は日本でもきちんと伝えてほしいものです。

Google アナリティクスのAssistant機能は「今のところは見るだけ」という判断でいいと思ってます。

【速報】Google アナリティクスが知見を導く! Assistant機能を使ってみた | 株式会社プリンシプル
Google Analyticsの本気。AIによる無料アドバイス機能『Analytics Assistant』の衝撃 – BITA デジマラボ

これらの記事は衝撃を与えてますね~。アドバイスツールを提供している会社だったりレポートや分析業務を行うアナリストの仕事がなくなってしまうという話題もちらほら。

私も「この機能ってどう?」と聞かれることがありますが「今のところは見るだけ」という判断でいいと思うと回答しています。その理由などを。

現状は英語限定

日本語しかわからない私のような人間には使えません(笑)。

問題とアクションはセットじゃないと意味がない

例えば「Aという参照元からBというランディングページに来た時のパフォーマンスが落ちている」という問題が出てきたとします。データを詳しく見てみてその通りとなったとすると、次は対策を考えないといけないんですがそこまでは教えてくれません。これって「現状報告だけで何をすればいいのかわからない分厚いレポートは不要」という話と同じですよね。

何をすればいいのかを教えてくれるようになるまでは、参考程度に見ているだけでいいと思います。

なんでそうなるの?と聞かれるはず

レポートを作成して提案した人なら経験があると思いますが、「なんでそうなるの?」「本当にそうなの?」って必ず聞かれますよね。その時にGoogle アナリティクスさんがですね・・・と話しても現状では納得してもらいづらいはずです。AIが浸透してAIが言うことが確かっぽいという認識が世の中(企業)に浸透するまでは説明しないといけなくて、結局やることは今までと変わりません。

根拠を示すデータをたくさん出すことになる→分厚いレポートはいらん→減らすとなんで?と言われる・・・の繰り返しです(笑)。

今と変わらないのでレポートのネタに困った時に見る程度で良いでしょう。

でも、進化の過程は見ておかないといけない

「今」は参考程度で良いでしょうがこの先はどうなるか分かりませんよね。膨大なデータがGoogleに集まっているわけですから、それをAIに学習させたときにはとんでもないものが出てくるかもしれません。

多少なりともGoogle アナリティクスを使っていて分析的な業務をやっているのであれば、様々なサイトでAssistant機能を使ってどのようなところを指摘してくるのかを知っておかないといけないですし、機能のアップデートをも追っかけておかないといけないです。ボケっとしていたら抜き去られていたでは恥ずかしいです。

中国の三国時代に呉で活躍した呂蒙もこう言ってます。「士別れて三日なれば、即ち更に刮目して相待すべし」。


10年ほど前にリリースされたGoogle アナリティクスはバグも多く機能も少なくてツールとしては不完全でしたが、逆に言えば10年でここまで来てしまったわけです。その進化を体感している人であれば、何をすればいいのかわかりますよね。

『超明快 Webユーザビリティ ―ユーザーに「考えさせない」デザインの法則』を読んだ。

超明快 Webユーザビリティ ―ユーザーに「考えさせない」デザインの法則
スティーブ・クルーグ
ビー・エヌ・エヌ新社 (2016-06-24)
売り上げランキング: 46,123

Webサイトってあーでもないこーでもないって議論になりますよね。このボタンを目立たせたいとか、分かりづらいから文字を大きくしたいとか、色を濃くしたいとかってやつです。

こういった議論に対する解ってのは存在しなくてやってみて結果を見るしかないんですが、ユーザービリティについて勉強していれば間違いじゃない選択肢を選ぶことは可能です。

売れるとか効果が出るとかABテストとかヒートマップとかなんだとかいろんな手段やツールがあったとしても、その前にわかることってあるんですよね。Webサイトのユーザービリティって、Webサイト制作の型というか昔から伝わる経験則からできているものなので参考にしない手はないです。


■ユーザーに考えさせちゃダメ!

第1章のタイトルです。考える=悩ませるということ。

トイレの場所が分かりづらいショッピングモール、エレベータの場所が分からないデパート、出入り口の分からない野球場、問いあわせ先の分からないカスタマサポート・・・。現実世界であり得ないことってWebの世界では当たり前のように起きてますよね。

なんでこうなってしまうかというと、見た目を気にしすぎる・言いたいことを前面に出し過ぎる・どれも目立たせたい、の3つが大きいかな~と思います。ブラウザには「戻る」ボタンがありますのでこうならないようにスムーズに誘導できるようにしておきたいです。

スマホ対応だから1カラムにして・・・ではなくて、話の流れを考えて1直線に進むのであればそれが見やすいでしょうし、選択肢がたくさんある場合はナビゲーションがしっかりしていた方が良いですよね。自分の都合ではなくて使う人を考えましょう。

■ユーザーが考えていること

人はページを読まない。ざっと見るだけ。
人は最良の選択をしない。適当なところで満足する。
人はものごとの仕組みを理解しようとしない。行き当たりばったりでやる。

第2章にはこういったことが書かれています。
自分に当てはめて考えてみてこんな感じではないのでしょうか?読むのが面倒でなんとなくクリックしてよく分からないから他のサイトを見る。

だからこそ、読んで理解してもらうのではなくて見て感じてもらうことを考えないといけません。SEOで文字が必要だから・・・という意見もありますが、それは見せ方で工夫できます。苦労して集めたアクセスなんですからその先を見てもらう努力をしましょう。

■Webサイトで発生するノイズ

  • 大音量の絶叫系
  • 散らかった部屋系
  • 詰め込み過ぎ系

3章はこのあたりと解決方法が書かれています。
これもリアルでは嫌われると分かっていながらWebサイトでは許されているというかまかり通ってますよね。

解決方法として以下のことが説明されています。

  • 見出しをふんだんに使う
  • 各段落は短くする
  • 箇条書きにする
  • キーワードを強調する

何がダメでどうすれば良いかが図を用いて詳しく書かれていますので、気になっている人は書籍を読んてみてください。

ちなみにSEOではこんな質問がよくありますよね。見出しの数はどれぐらいがいいですか?とかキーワードはどれぐらい入れたらいいですか?とかです。それの回答は上に書かれているようにユーザーが使いやすいように適切に入れるということです。

■Webサイトに関わる人の共通言語として読んでおきたい

ここで紹介したこと以外にも役立つ内容はたくさん書かれています。

この内容って一部の人だけが知っていても意味がなくて、Webサイトに関わる人すべてが知っておかないといけません。そうしないと青だとか赤だとか、大きいとか小さいとか、右とか左とかの不毛な議論が延々と続いてしまいますし、制作もかかるし会議の時間も長いのに全く成果の出ないサイトになってしまいます。

最適化を考える前にふつ~のWebサイトを作りましょう。


以下、目次
イントロダクション 「はじめにお読みください」
前置き、それから使用上の注意

■ユーザビリティの基本原則
第1章 ユーザーに考えさせちゃダメ!
クルーグのユーザビリティ第一法則

第2章 ユーザーは“実際には”どのようにWeb を使っているのか
ざっと見て満足して、あとはなんとかする

第3章 看板デザイン入門
熟読ではなく、流し読みしてもらうためのデザインとは

第4章 動物、植物、それとも鉱物?
ユーザーが考えなしの選択を好むわけ

第5章 不必要な言葉を省く
「書かない」という技術

■ユーザビリティをWebデザインに活かす
第6章 道路標識とパンくず
ナビゲーションをデザインする

第7章 Webデザインのビッグバン
トップページを正しくデザインすることの重要性

第8章 「きっと仲良くやっていけるさ」
ユーザビリティを議論してもたいてい時間の無駄に終わるのはなぜか? それを避けるにはどうすればいいか?

第9章 1日10円でできるユーザビリティテスト
テストはシンプル、かつ使えるものに

第10章 Mobile =モバイル。アラバマ州モービル市の話ではない
21世紀へようこそ。ちょっと目が回るかもしれないけれど

第11章 礼儀としてのユーザビリティ
Web サイトを立派にしなければならない理由

第12章 アクセシビリティと皆さん
やり終えたと思ったちょうどそのとき、バターを塗ったトーストを背中にくくりつけられた猫がふらりと現れる

第13章 迷える者への道案内
あなたの職場でユーザビリティを実現する


超明快 Webユーザビリティ ―ユーザーに「考えさせない」デザインの法則
スティーブ・クルーグ
ビー・エヌ・エヌ新社 (2016-06-24)
売り上げランキング: 46,123


Google アナリティクスの定番マイレポート、カスタムレポート、セグメント(合計70個)がインポートできます

ここ最近、Google アナリティクスでどれを見ればいい?このデータって出ないの?セグメント作るのが面倒、といった声が増えてきたので、今までにつくった定番のマイレポート、カスタムレポート、セグメントのインポートサイト(ソリューションギャラリーです)を改めて書いておきます。

こちらです。
Google Analytics Solutions Gallery

Google アナリティクスにログイン状態でこちらのサイトにアクセスし、欲しいもののImportボタンをクリックするだけで完了です。

定番レポート(マイレポート)、01_01_月、曜日、時間(カスタムレポート)の2つは必須かと思います。どこを見たらいいのかわからない人は定番レポートを見ていただければよいですし、デフォルトで見ることができない月、曜日、時間のカスタムレポートは重宝します。


■違っている、欲しいものがある場合はご連絡ください

  • 2年前に作ったのでおかしなものがあれば修正しますので教えて下さい
  • こんなのが欲しいなどあればできる範囲で対応します


TwitterのDMでもお問い合わせページからでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。


「Misocaの急成長を作ったウェブマーケティングの秘密の話」を聞いてきた

Misocaの急成長を作ったウェブマーケティングの秘密の話を聞いてきました。

知りたかったのはこの二つ。

  • メディアで見るようなことをやっているのかそうでないのか?
  • やっているとしたらどのような体制なのか?
Webマーケティングって基本的な部分はどこも同じで、そこからどう工夫するかというか自社に合わせてやっていくのかがポイントになってきていると思います。新しいツールをどんどん入れていくのか、コンテンツメインで行くのか、SNSなどを使ってファンを増やすのか、リアルをうまく使うのか、などなど。また、社風というかそれを実施するための環境って大切なのでMisocaさんの場合はどうなのかを聞いてみたかったのです。

■詳しい内容はこちらの記事を

Misoca マーケティングセミナーも参加してよかった!
を読んでいただけると、当日の内容が詳しく書かれています。私も全くこの通りだと思ってまして、やはりWebマーケティングの基本部分はあまり変わってないのだなと実感。

そうなると体制とか社風なんですが、ここは社長の豊吉さんの性格が表れたものになっていました。

■サービスの開始からマーケティング発想で

私が仕事で関わる場合のほとんどは既にあるものをどうすのるのか?というものばかりで、新サービスを立ち上げることに関わることはあまりありません。これには二つの理由があって、外部の人間に協力してもらいながら新サービスを開発すると当然お金がかかりますが、スタートアップの場合はそんなにお金がないので出番がないということ。もう一つはお金があるところはそこそこの規模の企業なので、稟議とか調整とかが苦手な私にはまたまた出番がありません。

既にあるものの場合は、それが世の中で求められているかどうかを考えることって少なくなります。とにかく伸ばしてほしい的な話ですよね。サービスを変えていこうとなると今までの流れや業務や既存ユーザーを考えてないといけませんので、どうしても動きが遅くなります。今の数字は最低限キープしながらじわじわ変えていくという作業ですからね。

この点Misocaさんは全く違っていて、豊吉さんが話しの中でリーンスタートアップ関連の書籍を紹介されていたように、自分たちがやろうとしていることが求められていることなのか?からスタートしています。つまり、出だしから全く違っていたんですよね。やっていることが違うのでそりゃそうだ、ということなんですが。

既にあるもの相手にしながらリーンスタートアップ的な動きができないものか・・・とモヤモヤしながらこのあたりを聞いてました。

■リリース、イベント、などなどとにかく動く

この効果は私も実感していますが企業ではなかなか難しい部分です。

まず、リリースを出すにも担当者がサービスをあまり知らないとか、営業やら開発やらと調整しているうちにタイミングを逃すとか、忙しいからイベントに行かないとか、できない理由は色々です。やればいいじゃん、で済ませたいですがこれをやってもらうようにするのがなかなか大変。

豊吉さんはリリースは反応がなくてもとにかく送り続けることが大切と話されていました。ちょこっと出して効果なんか出ないです。とあるメディアには4年間出し続けてやっと取材来たとのことでしたので、知ってもらうための地道な作業は必要です。イベントに参加するのは相乗効果があって、最初はどこの誰だかわからないと思われていてもイベントに出ることで知ってもらえるし、知ってもらえれば取材もされやすくなりますよね。

古臭い言葉でいえば「トップ営業」ってやつなんですが、世の中の社長さんってそれなりの地位なのでこうったことがやりづらく、担当者さんとなると上に書いたとおりの理由でなかなか難しい・・・というお決まりのパターン。まあ、これができる担当者さんはどこかに引き抜かれたり新たなチャレンジのためにどこかに行ってしまうことも多いですが・・・。

■提携・連携、事例の公開

著名な企業と提携や連携ができれば知ってもらえる人も増えますし、自社のステータスも上がりますよね。相性が良さそうなところでお互いにメリットがあればここはどんどん進めていきたいところです。こちらのメリットがあれば専用の開発をすることもあると話されていました。

事例に関しても特定の業界で著名な人をに使ってもらったり、値引きなどをして集めるとのこと。そして、こちらも送り続けることだそうです。そして集まった事例がこちら。
導入事例 | 無料の請求書作成管理サービス Misoca(ミソカ)

使ってみようとしている人たちの背中を押すコンテンツなので作っておきたいですね。

■組織に興味がない人がこういったことに向いているのかも

って思いました。

あれやこれや周りのことを考えるよりも目的のために突き進んでいく人たちですね。組織にいれば和を乱す面倒な人ですが一人で切り拓いていく人でもあります。この人たちの性格を理解して上手く活かしていきたいところです。

その環境を作るのは豊吉さんの言葉がとっても分かりやすいです。

「バグを憎んで人を憎まず」

ちょっとした失敗や売上の落ち込みでギャンギャン言われるとツライですが、原因を把握して次に上手くいくように努力する風土があればどんどん前に進むことができるのではないのでしょうか。


土壌づくりと育て方をしみじみを考えたセミナーでした。


※懇親会も行きたかったですが都合で行けず・・・。無念。